Outlook の DST の開始日に1時間のオフセットが表示される追加のタイムゾーン

現象

予定表のタイムバーに複数のタイムゾーンを表示する Microsoft Outlook の機能を使用します。 夏時間 (DST) の時間の設定が変更されても、プライマリおよびセカンダリのタイムゾーン間の時間差は変わらないことに注意してください。

また、予定表で全体のビューを使用している場合、週全体がタイムゾーン間の誤ったオフセットを示します。

例:

予定表の最初のタイムゾーンは(utc-05:00) 東部標準時 (米国 & カナダ)で、2番目のタイムゾーンは00:00 (ダブリン、エジンバラ、リスボン、ロンドン)です。 東部標準時 (2020 年3月8日など) の時刻設定が変更された場合、その日曜日の Outlook のタイムバーには、2つのタイムゾーンの間に7時間の差が表示されます。 ただし、2020年3月9日に、2つの時刻にタイムゾーン間の正しいオフセットが表示されます。

原因

この問題は、outlook のユーザーインターフェイスでの表示の違いを Outlook がどのように計算するかによって発生します。

回避策

この問題を回避するには、稼働日ビューを使用します。 このビューは月曜日から開始され、タイムゾーン間の正しいオフセットが示されます。

この回避策はほとんどの場合に適しています。 ただし、使用しているタイムゾーンが、他のタイムゾーンで使用されている別の DST 開始日を使用している場合は、稼働日ビューのオフセットが正しく表示されないことがあります。

状態

Microsoft はこの問題を調査しており、情報が利用可能になったときに、この記事に追加の情報を投稿します

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×