RMS をクラスター化するシステムの Center Operations Manager 2007 R2 の累積的な更新プログラムを適用する方法

概要

この資料では、クラスター化されたルートの Windows 管理サービス (RMS) の一連のノードに Microsoft システム センター操作マネージャー 2007 R2 の累積的な更新プログラムを適用する方法について説明します。 システム センターの Operations Manager 2007 R2 の累積の詳細については、2 を更新し、資料、マイクロソフト サポート技術情報を表示するのには次の資料番号をクリックしてください。

979257 システム センター オペレーション マネージャー 2007 R2 累積的な更新の 2 つのリリース ノート

詳細情報

Windows Server 2003 クラスターの場合。

  1. ローカル管理者権限を持つアカウントを使用して RMS を実行しているクラスター ノードにログオンします。 このアカウントの R2 管理グループのオペレーション ・ マネージャーの管理者ロールのメンバーである必要があります。

  2. クラスター アドミニストレーター ツールを起動します。

  3. ナビゲーション ウィンドウでクラスター名を展開してグループ] を展開、RMS サービスのリソースを含むリソース グループ] をクリックします。

  4. 詳細ペインで[名前] 列に記載されているクラスター リソースを確認し、オンラインがあるかどうかを確認します。

  5. [所有者] 列で、詳細ペインで、クラスターが所有しているノードを注意してください。

  6. クラスターを所有するノードにログオンします。 行うには以下手順です。

    1. ナビゲーション ・ ペインでは、Operations Manager のクラスター グループを右クリックします。

    2. グループの移動をクリックし、次のように、ログインしているノードを表すリストからノードを選択します。

  7. 複数ノード クラスターに累積的な更新プログラムを適用すると、次のクラスター リソースのサービスが停止することがあります。

    • OpsMgr 構成サービス (OMCFG)

    • OpsMgr 正常性サービス (切り替えて)

    • OpsMgr SDK サービス (OMSDK)

    これは、クラスターがこの更新プログラムはエラーを解釈し、別のノードで障害が発生したために発生します。 この問題を回避するには、更新する特定のノードに実行できるサービス ノードを制限する必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します。注: 累積的な更新プログラムを適用するすべてのノードの次の手順に従わなければなりません。 更新プログラムは、各ノードの完全なユーザーは、利用可能なノード] ボックスの一覧にもう一度フェイル オーバー ・ ノードを追加する必要があります。 すべてのノードが更新されると、元のプライマリ ・ ノードにフェイル オーバーするには、Operations Manager 2007 のグループを構成する必要があります。

    1. 詳細ウィンドウでは、(たとえば、OpsMgr 正常性サービス) を変更するクラスター リソースのサービスを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。

    2. プロパティ] ダイアログ ボックスで [変更を] をクリックします。

    3. 実行可能な所有者の変更] ダイアログ ボックスで、使用可能なノード、ノードに適用する、累積的な更新、実行可能な所有者] の下に表示されている唯一のノードであることを確認し、[ OK] をクリックを選択します。

  8. MSI の累積的な更新プログラムの展開先フォルダーを開きます。

  9. コマンド プロンプトで、次を入力し、ENTER キーを押します。

    SetupOM.exe

  10. インストール指示に従います。注:サービスを開始または停止している警告メッセージが表示ことがあります。 警告を無視するのには[ok]をクリックします。

  11. Center Operations Manager 2007 のシステムのセットアップ ウィザードの完了] ページが表示されたら、[完了] をクリックします。 求められた場合は、サーバーを再起動します。

クラスターのすべてのノードで次の手順を繰り返します。 連続する各ノードのシステム センターの Operations Manager 2007 R2 サーバーのセットアップをアップグレード ウィザードへようこそ] ページで、Windows サーバー クラスターのオプションの 2 番目のノードを選択します。 追加の各ノードをアップグレードするノードにログオンし、すべてのクラスター グループは、そのノードに所有されていることを確認してください。

Windows Server 2008 クラスターの場合。

  1. ローカル管理者権限を持つアカウントを使用して RMS を実行しているクラスター ノードにログオンします。 このアカウントの R2 管理グループのオペレーション ・ マネージャーの管理者ロールのメンバーである必要があります。

  2. フェールオーバー クラスター管理ツールを起動します。

  3. クラスターを展開しサービスとアプリケーションを展開し、RMS アプリケーションを選択します。

  4. [所有者] 列で、詳細ペインで、クラスターが所有しているノードを注意してください。

  5. クラスターを所有するノードにログオンします。 行うには以下手順です。

    1. ナビゲーション ・ ペインでは、Operations Manager のクラスター グループを右クリックします。

    2. グループの移動をクリックし、次のように、ログインしているノードを表すリストからノードを選択します。

  6. すべてのリソースを確認し、すべてのオンラインであることを確認します。

  7. 複数ノード クラスターに累積的な更新プログラムを適用すると、次のクラスター リソースのサービスが停止することがあります。

    • OpsMgr 構成サービス (OMCFG)

    • OpsMgr 正常性サービス (切り替えて)

    • OpsMgr SDK サービス (OMSDK)

    これは、クラスターがこの更新プログラムはエラーを解釈し、別のノードで障害が発生したために発生します。 この問題を回避するには、アップグレードする特定のノードを実行できるサービス ノードを制限する必要があります。 これを行うには、次の手順に従います:注の累積的な更新プログラムを適用するすべてのノードの次の手順に従わなければなりません。 更新プログラムは、各ノードの完全なユーザーは、利用可能なノード] ボックスの一覧にもう一度フェイル オーバー ・ ノードを追加する必要があります。 すべてのノードが更新されると、元のプライマリ ・ ノードにフェイル オーバーするには、Operations Manager 2007 のグループを構成する必要があります。

    1. 詳細ウィンドウでは、(たとえば、OpsMgr 正常性サービス) を変更するクラスター リソースのサービスを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。

    2. プロパティ] ダイアログ ボックスで [変更を] をクリックします。

    3. 実行可能な所有者の変更] ダイアログ ボックスで、使用可能なノードでは、選択を適用するノードの o、累積的な更新、実行可能な所有者は、下に一覧表示する唯一のノードであることを確認し、し、[ OK] をクリックします。

  8. MSI でしたパックされたフォルダーを開きます。

  9. コマンド プロンプトで、次を入力し、ENTER キーを押します。

    SetupOM.exe

  10. インストール指示に従います。注:サービスを開始または停止している警告メッセージが表示ことがあります。 警告を無視するのには[ok]をクリックします。

  11. Center Operations Manager 2007 のシステムのセットアップ ウィザードの完了] ページが表示されたら、[完了] をクリックします。 求められた場合は、サーバーを再起動します。

クラスターのすべてのノードで次の手順を繰り返します。 連続する各ノードのシステム センターの Operations Manager 2007 R2 サーバーのセットアップをアップグレード ウィザードへようこそ] ページで、Windows サーバー クラスターのオプションの 2 番目のノードを選択します。 追加の各ノードをアップグレードするノードにログオンし、すべてのクラスター グループは、そのノードに所有されていることを確認してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×