現象

次の問題の 1 つは、Outlook 2010、Outlook 2007 または Outlook 2003 で発生します。

  • 終了時 (または Outlook が予期せず終了時)、「Outlook セキュリティで保護された一時フォルダーに添付ファイルが残ります電子メールの添付ファイルが開いている間。場合でも、添付ファイルは閉じられます。)

  • 閲覧ウィンドウから添付ファイルを開くときに、Outlook を終了するときに変更を保存するためのプロンプトは表示されません。

  • 電子メールの添付ファイルを開いたり保存したりするときは、次のエラー メッセージが表示されます。

    エラー

    ファイルを作成できません:ファイル名。ファイルを作成し、フォルダーのアクセス許可を確認するのにはショートカット メニューの [プロパティ] をクリックするフォルダーを右クリックして。

原因

この問題は、次のいずれかの理由で発生します。

  • 一時ファイルまたは一時ファイルにあるセキュリティで保護されたフォルダーの削除/添付ファイルが開いている間に削除します。

  • 一時インターネット ファイルのフォルダーは、十分なアクセス許可がありませんをサーバーに格納されます。

解決方法

この問題は、Microsoft Outlook 2010 Service Pack 1 (SP1) では、2010 年 6 月 29 日にリリースされた Microsoft Office Outlook 2007 修正プログラム パッケージで解決します。次のマイクロソフト サポート技術情報で、これらの更新プログラムについて説明されています。

Outlook 2010

Office 2010 SP1 の説明

Outlook 2007

Office Outlook 2007 修正プログラム パッケージ (Outlook x none.msp): 2010 年 6 月 29 日

詳細情報

安全と思われる添付ファイルを開くとき、Outlook 2010、Outlook 2007 および Outlook 2003 では、念のためインターネット一時ファイルのディレクトリのサブディレクトリにこれらの添付ファイルが配置されます。Outlook は最初に一時ファイルを使用するしようとすると、Outlook のバージョンに応じて、次の値が存在するかどうかを判断するのにはレジストリが調べられます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\xx.0\Outlook\Security

または

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\xx.0\Outlook\Security

ここで、 xx.0は 14.0 の Outlook 2010、Outlook 2007 では、12.0 11.0 Outlook 2003 のです。

値の名前: OutlookSecureTempFolder

データ型: REG_SZ

値が存在する場合と、値には、有効なパスが含まれている場合は、そのテンポラリ ファイルの場所が使用されます。 レジストリ値が存在しない場合、または値が無効な場所を指している場合は、Outlook がインターネット一時ファイルのディレクトリの下に新しいサブディレクトリを作成し、新しいサブディレクトリに一時ファイルを配置します。新しいサブディレクトリの名前は不明で、Outlook のバージョンに応じてランダムに生成されます。この状況でサブディレクトリを見つけるには、Windows と Outlook のバージョンに応じて、以下の手順を実行します。

重要

このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に、問題が発生する場合に復元できるようレジストリをバックアップしてください。

Windows XP クライアント:

  1. 開始] と[マイ コンピューターを選択します。

  2. [ツール] メニューで、フォルダー オプションを選択します。

  3. [表示] タブには、次の変更を行います。

    1. 隠しファイルとフォルダーを表示する] オプションを選択します。

    2. [保護されたオペレーティング システム ファイル (推奨) ] チェック ボックスをオフにするを選択します。

  4. [OK] を選択します。

  5. Outlook のバージョンに応じて、次の手順を実行します。 Outlook 2010、Outlook 2007 の:

    1. 開始] を選択、実行、(引用符を含む)、次のコマンドを入力し、 [ok]を選択し。

      "C:\Documents and Settings\ username \Local Settings\Temporary Internet Files\Content.Outlook"

    2. フォルダーの名前をランダムに生成された一連の文字と数字では Content.Outlook フォルダーの下のサブフォルダーを開きます。たとえば、FW0B6RID です。

      注:

      Content.Outlook フォルダーの下にランダムに生成された名前を持つ 2 つ以上のサブフォルダーがある可能性があります。

    Outlook 2003:

    1. 開始] を選択、実行] を選択、 Regeditと入力し、 [ok]を選択します。

    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。

      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook\Security

    3. 二重選択OutlookSecureTempFolder文字列の値を確認し、指定したフォルダーのパスをメモします。

    4. キャンセルを選択します。

    5. ファイル] メニューの [レジストリ エディターを終了する終了を選択します。

    6. 開始] を選択、実行、(引用符を含む)、次のコマンドを入力し、 [ok]を選択し。

      「C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Temporary インターネット Files\OLKfoldername

      注:

      プレース ホルダーOLKFoldernameこのパスで、OutlookSecureTempFolder の値を手順 3 でメモした最後のサブフォルダーを表します。

       

Windows 7 および Windows Vista クライアント:

  1. 開始するを選択し、コンピューターを選択します.

  2. 整理を選択し、フォルダーと検索のオプションを選択します。

  3. [表示] タブには、次の変更を行います。

    1. 隠しファイル、フォルダー、およびドライブを表示する] オプションを選択します。

    2. [保護されたオペレーティング システム ファイル (推奨) ] チェック ボックスをオフにするを選択します。

  4. [OK] を選択します。

  5. Outlook のバージョンに応じて、次の手順を実行します。 Outlook 2010、Outlook 2007 の:

    1. 開始] を選択、すべてのプログラムを選択、アクセサリを選択し、実行します。

    2. 実行] ダイアログ ボックスで (引用符を含む)、次のコマンドを入力し、し、 [ok]を選択します。

      "C:\Users\ ユーザー名 \AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.Outlook」

    3. フォルダーの名前をランダムに生成された一連の文字と数字では Content.Outlook フォルダーの下のサブフォルダーを開きます。たとえば、FW0B6RID です。

      注:

      Content.Outlook フォルダーの下にランダムに生成された名前を持つ 2 つ以上のサブフォルダーがある可能性があります。

    Outlook 2003:

    1. 開始] を選択、すべてのプログラムを選択、アクセサリを選択し、実行します。

    2. 実行] ダイアログ ボックスでRegeditと入力し、 [ok]を選択します。

    3. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。

      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook\Security

    4. 二重選択OutlookSecureTempFolder文字列の値を確認し、指定したフォルダーのパスをメモします。

    5. キャンセルを選択します。

    6. [ファイル] メニューの [終了] をクリックして、レジストリ エディターを終了します。

    7. 開始] を選択、すべてのプログラムを選択して、アクセサリを選択し、実行します。

    8. 実行] ダイアログ ボックスで (引用符を含む)、次のコマンドを入力し、 [ok]を選択し。

      「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\OLKFoldername

      注:

      プレース ホルダーOLKFoldernameこのパスで、OutlookSecureTempFolder の値を手順 4 でメモした最後のフォルダーを表します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×