Office 365 で Exchange ActiveSync を無効化する方法

はじめに

本資料は、Microsoft Office 365 のユーザー向けに Microsoft Exchange ActiveSync を無効化する方法について説明します。

手順

Office 365 管理者は、以下を使用して ActiveSync アクセスを無効化できます。

  • Exchange Online PowerShell

  • Exchange 管理センター (Office 365)

  • Exchange 管理パネル (アップグレード前の Office 365)

Exchange Online PowerShell を使用してユーザーの ActiveSync を無効化するには、以下の手順に従います。

  1. Windows PowerShell を使用して Exchange Online に接続します。この手順に関する詳細な情報については以下の Microsoft Web サイトを参照してください。

    リモート PowerShell を使用して Exchange に接続する

  2. 以下のいずれかを実行します。

    • 単一ユーザーに対して ActiveSync 接続を無効化するには以下のコマンドを実行します。

      Set-CASMailbox -Identity <Mailbox ID> -ActiveSyncEnabled $False 
    • グループ ユーザーに対して ActiveSync 接続を無効化するには、Get-User コマンドレットを使用してコマンドの範囲を変更します。

      たとえば、セールス部門のすべてのユーザーに対する ActiveSync を無効化するには、以下のコマンドを実行します。

      Get-User -RecipientTypeDetailsUserMailbox | where {$_.Department -eq "Sales"} | Set-CASMailbox -ActiveSyncEnabled $False 
    • 組織のすべてのユーザーの ActiveSync を無効化するには以下のコマンドを実行します。

      Get-Mailbox | Set-CasMailbox -ActiveSyncEnabled $False 


Office 365 の Exchange 管理センターで ActiveSync を無効化するには、以下の手順に従います。

  1. 全体管理者として Office 365 ポータル (https://portal.onmicrosoft.com) にサインインします。

  2. [管理者] をクリックして [Exchange] をクリックします。

  3. 左側の操作画面より [受信者]、[メールボックス] を順にクリックします

  4. 変更を加えるユーザーのメールボックスを選択してから、 [編集] () をクリックします。

  5. [メールボックスの機能] をクリックしてから、[Exchange ActiveSync を無効にする] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。



参照資料

本資料に記載の Windows PowerShell コマンドレットに関する詳細情報については、以下の Microsoft TechNet Web サイトを参照してください。

追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×