現象

複数のウィンドウを持ち、各ウィンドウの画面上の重なり (Z オーダー) を管理しているアプリケーションで、Microsoft Office IME 2010 を使用した日本語入力を行うと、変換候補ウィンドウが表示されたタイミングで、日本語入力を行っていたウィンドウが他のウィンドウの裏側に表示される場合があります。

原因

Microsoft Office IME 2010 の変換候補ウィンドウの初期化処理に問題があり、Z オーダーが正しく維持されないために発生します。

回避策

Windows OS に付属の Microsoft IME を使用した場合、本現象は発生しません。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Windows OS 付属の Microsoft IME に切り替える方法を参照するには、次のサポート技術情報をクリックしてください。

既定の日本語入力システムを Office IME から Microsoft IME に切り替える方法 (932104)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×