Outlook にて祝日をカスタマイズする方法

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

OUTLOOK.HOL ファイルをカスタマイズすることで、Outlook にて新しい祝日や独自の記念日など簡単に追加することができます。

延長サポートとなっている Outlook 2010/Outlook 2013 では、OUTLOOK.HOL ファイルが更新されないため、この方法で新しい祝日をカスタマイズできます。

  1. OUTLOOK.HOL ファイルをカスタマイズする方法および展開方法

  2. 予定表に祝日を追加する方法

  3. 予定表から祝日を削除する方法

A. OUTLOOK.HOL ファイルをカスタマイズする方法および展開方法

以下の手順で OUTLOOK.HOL ファイルを編集し、国/地域の新しい祝日や独自の記念日など追加できます。

<手順>

新規の国/地域として祝日を追加する場合 (例 : 創立記念日)

A1. Outlook が起動している場合、終了します。

A2. メモ帳 (Notepad.exe) を管理者として実行します。

A3. [ファイル]-[開く] で Office のインストール パスから OUTLOOK.HOL を開きます。

例 :

Outlook 2010 : <drive:\Program Files\Microsoft Office\Office14\LCID\OUTLOOK.HOL>

Outlook 2013 : <drive:\Program Files\Microsoft Office\Office15\LCID\OUTLOOK.HOL>

Outlook 2016 : <drive:\Program Files\Microsoft Office\Office16\LCID\OUTLOOK.HOL>

※LCID は Office のロケール識別子であり、日本語版の Office をご利用の場合、LCID は 1041 になります。(英語版の LCID は 1033 です。)

※C2R 版の Office をご利用の場合、パスは <drive:\Program Files\Microsoft Office\root\Office1X\LCID\OUTLOOK.HOL> になります。

※64bit の OS と 32bit の Office をご利用の場合、パスは < drive:\Program Files (x86)\.......> になります。

A4. Ctrl + END で一番下に移動します。

A5. 新しい祝日のヘッダーとカスタム祝日を追加します。(以下の例は 5 つのカスタム祝日を追加)

※ヘッダーのところに記載する祝日の数は必ず全体の祝日の数と一致するようにご注意ください。

CI99611_01

A6. OUTLOOK.HOL ファイルを保存して、閉じます。

A7. Outlook を起動して、[ファイル]-[オプション]-[予定表] から、[祝日の追加] から追加したカスタム祝日をご確認できます。

CI99611_02

■ 既にある国/地域から追加する場合 (例 : 日本から追加)

2019 年またそれ以降、日本で新しい祝日の追加や祝日名称の変更が行われても、Outlook 2010 と Outlook 2013 は延長サポートの製品であるため、新しい祝日に対応する OULOOK.HOL ファイルがリリースされません。以下は 2019 年の祝日の変更のみ例として、Outlook 2010 にある OUTLOOK.HOL ファイルを編集する手順について説明します。

 

a1. 上述の A1 から A3 を実施します。

a2. Ctrl+F で “日本” を検索し、移動します。a3. [日本] の隣にある数字 (例: 273) をメモします。

a4. 2019 年以降の “天皇誕生日” (12 月 23 日) を削除します。

a5. 削除した数 (例 : 10) をメモします。

a6. 日本の祝日の最後に新しい祝日を追加します。

CI99611_03

a7. “a3” でメモした数から削除した祝日の数および追加した祝日の数の合計を求め、[日本] の隣の数を変更します。(例 : 267)

a8. OUTLOOK.HOL ファイルを保存して、閉じます。

a9. Outlook を起動して、必要に応じて [C. 予定表から祝日を削除する方法] の手順で既に追加した祝日を削除します。

a10. [ファイル]-[オプション]-[予定表] から、[祝日の追加] から追加したカスタム祝日をご確認できます。

■ OUTLOOK.HOL ファイルの共有について

OUTLOOK.HOL ファイルはシステム ファイルのため、ユーザーに管理者権限がないとファイルの変更または上書きができません。

ファイルの展開を検討する際、ご注意ください。

B. 予定表に祝日を追加する方法

<手順>

B1. Outlook を起動します。

B2. [ファイル]-[オプション]-[予定表] から、[祝日の追加] をクリックします。

CI99611_04

B3. [祝日の追加] をクリックします。

B4. 国/地域あるいはカスタマイズした独自の記念日を選択します。(例 : 創立記念日)

CI 99611_05

B5. [OK] をクリックします。

注意 : 過去に既に選択した国/地域の祝日を追加した場合、再度追加すると祝日が重複します

後述する方法で削除してから、追加するようにしてください。

C. 予定表から祝日を削除する方法

<手順>

C1. [予定表] をクリックします。

CI 99611_06

C2. [表示]-[ビューの変更]-[一覧] をクリックします。

CI 99611_07

C3. 削除したい祝日を選択し、[削除] をクリックします。

CI 99611_08​​​​​​​

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×