Outlook の Dynamics 365 のアプリを開こうとするとエラーのトラブルシューティング

この資料は、Dynamics 365 アプリケーションを使用して Outlook が発生する可能性がありますエラーのトラブルシューティングに関する推奨事項を提供します。

現象

Outlook の Dynamics 365 のアプリを開くしようとすると、エラー メッセージが発生します。

推奨事項

1. [この問題を解決するには me のヘルプ] リンクを使用します。

ほとんどのエラーが発生する可能性がありますこの問題を解決するために役立つリンクが含まれます。このエラーが表示された場合は、このリンクをクリックしてください。マイクロソフトが問題に潜在的な解決策がの場合は、このリンクを紹介してその特定のエラーを解決するために作成されたトピックです。

2. ブラウザー キャッシュをクリアします。

Office 365 バージョン 16.0.11629 および 10 1903 またはそれ以降のバージョンの Windows を使用している Office アドインではマイクロソフトのエッジの web ビューを現在使用中に次に示します。

  1. マイクロソフトのエッジの非同期のプレビューをインストールします。

  2. Outlook では、Outlook 用の Dynamics 365 アプリケーションを起動します。

  3. マイクロソフトのエッジの非同期のプレビューを実行します。

  4. デバッグ ターゲットとして Dynamics 365 (EXP) を参照してくださいする必要があります。

  5. 「F12 キー」ツールを起動してをクリックします。

  6. 「コンソール」タブに移動します。

  7. 実行: window.localStorage.clear()

  8. Outlook でアプリケーションを再度開く

Office 365 と Windows の以前のバージョンを使用する場合は、次の手順を使用します。

プラットフォーム

手順

Outlook (Internet Explorer と同じ)

表示し、Internet Explorer で閲覧の履歴の削除

Internet Explorer

表示し、Internet Explorer で閲覧の履歴の削除

エッジ

表示し、マイクロソフトのエッジでブラウザーの履歴を削除します。

クロム

キャッシュのクリアとクッキー

大事な

お使いのコンピューターにインストールされている他のブラウザーを使用する必要があります、Outlook のデスクトップ常に使用される Internet Explorer の web など、Outlook の Dynamics 365 のアプリケーション内でコンテンツを表示するときです。このセクションの冒頭で述べたように、これは、不要になった Office 365 バージョン 16.0.11629 で始まる場合は true

後、ブラウザーのキャッシュをクリアするには、Internet Explorer や Outlook のすべてのデスクトップのウィンドウを閉じるし、タスク マネージャーを使って実行されている残りの Internet Explorer のプロセスがないことを確認します。

この問題だけに表示される Outlook のデスクトップと [インターネット オプションを使用してキャッシュを消去する場合はないに役立ちますが、f12 キーの選択] (Windows 7 では適用されません) を使用してそれを消去してください。

  1. Outlook デスクトップで Dynamics アプリケーションを開く

  2. %WindowsFolder%\System32\F12 でIEChooser.exeを開く (例: C:\Windows\System32\F12)

  3. Dynamics 365をクリックします。

  4. [ネットワーク] タブをクリックし、キャッシュのクリアボタンをクリックします。

上記の手順を実行した後、問題が解決したかを確認するには、Outlook と Outlook の Dynamics 365 アプリケーションを再度開きます。

Mac を使用する場合は、次の資料を参照してください。

https://docs.microsoft.com/office/dev/add-ins/testing/debug-office-add-ins-on-ipad-and-mac#clearing-the-office-applications-cache-on-a-mac

3. その他の既知の問題

4. サポート案件をオープンします。

問題を解決するには、マイクロソフトのサポートが必要な場合は、できるだけ速く、サポート案件を解決するために次の情報が含まれます。

a.問題の再現手順

エラーが発生する詳細な手順を提供します。

b.エラーの詳細

表示されるエラー メッセージの詳細が含まれます。エラーには、「詳細を表示] オプションが含まれている場合は、コピーして、これらの詳細をケースに貼り付けます。

c.環境の詳細

次のコンポーネントのバージョン情報が含まれます。

  • Outlook (例: Office 2013 の SP3)

  • Microsoft Exchange が Exchange 2013 CU15 の例: ([Exchange オンライン)

  • オペレーティング システム (例: Windows 10)

d.ユーザーへの影響

すべてのユーザーまたは特定のセキュリティ ロールを持つユーザーのみなどの特定のユーザーのみまたは Outlook の特定のバージョンを持つユーザーだけに問題が発生するかどうかを示してください。

 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×