MIF ファイルがシステム センターの構成マネージャー 2007 SP1 サイト サーバー上で処理中に CPU 使用率が高い

現象

SMS_Executive サービスのプロセス (Smsexec.exe) は、Microsoft システム センター構成マネージャー 2007 Service Pack 1 (SP1) のサイト サーバーの CPU リソース使用率を消費します。CPU の CPU 使用率が 100% にできます。

この問題は、管理情報フォーマット (MIF) ファイルが処理されるときに発生します。したがって、これは新しいサイトが作成され、インベントリの収集機能の後に発生することが後に常に発生します。MOF ファイルまたは Configuration.MOF ファイルが変更されます。

原因

欠陥は、サイト サーバー上の管理情報フォーマット (MIF) ファイルの処理が非常に遅いために、この問題が発生します。これは、新しいインベントリ データの処理は、既存のデータ フィールドを展開し、新しいテーブルを作成するのには、構成マネージャーを必要とする場合に重要な問題です。

解決策

サービス パックの情報

この問題を解決するには、Microsoft システム センター構成マネージャー 2007 では、このマイクロソフト web サイトから利用可能なは、最新の service pack を入手します: http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=3318741a-c038-4ab1-852a-e9c13f8a8140
このサービス パックで解決される問題のリストは、Microsoft のナレッジ ベースで次の文書番号をクリックします。

971348 ] ボックスの一覧の修正プログラムとシステム センター構成マネージャー 2007 Service Pack 2 に含まれる更新プログラム

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×