Outlook 2003 でキャッシュ モードを一括で自動的に有効にする方法について

現象

キャッシュ モード無効の状態では、 直接サーバーのメールボックスを参照するため、接続している回線の状況により、アクセスに 時間がかかることがあります。

キャッシュモードを有効にして頂くことで、回線状況の影響を受けません。
また、オフライン、あるいは、回線が接続されていない状況で作業することが可能です。

解決方法

Outlook 2003 で複数ユーザーに対して一括でキャッシュ モードを有効に設定する方法を説明します。 

Outlook 2003 では、CMW (カスタム メンテナンス ウィザード)を使用したプロファイル作成により一括でキャッシュ モードを有効に設定することが可能です。

  • カスタム メンテナンス ウィザードによるプロファイル作成で設定する

    • 事前準備
      以下の Web サイトより Office  2003 Editions Resource Kit Tools をダウンロードし、コンピュータにインストールします。

        タイトル : Office 2003 Editions Resource Kit Tools
        URL : http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=4BB7CB10-A6E5-4334-8925-3BCF308CFBAF&displaylang=ja

    • PRF ファイルの生成手順

      1. [スタート]-[すべてのプログラム]-[Microsoft Office]-[Microsoft Office ツール]-[Microsoft Office 2003 Resource Kit]-[Custom Maintenance Wizard] を実行します。

      2. [12/18] 面で、[新しいプロファイル] または [プロファイルの変更] を選択し、[次へ] をクリックします。

      3. [13/18] 面で、[Exchange サーバーへの接続を設定する] を選択します。
        Exchange 接続が既に存在する場合は [Exchange 接続が既に存在する場合は、既存のExchange 接続に上書きする (プロファイルの変更時のみ適用) ] チェック ボックスを選択します。
        [Exchange キャッシュ モードを設定する] を選択し [Exchangeキャッシュ モードを使う ]を選択します。

      4. [15/18] 面で、[プロファイル設定のエクスポート]をクリックしてファイルに保存します。

    • 配布方法

      1. PRF ファイルをネットワーク共有フォルダーに保存して、クライアントのアクセス権を与えます。

      2. クライアントにて、以下のオプションをつけて Outlook を起動します。
             outlook.exe /importprf <PRF ファイルまでのパス >

      3. プロファイルが構成されます。

    • 補足
      Outlook 2003 において、グループポリシーで反映されるレジストリの設定では、既存ユーザーに対してキャッシュ モードの設定がされません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×