Office 365 専用で Exchange メールボックスと Outlook メールボックスのアクセス許可を付与する方法

この資料では、さまざまな種類のメールボックスのアクセス許可を付与する方法と、それらのアクセス許可を Microsoft Exchange オンラインおよび Outlook の Microsoft Office 365 専用/ITAR で付与する方法について説明します。メールボックスのアクセス許可には、いくつかの種類があります。各アクセス許可は個別に管理されます。 メモメールボックスにフル アクセスのアクセス許可と "代理送信" アクセス許可が付与されている場合、ユーザーは実際にはメールボックスの所有者として送信します。これは予期される動作です。この現象の詳細および Microsoft Outlook 2010 に関連する回避策の詳細については、次のサポート技術情報番号をクリックしてください。

3045224 Exchange Server の共有メールボックスにフル アクセスのアクセス許可が付与されている場合、電子メール メッセージを送信できません。

この記事では、

フル アクセス許可を追加する方法

フル アクセスのアクセス許可を使用すると、ユーザーは Outlook または Outlook Web Access (OWA) を使用してメールボックスに直接サインインし、そのメールボックスを Outlook のセカンダリ メールボックスとして追加できます。ただし、フル アクセスのアクセス許可では、ユーザーはメールボックスに代わって送信または送信できません。これらのアクセス許可は個別に付与されます。 エクスチェンジ 2016

Exchange 管理センター (EAC) - この機能は、受信者を編集し、メールボックスの委任を選択するときに使用できます。これは、Outlook を介して付与される "委任" の種類のアクセス許可と混同しないでください。これらは、同じ種類のアクセス許可ではありません。 リモート パワーシェル (RPS) EAC および RPS の詳細な手順については、「 受信者のアクセス許可の管理」を参照してください。 Exchange 2013

Exchange 管理センター (EAC) - この機能は、受信者を編集し、メールボックスの委任を選択するときに使用できます。 これは、Outlook を介して付与される "委任" の種類のアクセス許可と混同しないでください。 これらは、同じ種類のアクセス許可ではありません。 リモート パワーシェル (RPS) EAC および RPS の詳細な手順については、「 受信者のアクセス許可の管理」を参照してください。 Exchange 2010

カスタマー管理ポータル (CMP)

リモート パワーシェル (RPS) RPSの追加メールボックスのアクセス許可コマンドレットの詳細については、 Add-MailboxPermission のアクセス許可を参照してください。

"代理送信" アクセス許可を追加する方法 (エンド ユーザー)

エンド ユーザーは、Outlook 経由で代理人を追加する場合にのみ"代理送信"を許可できます。代理人には、フォルダへのアクセス許可を与え、会議出席依頼を受信でき、メールボックスに対する "代理送信" アクセス許可を受け取ることができます。Exchange 2010 以降、ユーザーは自分のメールボックスに対してのみ Outlook で代理人を設定できます。ユーザーは共有メールボックスの代理人を設定できません。 これらのアクセス許可は、Outlook を通じて追加されます。詳細については、次の記事を参照してください。

Outlook 2016、2013、2010

他のユーザーにメールとカレンダーの管理を許可する

代理人としてユーザーを追加すると、そのユーザーは Exchange メールボックス フォルダを Outlook プロファイルに追加できます。手順については、「 他のユーザーのメールと予定表アイテムを管理する 」を参照してください。

Outlook のユーザーによって追加された代理人には、自動的に "代理送信" アクセス許可が付与されます。

"代理送信" アクセス許可を追加する方法 (管理者)

"代理送信" アクセス許可は、ユーザーに別のユーザーのメールボックスからメールを送信する権限を与えます。 これらのアクセス許可は、次の 2 つの方法で追加できます。

  1. レガシー専用では、MMSSPP を介してパートナーの環境から同期できます。これらのアクセス許可は、会社のソース環境から Microsoft マネージド ソリューション サービス プロビジョニング プロバイダー (MMSSPP) を介して同期されます。この属性の値 publicDelegates は、Outlook または Microsoft オンライン サービス サポートによってマネージド ドメインで設定されている値を上書きします。メールボックスを移行した後、お客様の移行元環境でこの値を削除する必要があります。

  2. 管理者は、管理された環境で "代理送信" アクセス許可を付与することもできます。既存のオブジェクトと新しい値を含める必要があります。

メモユーザーのメールボックスへのアクセス権を持つ管理者が Outlook 経由で代理人を追加すると、代理送信が適用されていないことを示す警告が表示されます。詳細については、以下を参照してください。 2545238Office 365 専用/ITAR 環境で Outlook で代理人を追加しようとすると、「代理人の設定が正しく保存されませんでした」エラー

