Outlook クライアントの Microsoft Dynamics CRM 2011 の簡易検索が web と CRM の間で異なります

現象

クイック検索の検索を実行して、Microsoft Dynamics CRM 2011 の web クライアントまたは Outlook クライアント用の Microsoft Dynamics CRM 2011 のいずれかで、結果が異なる場合が表示されます。

など、取引先企業エンティティを開き、次のアカウント名を持つ 3 つのアカウントを作成します。

  • テスト サンプル 1」

  • サンプル 1」

  • 「サンプル 1」

このシナリオでは場合、CRM web クライアント クイック検索、検索文字列"sample"を使用しているアカウントのユーザーが検索クエリ「サンプル *」を検索するのにはのようなサフィックスを追加したワイルド ・ カードを使用して検索は、レコードを 1 つの戻り値になります

ただし場合は、検索文字列"sample"を使用してアカウントのクイック検索を使用して Outlook クライアントでユーザーが検索クエリと検索、追加のプレフィックスとサフィックス ワイルド ・ カードの検索のような「* サンプル *」、3 つのすべてのレコードの戻り値なるとします。

原因

Microsoft Dynamics CRM 4.0 では、検索機能では、検索は、CRM サーバーによって処理されたために、Outlook クライアントと Web クライアントで同じ結果が生成されます。ただし、Microsoft Dynamics CRM 2011 の Outlook クライアントでは、Outlook との豊富な統合を提供するため、クライアントは、高度な検索範囲では、Outlook の組み込みの検索機能を利用すること。

解決策

Web クライアントは、部分文字列、プレフィックス、およびその他の条件を高度な検索を使用すると、サフィックスのワイルド ・ カードを使用して同様の検索機能のことができます。

Outlook クライアントから、web クライアント内での検索の動作をエミュレートするために入力、"*"検索文字列の先頭文字。

高度な検索は、追加の文字列が含まれますで始まるで終わるなどが含まれているデータではなく、他のユーザーの間である条件検索文字列を使用することができますを活用するにも使用できます。

詳細

Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 12 とそれを上回ると CRM web クライアントの Outlook の検索と同様のロジックを使用して CRM クライアントで簡易が見つけられるように、この機能を変更します。更新プログラムのロールアップ 12 以外はクイックを実行するときに定義済みの簡易検索ビューを使用する Outlook 用 CRM クライアントでの結果を検索結果の現在のビュー内を検索するのではなく、検索する.

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×