Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

現象

Mac 用の Microsoft Outlook では、作成モードで会議のsaveAsyncをサポートしていません。Outlook アドインの場合は、項目の識別子を取得できません。これは、アドインの一意にことはできません識別し、更新するか、項目の変更をリッスンする Microsoft Exchange との通信、を意味します。

回避策

この問題を回避するには、拡張プロパティを設定することができます(customProperty: Office JS API) の項目にします。拡張プロパティは、アイテムの一部であるし、アイテムが送信されるとすぐに、Exchange で利用できます。したがって、アドインをクエリを実行したり、この拡張プロパティが設定されたアイテムを受信できます。

プロパティを設定するには、次の手順を実行します。

1. 次の API のセットを使用するのいずれかを選択します。

  1. EWS

  2. 残りの部分

  3. グラフ

2. API のセットごとに有効なトークンを取得します。

  1. EWS: getCallbackScopedAsyncを使用して、

  2. 残り: options.isRestgetCallbackScopedAsyncを使用する場合は true =

  3. OnBehalfOfトークンを使用するグラフ。

3. クエリまたは予定表のイベントをリッスンします。

  1. EWS:購読を作成したイベントに

  2. 残り:購読通知の作成、および拡張プロパティに基づくフィルター

  3. グラフ:購読通知の作成、および拡張プロパティに基づくフィルター

4. Exchange に対応する拡張プロパティを探します。

  1. EWS:  ExtendedFieldURI {PropertySet = PS_PUBLIC_STRINGS, PropertyName = cecp-<add-in id from manifest>}

  2. REST/Graph:  SingleValueExtendedProperties { PropertyId = String {00020329-0000-0000-c000-000000000046} Name cecp-<add-in id from manifest>}

5. サブスクリプションが成功したときに、アイテム Idをバックエンドを更新するのには、webhook に送信した通知を使用します。

 

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×