この記事は、日本の Office ユーザーにのみ適用されます。 

症状

Microsoft Office Premium の 2016 年 10 月のリリース(ビルド番号 16.0.7531 以降)、Office Premium をインストールしようとすると、「お待ちください」画面のまま動かなくなることがあります。

問題が発生する例を説明します。まずプロダクト キーを入力して [次へ] をクリックします。 Microsoft アカウントにサインインした後に、[最新情報をお知らせします] 画面が表示されます。 [次へ] をクリックすると、[お待ちください] 画面が表示されたままになります。

この問題が発生すると、次の順で以下の画面が表示されます。

始める前に

プロダクト キーを入力してください。

パスワードを入力してください。

により、連絡を取り合う

お待ちください

この場合、[お待ちください] 画面が表示されたままになります。

回避策

この問題を回避するには、以下のいずれかまたは両方の方法を使用します: 

方法 1: プロダクト キーを入力します

  1. 「 はじめに」をクリックします。 

    Office の日本ページの [開始] ボタンを取得します。

  2. インストールのプロダクト キーを入力し、「次 へ」をクリックします。 

    インストールのプロダクト キーを確認する方法については、次の「製品キーのインストール方法を確認する」を参照してください。

    インストール用のプロダクト キーを入力してください。

  3. アクティブ化されたプロダクトがバックステージに表示されている場合は、インストールは完了です。

    製品のアクティブ化がページに表示されます。

問題が解決しない場合は、https://account.microsoft.com からインストールを上書きしてください。

インストールのプロダクト キーを確認する方法

  1. aka.ms/mya に移動します。

  2. 製品に関連付けられている Microsoft アカウントとパスワードを使用してサインインします。 

    Microsoft アカウントとパスワードでサインインします。

  3. 関連付けられている製品を確認し、 「プロダクト キー」を表示をクリックします。 インストールのプロダクト キーが表示されます。

    プロダクトおよびプロダクト キーの表示が表示されますを確認するには

  4. キーの右側にあるマークを押し、コピーします。 

    copy the product key

  5. コピーしたキーを上記のメソッド 1 の手順 2 の画面に貼り付けます。


方法 2: コマンド ライン を使用

  1. オフィスのインストールに使用される Microsoft アカウントに関連付けられている電子メール アドレスとパスワードを使用して、 「サービスとサブスクリプション」 ページにサインインします。 サインイン後、Microsoft アカウントに関連付けられている Office 製品の一覧が表示されます。

  2. ページに表示されている最初の製品について、[プロダクト キーを表示] を選択します。 プロダクト キーをコピーまたはメモします。 これは、複数回使用されたプロダクト キーのうち、Office をインストールするのに使用されたプロダクト キーです。

  3. 残りの Office 製品の [プロダクト キーを表示] を選択し、そのプロダクト キーをコピーするか書きとめます。 これらは、複数回使用されたキーを置き換えるときに使用するキーの可能性があります。

  4. Office のライセンス認証が失敗したコンピューターで、次の手順に従ってコマンド プロンプトを開きます。

    Windows 10 および Windows 8.1

    Windows 7

    1. 左下隅の [スタート ] ボタンを選択します。

    2. [コマンド プロンプト] を入力します。

    3. [コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] を選択します。

    1. 左下隅の [スタート] ボタンを選択します。

    2. [コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] を選択します。

  5. 以下のコマンドを、お使いの Office のバージョンと Windows のバージョンに基づいて実行します。 

    次のようなエラー メッセージが表示された場合「入力エラー: スクリプト ファイルを見つけることができませんでした」、つまり、誤ったコマンドを使用しています。 誤ったコマンドを実行しても、何にも影響を与えません。 Office および Windows のバージョンを再確認し、別のコマンドを試してください。 

  6. Office のアプリケーション(Word など)を起動し、「次へ」を選択して Office をインターネットでラインセンス認証します。

  7. ライセンス認証が失敗したコンピューターごとにこのプロセスを繰り返します。

コマンド ラインの使用方法の詳細については、 Office プロダクト キーを変更」を参照してください。 

  1. コマンド プロンプト ウィンドウに次のコマンドを入力し、、Enter キーを押します。

    
    cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS" /dstatus


    コマンド プロンプトには、コンピュータで Office をインストールするために使用するプロダクトキーの最後の 5 文字が表示されます。 次の例では、XXXXX を使用してこれらの文字を表します。

  2. 次のコマンドをコマンド プロンプト ウインドウ にコピーして貼り付け、XXXXX を前の手順で表示したプロダクトキーの末尾 5 桁に置き換え、 Enter キーを押して、プロダクト キーを削除します。

    
    cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS" /unpkey:XXXXX

     

