Office でリボンをカスタマイズする

カスタマイズできること: リボンをカスタマイズして、タブとコマンドを好みの順に並べ替えたり、リボンの表示と非表示を切り替えたり、使用頻度の低いコマンドを非表示にしたりすることができます。 カスタマイズしたリボンをエクスポートまたはインポートすることもできます。

リボンの各部分 (タブ、コマンド、コマンドのグループ) を示す図

カスタマイズできない機能: リボンのサイズや、リボンのテキストまたはアイコンのサイズを小さくできない。 これを行う唯一の方法は、ディスプレイの解像度を変更して、ページ上の全サイズを変更する方法です。

リボンをカスタマイズする場合: カスタマイズは、カスタマイズ時に作業している Office プログラムにのみ適用されます。 たとえば、PowerPoint でリボンをカスタマイズした場合、同じ変更は Excel に表示されません。 他の Office アプリで同じようなカスタマイズをするには、それぞれのアプリを開いて同じ変更を行う必要があります。

ヒント: リボンの色やアイコンは変更できますが、全体で使用する配色Officeできます。 詳細については、「テーマを変更 する」Officeしてください

リボンを非表示にするには:

  1. PowerPoint や Excel など、リボンを非表示にするアプリを開きます。

  2. アプリの右上隅で、[^] を選びます。

    リボンを非表示にするには、[^] を選びます。

リボンを表示するには:

  1. [ホーム] などのタブを選びます。

  2. リボンが展開されたら、右上隅で Office 2016 の [ピン解除] ボタン を選び、上部にリボンを固定します。

    画面の右上でピンを選択し、リボンをページのその場所に固定します。

閲覧モードを使用している場合、Esc キーを押してリボンを表示します。

リボンには、[ホーム]、[挿入]、[デザイン] などのタブがあります。たとえば、次の図では、Word のタブが示されています。

Word のリボン上のタブの画像。

カスタム タブを追加したり、Office に組み込まれている既定のタブの名前を変更したり、その順序を変更したりすることができます。 [リボンのユーザー設定] ボックスの一覧のカスタム タブで名前の後ろに (カスタム) とありますが、リボンでは (カスタム) という言葉は表示されません。

[リボンのユーザー設定] ウィンドウを開く

リボンを操作するには、[リボンのユーザー設定] ウィンドウにアクセスする必要があります。 その手順は次のとおりです。

  1. PowerPoint や Excel など、リボンをカスタマイズするアプリを開きます。

  2. リボンの空白の部分にマウス ポインターを置いて、右クリックします。

    リボン内の空白部分でマウスを右クリックし、[リボンのユーザー設定] を選びます。

  3. [リボンのユーザー設定] をクリックします。

これで、次の手順を実行してリボンをカスタマイズする準備が整いました。

既定のタブまたはカスタム タブの順序を変更する

[ホーム]、[挿入]、[描画]、[デザイン] などのタブの順序を変更することができます。 [ファイル] タブの配置を変更することはできません。

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] ボックスで、移動するタブをクリックします。

    移動するタブを強調表示し、上下方向キーを使用して場所を変更します。

  2. [上へ移動] または [下へ移動] をクリックし、目的の順序にページを並べます。

  3. 変更を確認して保存するには、[OK] をクリックします。

カスタム タブを追加する

[新しいタブ] をクリックしたときに、カスタム タブとカスタム グループを追加します。 カスタム グループにはコマンドのみ追加できます。

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] ボックスで、[新しいタブ] をクリックします。

  2. 変更を確認して保存するには、[OK] をクリックします。

既定のタブまたはカスタム タブの名前を変更する

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] ボックスで、名前を変更するタブをクリックします。

  2. [名前の変更] をクリックし、新しい名前を入力します。

  3. 変更を確認して保存するには、[OK] をクリックします。

既定のタブまたはカスタム タブを非表示にする

カスタム タブ と既定 のタブの両方を非表示にできます。 ただし、削除できるのは カスタム タブ のみです。 [ファイル] タブを非表示にすることはできません。

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] ボックスで、非表示にする既定のタブまたはカスタム タブの横にあるチェック ボックスをオフにします。

  2. 変更を確認して保存するには、[OK] をクリックします。

カスタム タブを削除する

カスタム タブと既定のタブの両方を非表示にできますが、削除できるのはカスタム タブのみです。 カスタム タブとカスタム グループの名前の後ろに (カスタム) とありますが、リボンでは (カスタム) という言葉は表示されません。

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] ボックスで、削除するタブをクリックします。

  2. [削除] をクリックします。

  3. 変更を確認して保存するには、[OK] をクリックします。

カスタム グループを追加したり、Office に組み込まれている既定のグループの名前を変更したり、その順序を変更したりすることができます。 [リボンのユーザー設定] ボックスの一覧のカスタム グループで名前の後ろに (カスタム) とありますが、リボンでは (カスタム) という言葉は表示されません。

