現象

このPower Automate Desktop、ユーザーは次の機能を実行できません。

  1. "サインインPower Automate Desktopエラー - サインインに失敗しました" というエラー メッセージが表示された状態でサインインします。

  2. "この環境でフローを作成することはできません。" というエラー メッセージが表示された新しいデスクトップ フローを作成します。 既定の環境に切り替えてください。または、メーカーのアクセス許可がある独自の環境に切り替えてください。

  3. "初期化に失敗しました" というエラー Flowデスクトップ フローを編集します。

  4. "フローの保存中にエラーが発生しました - 保存Flow失敗しました" というエラー メッセージが表示されたデスクトップ フローを保存します。

  5. 本体の [マイ フロー] の一覧で、デスクトップ フローを表示します。

問題の確認

該当する場合は、Power Automate ポータルで同 flow.microsoft.com 実行してください。 正常に動作する場合、問題は、ホストしているコンピューターのローカル ネットワーク構成に関連Power Automate Desktop。 

原因

ホストしているマシンPower Automate Desktopドメインに接続できません。 これは、ドメインがネットワーク上でブロックされている場合、または認証を必要とするプロキシ サーバーを使用している場合に発生する可能性があります。

後者の場合、PAD はプロキシ サーバーで認証できないので、通信は失敗します。 プロキシ サーバーは、ユーザーの Active Directory アカウントで自動認証を使用する必要があります。

解決方法

原因 #1 - ブロックされたドメイン

接続する次のサービスをPower Automateします。 ネットワークでこれらのサービスがブロックされていないことを確認します。

必要なサービス

次のサービスをホワイトリストに登録して、デスクトップ フローの実行に対してローカル コンピューターからの接続を有効にしてください。

ランタイムに必要なデスクトップ フロー サービス

原因 #2 - プロキシ認証

システム Power Automate Desktopアイコンを終了します (システム トレイの PAD アイコンを右クリックし、[終了] をクリックします)。 

次の変更を実行するには、管理者権限が必要です。

インストール フォルダー Power Automate Desktop ('C:\Program Files (x86)\Power Automate Desktop') に移動します。

これら 2 つの (2) ファイルを "PAD.Designer.exe.config" と "PAD.Console.Host.exe.config" バックアップして、問題が発生した場合に回復します。 

両方のファイルについて、次の操作を行います。 

管理者権限で各ファイルを編集し、ルート xml ノード (<構成>) の最後に、次の子xml ノードを追加します。 

     <system.net>

          <proxy enabled="true" useDefaultCredentials="true"> 

          </defaultProxy> 

     </system.net>

ファイルを保存します。

デスクトップPower Automate開始します。  

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×