この更新プログラムを Microsoft Outlook 2007 の迷惑メール フィルターは、特定の電子メール メッセージを迷惑メールとして定義する特性の最新の定義を提供します。この更新プログラムは、2016 年 8 月 2 日にリリースされました。

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

Microsoft Update

更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールするには、を使用します。

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動でダウンロードおよびインストールすることもできます。

Download さらに、を参照してください。

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの詳細

この更新プログラムには、 の更新プログラムが置き換えられます。

詳細

には、すべての Office バージョン用の最新の管理者用更新プログラムおよび戦略的展開リソースが掲載されています。

この更新プログラムには、次の表に記載されているファイルが含まれています。

32-bit

None.msp x-Outlfltr - ファイルの情報

  1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. 「Appwiz.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。

  3. 実行しているオペレーティング システムに応じて、次の手順のいずれかを使用します。

    • Windows 7 および Windows Vista の場合

      1. [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックします。

      2. 、更新プログラムの一覧で KB3115461、更新プログラムを選択し、[アンインストール] をクリックします。

    • Windows XP の場合

      1. 更新プログラムの表示] チェック ボックスを選択します。

      2. 、更新プログラムの一覧では、KB3115461、を選択し、[削除] をクリックします。


この更新プログラムには、フルファイル版の Microsoft Windows インストーラー ファイル (.msp ファイル) が含まれています。.Msp ファイルは自己解凍形式の実行可能ファイルにパッケージされています。この更新プログラムでは、以下の .msp ファイルが配布されます。

Outlfltr.msp

管理者用インストール ポイントを更新した後キャッシュして、クライアント コンピューターに Outlook 2007 を再インストールします。含むコマンド ライン コマンドを実行し、 REINSTALL = [機能の一覧]プロパティ。このプロパティでは、管理者用イメージから Outlook 2007 の特定のコンポーネントを再インストールすることができます。

この更新プログラムの値をREINSTALL = [機能の一覧]プロパティは、次のように。

OUTLOOKFilesまたは、REINSTALL=ALL プロパティを使用して、クライアント コンピューター上のすべての Office コンポーネントを再インストールします。

2007 Microsoft Office system の製品更新プログラムを配布する方法の詳細については、 を参照してください。


また、はを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×