既定のグループおよびカスタム グループの順序を変更する

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] ボックスで、移動するグループをクリックします。

  2. [上へ移動] または [下へ移動] をクリックし、目的の順序にページを並べます。

  3. 変更を確認して保存するには、[OK] をクリックします。

タブにカスタム グループを追加する

カスタム タブまたは既定のタブに、カスタム グループを追加できます。

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] ボックスで、グループを追加するタブをクリックします。

  2. [新しいグループ] をクリックします。

  3. [新しいグループ (カスタム)] グループの名前を変更するには、グループを右クリックし、[名前の変更] をクリックして、新しい名前を入力します。

    注: カスタム グループ、[名前の変更] の順にクリックして、カスタム グループを表すアイコンを追加することもできます。 [記号] ダイアログ ボックスが開いたら、そのグループを表すアイコンを選びます。

  4. このカスタム グループに追加したコマンドのラベルを非表示にするには、グループを右クリックして、[コマンド ラベルを表示しない] をクリックします。 ラベルを再表示するには、この手順を繰り返します。

  5. 変更を確認して保存するには、[OK] をクリックします。

既定のグループまたはカスタム グループの名前を変更する

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] ボックスで、名前を変更するタブまたはグループをクリックします。

  2. [名前の変更] をクリックし、新しい名前を入力します。

  3. 変更を確認して保存するには、[OK] をクリックします。

既定のグループまたはカスタム グループを削除する

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] ボックスで、削除するグループをクリックします。

  2. [削除] をクリックします。

  3. 変更を確認して保存するには、[OK] をクリックします。

既定のグループをカスタム グループに置き換える

Microsoft Office に組み込まれたグループからコマンドを削除することはできません。 ただし、既定のグループを置き換えるコマンドを持つカスタム グループを作成できます。

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] ボックスで、カスタム グループを追加する既定のタブをクリックします。

  2. [新しいグループ] をクリックします。

  3. 新しいグループを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。

  4. 新しいグループの名前を入力して、リボンのサイズを変更するときにその新しいグループを表すアイコンを選びます。

  5. [コマンドの選択] ボックスで [メイン タブ] をクリックします。

  6. カスタマイズするグループが含まれる既定のタブの横にあるプラス記号 (+) をクリックします。

  7. カスタマイズする既定のグループの横にあるプラス記号 (+) をクリックします。

  8. カスタム グループに追加するコマンドをクリックし、[追加] をクリックします。

  9. 既定のグループを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。

グループにコマンドを追加するには、先に既定のタブまたは新しいカスタム タブにカスタム グループを追加する必要があります。 名前を変更できるのは、カスタム グループに追加したコマンドだけです。

既定のコマンドはグレーのテキストで表示されます。 その名前、アイコン、順序を変更することはできません。

既定のタブの新しいグループに追加されたコマンド

カスタム グループのコマンドの順序を変更する

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] ボックスで、移動するコマンドをクリックします。

  2. [上へ移動] または [下へ移動] をクリックし、目的の順序にページを並べます。

  3. 変更を確認して保存するには、[OK] をクリックします。

カスタム グループにコマンドを追加する

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] ボックスで、コマンドを追加するカスタム グループをクリックします。

  2. [コマンドの選択] ボックスで、[Popular Commands (基本的なコマンド)] または [All Commands (すべてのコマンド)] など、コマンドの追加元となるリストをクリックします

    一覧からコマンドを選ぶ

  3. リストで選んだコマンドをクリックします。

  4. [追加] をクリックします。

  5. 変更を確認して保存するには、[OK] をクリックします。

カスタム グループからコマンドを削除する

コマンドはカスタム グループからのみ削除できます。

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] ボックスで、削除するコマンドをクリックします。

  2. [削除] をクリックします。

  3. 変更を確認して保存するには、[OK] をクリックします。

カスタム グループに追加したコマンドの名前を変更する

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] ボックスで、名前を変更するコマンドをクリックします。

  2. [名前の変更] をクリックし、新しい名前を入力します。

  3. 変更を確認して保存するには、[OK] をクリックします。

すべてのタブを元の状態にリセットするか、選んだタブを元の状態にリセットすることができます。 リボン上のすべてのタブをリセットする場合、既定のコマンドだけを表示するようにクイック アクセス ツール バーもリセットします。

リボンをリセットするには、次の手順を実行します。

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウで [リセット] をクリックします。

  2. [すべてのユーザー設定をリセット] をクリックします。

選択したタブのみを既定の設定にリセットする

既定のタブのみ既定の設定にリセットできます。

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウで、既定の設定にリセットする既定のタブを選びます。

  2. [リセット] をクリックし、[選択したリボンタブのみをリセット] をクリックします。

リボンとクイック アクセス ツール バーのカスタマイズをファイルで共有できます。このファイルはインポートして、共同作業者が使用したり、別のコンピューターで使用したりすることができます。

