Project Professional 2010 および Project Standard 2010 にて、[メニューに表示する] の設定が反映されない現象が発生する

現象

Project Professional 2010 および Project Standard 2010 にて、新規追加したビューの設定にて [メニューに表示する] を OFF とした場合でも、
該当ビューが [ビュー バー] 上、および、[表示] タブ、[タスク ビュー] 内の [ガント チャート] 以下に表示される現象が発生します。
この現象は Project Server 2010 に接続した環境、および、Project Server 2010 に接続しないスタンドアロンの環境のいずれでも発生します。

原因

Project Professional 2010 および Project Standard 2010 製品にて動作が変更されたため、[メニューに表示する] を OFF の設定としたままビューを使用し続けることはできません。

状況

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

詳細

問題の再現手順 (Project Server 2010 に接続した場合)

  1. Project Professional 2010 を起動し、Project Server 2010 に接続します。

  2. メニューの [ファイル] をクリックし、[情報] タブから [グローバル テンプレートの管理] をクリックして、[エンタープライズ グローバルを開く] を選択します。

  3. チェックアウトしたエンタープライズ グローバルにて、[表示] タブの [タスク ビュー] 内、[その他のビュー] をクリックし、表示される [その他のビュー] メニューを選択します。

  4. [その他のビュー] ダイアログにて、[新規作成] をクリックします。

  5. [新しいビューの定義] ダイアログにて、[単一枠ビュー] を選択し、[OK] をクリックします。

  6. [ビューの定義] ダイアログにて、以下のように入力、設定し、[OK] をクリックします。

    [ビュー名] として、適切な名前を設定します。
    [ビューの種類] として、[ガントチャート] を選択します。
    [テーブル名] として、[入力] を選択します。
    [グループ名] として、[グループなし] を選択します。
    [フィルター名] として、[すべてのタスク] を選択します。

  7. [その他のビュー] ダイアログにて、手順 6. にて新規作成したビューを選択し、[編集] をクリックします。

  8. [ビューの定義] ダイアログにて、[メニューに表示する] のオプションを OFF に設定し、[OK] をクリックします。

  9. 手順 6. にて作成したビューが [ビュー バー] 上、および、[表示] タブ、[タスク ビュー] 内の [ガント チャート] 以下に表示されていないことを確認します。

  10. エンタープライズ グローバルを保存し、チェックインして閉じます。

  11. 新しいエンタープライズ グローバル データを読み直すために、Project Professional 2010 を終了させます。

  12. 再度 Project Professional 2010 を起動し、Project Server 2010 に接続します。

結果

[メニューに表示する] のオプションを OFF にしたビューが、[ビュー バー] 上、および、[表示] タブ、[タスク ビュー] 内の [ガント チャート] 以下に表示されます。
再度ビューの設定を確認すると、[メニューに表示する] のオプションは ON となっています。


問題の再現手順 (Project Server 2010 に接続しない場合)

  1. Project Standard 2010、または Project Professional 2010 を [コンピューター] のプロファイルで起動します。

  2. [表示] タブの [タスク ビュー] 内、[その他のビュー] をクリックし、表示される [その他のビュー] メニューを選択します。

  3. [その他のビュー] ダイアログにて、[新規作成] をクリックします。

  4. [新しいビューの定義] ダイアログにて、[単一枠ビュー] を選択し、[OK] をクリックします。

  5. [ビューの定義] ダイアログにて、以下のように入力、設定し、[OK] をクリックします。

    [ビュー名] として、適切な名前を設定します。
    [ビューの種類] として、[ガントチャート] を選択します。
    [テーブル名] として、[入力] を選択します。
    [グループ名] として、[グループなし] を選択します。
    [フィルター名] として、[すべてのタスク] を選択します。

  6. [その他のビュー] ダイアログにて、手順 5. にて新規作成したビューを選択し、[編集] をクリックします。

  7. [ビューの定義] ダイアログにて、[メニューに表示する] のオプションを OFF に設定し、[OK] をクリックします。

  8. 手順 5. にて作成したビューが [ビュー バー] 上、および、[表示] タブ、[タスク ビュー] 内の [ガント チャート] 以下に表示されていないことを確認します。

  9. [表示] タブの [タスク ビュー] 内、[その他のビュー] をクリックし、手順 5. にて作成したビューを表示するために選択し、[適用] をクリックします。

結果

[メニューに表示する] のオプションを OFF にしたビューが、[ビュー バー] 上、および、[表示] タブ、[タスク ビュー] 内の [ガント チャート] 以下に表示されます。
再度ビューの設定を確認すると、[メニューに表示する] のオプションは ON となっています。


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×