エクスチェンジ 2016

Exchange 管理センター (EAC) - この機能は、受信者を編集し、メールボックスの委任を選択するときに使用できます。これは、Outlook を介して付与される "委任" の種類のアクセス許可と混同しないでください。これらは、同じ種類のアクセス許可ではありません。

リモート パワーシェル (RPS) EAC および RPS の詳細な手順については、「 受信者のアクセス許可の管理」を参照してください。 Exchange 2013

Exchange 管理センター (EAC) - この機能は、受信者を編集し、メールボックスの委任を選択するときに使用できます。これは、Outlook を介して付与される "委任" の種類のアクセス許可と混同しないでください。これらは、同じ種類のアクセス許可ではありません。

リモート パワーシェル (RPS) EAC および RPS の詳細な手順については、「 受信者のアクセス許可の管理」を参照してください。 Exchange 2010

カスタマー管理ポータル (CMP)

リモート パワーシェル (RPS) RPSセット メールボックスコマンドレットの詳細については、 Set-Mailboxを参照してください。

"送信者" アクセス許可を追加する方法

"送信者" アクセス許可は、Outlook および OWA から特定のメールボックスとして送信する機能を付与します。 次のアクセス許可を追加できます。

  • これらは、Microsoft マネージド ソリューション サービス プロビジョニング プロバイダーを通じて、お客様の環境から同期できます。お客様の環境で "送信者" アクセス許可は、管理対象環境の "送信者" アクセス許可に追加されます。

  • 管理者は、管理された環境で "代理送信" アクセス許可を付与することもできます。

エクスチェンジ 2016

Exchange 管理センター (EAC) - この機能は、受信者を編集し、メールボックスの委任を選択するときに使用できます。これは、Outlook を介して付与される "委任" の種類のアクセス許可と混同しないでください。これらは、同じ種類のアクセス許可ではありません。 リモート パワーシェル (RPS) EAC および RPS の詳細な手順については、「 受信者のアクセス許可の管理」を参照してください。

Exchange 2013

Exchange 管理センター (EAC) - この機能は、受信者を編集し、メールボックスの委任を選択するときに使用できます。これは、Outlook を介して付与される "委任" の種類のアクセス許可と混同しないでください。これらは、同じ種類のアクセス許可ではありません。

リモート パワーシェル (RPS) EAC および RPS の詳細な手順については、「 受信者のアクセス許可の管理」を参照してください。 Exchange 2010

カスタマー管理ポータル (CMP) リモート PowerShell (RPS) RPS追加 ADPermissionコマンドレットの詳細については、「

メールボックス フォルダーのアクセス許可を追加する方法 (エンド ユーザー)

メールボックス フォルダーのアクセス許可は、Outlook を介してメールボックス内の特定のフォルダーへのアクセスを許可します。フォルダ レベルのアクセス許可を使用すると、所有者の実際のメールボックスにはアクセスできませんが、フォルダ レベルのアクセス許可が与えられているフォルダにのみアクセスできます。特定のフォルダの個人に与えることができるアクセス権には、さまざまなレベルがあります。所有者が他の個人にフォルダのアクセス許可を与えると、そのフォルダは共有されます。 これらのアクセス許可は、次の Outlook の資料に記載されている方法を使用して追加できます。 Outlook 2016、2013、2010 この記事では、アクセス許可を付与するエンド ユーザーが、アクセス許可を受け取るエンド ユーザーがフォルダを表示するために実行する手順について説明します。

他のユーザーのメールや予定表アイテムを管理する

メールボックス フォルダーのアクセス許可を追加する方法 (管理者)

ユーザーのメールボックス内のすべてのフォルダーのフォルダー レベルのアクセス許可を管理するには、Add-MailboxFolderPermissionコマンドレットを使用します。

エクスチェンジ 2016

リモート パワーシェル (RPS)

RPSの追加メールボックス フォルダアクセスコマンドレットの詳細な手順については、「

Exchange 2013

リモート パワーシェル (RPS)

RPSの追加メールボックス フォルダアクセスコマンドレットの詳細な手順については、「 Exchange 2010

リモート パワーシェル (RPS)

RPSの追加メールボックス フォルダアクセスコマンドレットの詳細については、「

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×