Office サーバー製品と Windows SharePoint Services によって使用されるデータベースへの変更のサポート

はじめに

対象セクションに記載されている Microsoft Office サーバー製品では、Microsoft SQL Server データベースのデータを格納します。これらの製品は、通常の処理のためのさまざまなストアド プロシージャを使用します。したがって、Microsoft SQL Server データベースは、これらの製品の成功した操作に重要です。

詳細

対象セクションに記載されている製品では、SharePoint の開発チームが設計したデータベースの構造を使用してテストされましたし、その構造に基づいてリリース承認されました。関係者以外の Microsoft SharePoint の開発チームまたは Microsoft SharePoint サポート エージェントは、データベースのスキーマに変更を加える、そのデータの変更や SharePoint データベースに対してアドホック クエリを実行すると、マイクロソフトはこれらの製品の動作に影響を確実に予測できません。例外は、「サポートされているデータベースの変更」セクションで説明します。

サポートされていないデータベースの変更の例が含まれているものがあります、次に。

  • データベース トリガーの追加

  • 新しいインデックスの追加や、テーブル内の既存のインデックスを変更します。

  • 追加、変更、または、プライマリまたは外部キー リレーションシップを削除します。

  • 変更または既存のストアド プロシージャを削除します。

  • に記載されている以外の既存のストアド プロシージャを直接呼び出すには、

  • ストアド プロシージャを新規に追加します。

  • 追加、変更、または、[対象] セクションに記載されている製品のデータベースのいずれかの任意のテーブル内のデータを削除します。

  • 追加、変更、または、[対象] セクションに記載されている製品のデータベースのいずれかの任意のテーブル内の列を削除します。

  • データベース スキーマに変更を加える

  • 対象セクションに記載されている製品のデータベースにテーブルを追加します。

  • データベースの照合順序を変更します。

  • REPAIR_ALLOW_DATA_LOSS と DBCC_CHECKDB は (ただし、REPAIR_FAST と DBCC_CHECKDB と REPAIR_REBUILD を実行するは、これらのコマンドは、関連付けられているデータベースのインデックスを更新するだけで。) を実行しています。

  • SQL Server の変更データ キャプチャ (CDC) を有効にします。

  • SQL Server トランザクション レプリケーションを有効にします。

  • SQL Server マージ レプリケーションを有効にします。



サポートの呼び出し中に、サポートされていないデータベースの変更が検出される場合最低限以下の手順のいずれかをユーザーが行う必要があります。

  • データベースの変更が含まれていませんが、最後の正常なバックアップからデータベースの復元を実行します。

  • すべてのデータベース変更をロールバックします。


サポートされていない変更が含まれていないデータベースの以前のバージョンでは、お客様を元に戻す、データベースの変更がある場合や、お客様はデータを手動でリカバリする必要があります。Microsoft SharePoint サポート支援を提供、データの移行前に、未変更の状態にデータベースを復元しなければなりません。

データベースの変更が必要であると判断された場合は、製品の不具合が存在し、対処する必要があるかどうかを決定するサポート案件を開く必要があります。

サポートされているデータベースの変更

具体的な使用方法のシナリオでは、データベースの変更を禁止する例外が行われます。

  • SharePoint 管理用のユーザー インターフェイスから開始した操作

  • SharePoint 固有のツールとユーティリティ (Ststadm.exe など) を Microsoft から直接提供されています。

  • SharePoint SDK のマニュアルに準拠している SharePoint オブジェクト モデルをプログラムで実行された変更

  • に準拠するための活動

さらに、サポート インシデントの中にまれに、Microsoft SharePoint サポート担当者がお客様に提供、[対象] セクションに記載されている製品で使用されているデータベースを変更するスクリプトです。これらの場合、操作の実行中は発生しませんが不安定なまたはサポートされていないデータベースの状態を確実に SharePoint の開発チームによってすべての変更を確認します。サポート インシデントの中に Microsoft SharePoint サポート担当者の指示によって行われたデータベースへの変更はサポートされていないデータベースの状態では発生しません。お客様には、スクリプトまたはサポート インシデントの外部で、Microsoft SharePoint サポートによって提供される変更を再適用はしません。

読み取り操作の補遺

SharePoint データベースからの読み取り、プログラムによってまたは手動で発生する可能性がパフォーマンスに悪影響を及ぼすことができる Microsoft SQL Server 内で予期しないロックします。Microsoft SharePoint の開発チームによって、または Microsoft SharePoint サポートは提供されていない (というように) クエリ、スクリプト、.dll ファイルから発信された SharePoint データベースに対するすべての読み取り操作とみなされます場合は、マイクロソフト サポート契約の解像度の障害としては、識別はサポートされていません。

サポート契約の解像度の障害と特定すると、読み取り操作がサポートされていない場合、データベースと見なされますがサポートされていない状態であります。データベースをサポートされている状態に戻すには、すべてのサポートされていない読み取りアクティビティは停止しなければなりません。

独立系ソフトウェア ベンダー (サードパーティ) 補遺

マイクロソフトでは、SharePoint データベースへのすべてのサード パーティ変更厳密に禁止されています。などをインストールするか、SharePoint データベースに格納されたデータを変更するサード パーティ製ツールを使用して、全体の SharePoint ファームのサポート対象外になることになります。


関連情報

SharePoint で使用され、Office サーバー製品に関連するデータベースへの変更のサポートの詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

については、SQL Server 2005 のメンテナンス プラン ウィザード、および管理者は、SharePoint データベースに対して実行できるタスクについて

SharePoint Portal Server 2003 でポータルの通知や SharePoint Server 2007 で、検索のパフォーマンス問題を発生するには、SQL Server 2005 のメンテナンス プランを作成した後

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×