手順 1: カスタマイズしたリボンをエクスポートする

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウで [インポート/エクスポート] をクリックします。

  2. [すべてのユーザー設定をエクスポート] をクリックします。

手順 2: カスタマイズしたリボンとクイック アクセス ツール バーを他のコンピューターにインポートする

重要: リボンのユーザー設定ファイルをインポートすると、リボンおよびクイック アクセス ツール バーの以前のユーザー設定はすべて失われます。 現在使用しているユーザー設定に戻す可能性がある場合は、新しいユーザー設定をインポートする前に、現在使用しているユーザー設定をエクスポートする必要があります。

  1. [リボンのユーザー設定] ウィンドウで [インポート/エクスポート] をクリックします。

  2. [ユーザー設定ファイルをインポート] をクリックします。

関連トピック

クイック アクセス ツールバーをカスタマイズする

Office のリボンとツールバーは必要に合わせてカスタマイズすることができます。たとえば、よく使うコマンドは表示し、ほとんど使わないコマンドは非表示にすることができます。 既定のタブを変更したり、カスタム タブやカスタム グループを作成してよく使うコマンドを登録したりすることができます。

注: 既定のコマンドの名前変更、既定のコマンドに関連付けられているアイコンの変更、または既定のコマンドの順序変更はできません。

  1. リボンをカスタマイズするには、Excel、Word、または PowerPoint の文書を開く、または作成します。

  2. アプリの環境設定に移動 し、 リボンとツール バー を選択します

    Office2016 for Mac リボン ツール バーの環境設定
  3. [リボン ] タブ ウィンドウで、リボンに追加または削除するコマンドを選択し、矢印の追加または削除を選択します。

    Office2016 for Mac リボンのカスタマイズ

    注: [ホーム] や [挿入] タブのような既定のタブやコマンドをリボンから削除するには、[リボンのユーザー設定] ボックスで対応するチェック ボックスをオフにします。

リボンを次のようにカスタマイズできます。

  • タブの名前を変更する: 名前を変更するには、[ホーム]、[挿入]、[リボンのユーザー設定] ボックスの [デザイン] など、タブを選択し、[名前 Office2016_for_Mac_Customize_Ribbon_Settings >選択します

  • 新しいタブまたは新しいグループを追加する: 新しいタブまたは新しいグループを追加するには、[リボンのユーザー設定]ボックスの下にある Office2016 for Mac リボンのカスタマイズ: 追加ボタン を選択し、[新規] タブまたは [新規] グループを選択します

  • タブを削除する:カスタム タブはリボンからのみ削除できます。 削除するには、[リボンのユーザー設定]ボックスでタブを選択し、次の Office2016 for Mac リボンのカスタマイズ: 削除ボタン

クイック アクセス ツールバーをカスタマイズする

少数のコマンドだけをすぐに使用できるようにしておくには、クイック アクセス ツール バーの使用をお勧めします。 クイック アクセス ツール バーに登録したコマンドは、リボンの上部に表示され、リボンのどのタブでも常に表示されます。

Office2016 for Mac QAT
  1. クイック アクセス ツール バーをカスタマイズするには、Excel、Word、または PowerPoint の文書を開く、または作成します。

  2. アプリの環境設定に移動 し、 クイック アクセス ツール バー を選択します

    Office2016 for Mac QAT のカスタマイズ
  3. [クイック アクセス ツール バー] タブ ウィンドウで、コマンドを選択し、矢印を選択して [クイック アクセス ツール バーのユーザー設定] ボックスに追加または 削除 します。

    注: クイック アクセス ツール バーに追加するコマンドが見つからない場合、そのコマンドは現時点でサポートされていません。

    コマンドを選択すると、クイック アクセス ツール バーの末尾にそのコマンドが表示されます。

    クイック アクセス ツール バーの既定のコマンドは次のとおりです。

    Office2016 for Mac クイック アクセス ツール バーのメニューのカスタマイズ

    これらのコマンドの 1 つを追加するだけの場合は、コマンド名を選んでツールバーから追加または削除します。 クイック アクセス ツール バーに表示されるアイテムの横にチェックマーク Office 2016 for Mac で [クイック アクセス ツールバー] メニューのチェック マーク アイコンを表示する が表示されます。

リボンを最小化または展開する

リボンを最小化して、タブだけが表示されます。

展開されたリボン

展開されたリボン

折りたたむリボン

折りたたまれたリボン

作業中にリボンを最小化する

  • リボンの右側で、[削除] リボン ボタンの最小化します。

作業中にリボンを展開する

  • リボンの右側で、[削除] [リボンの展開] ボタンします。

ファイルを開くときにリボンを最小化する

既定では、ファイルを開くごとにリボンが展開されますが、リボンが常に最小化されるので、この設定を変更できます。

  • [表示 ] メニュー で、リボンのチェック マークを オフにします。

  • ファイルを開いた際にもう一度リボンを表示するには、[表示] メニューでリボンを選択するか、リボンを展開 [リボンの展開] ボタン

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×