  3. 次のコマンドをコマンド プロンプト ウィンドウにコピーして貼り付けます。XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX を一覧の使用されていないプロダクト キーに置き換え、Enter キーを押して、キーを変更します。

    
    cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS" /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

  1. コマンド プロンプト ウィンドウに次のコマンドをコピーして貼り付け、Enter キーを押します。

    
    cscript "C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS" /dstatus


    コマンド プロンプトには、コンピュータで Office をインストールするために使用するプロダクトキーの最後の 5 文字が表示されます。 次の例では、XXXXX を使用してこれらの文字を表します。

  2. 次のコマンドをコマンド プロンプト ウィンドウにコピーして貼り付けます。XXXXX を、前の手順で表示したプロダクト キーの末尾 5 桁に置き換え、Enter キー を押して、プロダクトキーを削除します。

    
    cscript "C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS" /unpkey:XXXXX

     

  3. 次のコマンドをコマンド プロンプト ウィンドウに入力して貼り付けます。XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX を一覧の使用されていないプロダクト キーに置き換え、Enter キーを押して、キーを変更します。

    
    cscript "C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS" /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

 

  1. コマンド プロンプト ウィンドウに次のコマンドをコピーして貼り付け、Enter キーを押します。

    
    cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS" /dstatus


    コマンド プロンプトには、コンピュータで Office をインストールするために使用するプロダクトキーの最後の 5 文字が表示されます。 次の例では、XXXXX を使用してこれらの文字を表します。

  2. 次のコマンドをコマンド プロンプト ウィンドウにコピーして貼り付けます。XXXXX を、前の手順で表示したプロダクト キーの末尾 5 桁に置き換え、Enter キーを押してプロダクト キーを削除します。

    
    cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS" /unpkey:XXXXX

     

  3. 次のコマンドをコマンド プロンプト ウィンドウにコピーして貼り付けます。XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX を一覧の使用されていないプロダクト キーに置き換え、Enter キー を押して、キーを変更します。

    
    cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS" /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

 

  1. コマンド プロンプト ウィンドウに次のコマンドをコピーして貼り付け、Enter キーを押します。

    
    cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS" /dstatus


    コマンド プロンプトには、コンピュータで Office をインストールするために使用するプロダクトキーの最後の 5 文字が表示されます。 次の例では、XXXXX を使用してこれらの文字を表します。

  2. 次のコマンドをコマンド プロンプト ウィンドウにコピーして貼り付けます。XXXXX を、前の手順で表示したプロダクト キーの末尾 5 桁に置き換え、Enter キー を押して、プロダクト キーを削除します。

    
    cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS" /unpkey:XXXXX

     

  3. 次のコマンドをコマンド プロンプト ウィンドウにコピーして貼り付けます。XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX を一覧の使用されていないプロダクト キーに置き換え、Enter キー を押して、キーを変更します。

    
    cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS" /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

 

  1. コマンド プロンプト ウィンドウに次のコマンドをコピーして貼り付け、 Enter キーを押します。

    
    cscript "C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS" /dstatus


    コマンド プロンプトには、コンピュータで Office をインストールするために使用するプロダクトキーの最後の 5 文字が表示されます。 次の例では、XXXXX を使用してこれらの文字を表します。

  2. 次のコマンドをコマンド プロンプト ウィンドウコピーして貼り付けます。XXXXX を、前の手順で表示したプロダクト キーの末尾 5 桁に置き換え、Enter キー を押して、プロダクト キーを削除します。

    
    cscript "C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS" /unpkey:XXXXX

     

  3. 次のコマンドをコマンド プロンプト ウィンドウにコピーして貼り付け、XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX を一覧の使用されていないプロダクト キーに置き換え、Enter キー を押して、キーを変更します。

    
    cscript "C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS" /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

 

  1. 次のコマンドをコマンド プロンプト ウィンドウにコピーして貼り付け、Enter キーを押します。

    
    cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS" /dstatus


    コマンド プロンプトには、コンピュータで Office をインストールするために使用するプロダクトキーの最後の 5 文字が表示されます。 次の例では、XXXXX を使用してこれらの文字を表します。

  2. 次のコマンドをコピーして貼り付け、XXXXX を、前の手順で表示したプロダクトキーの末尾5桁に置き換え、「入力」 を押してプロダクト キーを削除します。

    
    cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS" /unpkey:XXXXX

     

  3. 次のコマンドをコピーして「コマンドプロンプト」ウィンドウに貼り付け、XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXXをリストにある使用されていないプロダクト キーに置き換え、「入力」 を押してキーを変更します。

    
    cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS" /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×