現象

Outlook 2010 または Outlook 2013 で予定表グループを追加しても、エラー メッセージなども表示されず、ナビゲーションウィンドウに表示されないことがあります。

原因

上限の 100 を超えるグループ エントリーが既に追加登録されている場合に Outlook で内部エラーが発生するため、既に追加済みのグループも表示されず、削除または追加ができない現象が発生します。



再現手順

  1. Outlook を起動します。

  2. ナビゲーション ウィンドウで [予定表] をクリックし、予定表ビューに移動します。

  3. [予定表を開く]  - [アドレス帳から] をクリックします。

  4. [グローバル アドレス帳一覧] から、グループを 101 個追加します。



解決方法

予定表にグループを追加すると、その情報は予定表フォルダーの "IPM.Configuration.GroupCalendars.Departments" というメッセージクラスの隠しアイテムに保存される動作となっております。

MFCMAPI を使用して、全ての予定表グループエントリーを削除し、上限値を超える数のグループを追加せずに利用いただくことで回避可能です。

なお、本事象につきましては、現時点では修正モジュールの提供は予定しておりませんので、後述の [回避策] の手順を実行して下さい。


MFCMAPIの最新バージョンをダウンロードするのには、次の Web サイトを参照してください。

http://www.codeplex.com/MFCMAPI

回避策

MFCMAPI を使用して全てのグループ エントリーを削除するには、以下の手順を実行します。

警告 : MFCMAPI の誤った使用方法により、データーが破損する可能性がございます。本ツールを使用する場合には、十分に注意して操作を行ってください。

  1. MFCMAPI をコンピューター上のフォルダーにダウンロードします。

  2. Outlook が終了していることを確認します。

  3. MFCMAPI を起動します。

  4. [Session] - [Logon...]

  5. Outlook のプロファイルの選択画面が表示されたら、事象が発生するプロファイルを選択して下さい。

  6. Exchange メールアドレスの Store をダブルクリックします。

  7. [ルート - メールボックス] をクリックしてツリーを開きます。

  8. [IPM_SUBTREE] をクリックしてツリーを開きます。

  9. [予定表] で右クリックし、[Open associated contents table] をクリックします。

  10. Subject 列 を確認し、[IPM.Configuration.Group.Calendars.Departments] と表示のあるものを選択します。

  11. [Action] - [Delete message] をクリックします、[Deletion style] から [Delete to deleted items] をクリックします。

  12. [IPM.Configuration.Group.Calendars.Departments] が削除されたことを確認します。




状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×