SQL ベースのレポートが Microsoft Dynamics CRM の実行

現象

Microsoft Dynamics CRM レポート拡張機能をインストールすると、SQL ベースのレポートなど、Microsoft Dynamics CRM 内で実行する] ボックスのレポートの出力が失敗します。SQL Server レポート サービス (SSRS) のログ ファイルは、次のいずれかを表示します。

処理です。ReportServer_ ###!年/月/日-HH:MM:SS:: e エラー: データ ソースの 'ORGANIZATIONUNIQUENAME': エラーが発生しました。詳細: Microsoft.ReportingServices.ReportProcessing.ReportProcessingException: 'ORGANIZATIONUNIQUENAME' のデータ ソースへの接続を作成することはできません。---> Microsoft.ReportingServices.DataExtensions.ReportServerDataProvider.RSDPException: データ ソースの接続文字列で統合セキュリティまたは資格情報を指定したが、別の資格情報の種類を使用するデータ ソースを構成します。接続文字列の値を使用して、無人のレポートをレポート サーバーのアカウントを処理を構成する必要があります。
Microsoft.ReportingServices.DataExtensions.ConnectionExtension.FailIntegratedSecurity() で
Microsoft.ReportingServices.DataExtensions.ConnectionExtension.AppendCredentials() で
Microsoft.ReportingServices.DataExtensions.SqlConnectionWrapperBase.get_ConnectionString() で
Microsoft.ReportingServices.DataExtensions.ConnectionExtension.Open() で
Microsoft.ReportingServices.DataExtensions.SqlConnectionWrapperBase.Open() で
Microsoft.ReportingServices.Diagnostics.DataExtensionConnectionBase.OpenConnection (IProcessingDataSource dataSourceObj、DataSourceInfo dataSourceInfo、適してコネクタ) に
------内部例外のスタック トレースの終了
Microsoft.ReportingServices.Diagnostics.DataExtensionConnectionBase.OpenConnection (IProcessingDataSource dataSourceObj、DataSourceInfo dataSourceInfo、適してコネクタ) に
Microsoft.ReportingServices.Diagnostics.DataExtensionConnectionBase.HandleImpersonation (IProcessingDataSource データ ソース、DataSourceInfo dataSourceInfo、文字列 datasetName、適して接続、アクションの afterImpersonationAction) で
Microsoft.ReportingServices.Diagnostics.DataExtensionConnectionBase.OpenDataSourceExtensionConnection (IProcessingDataSource dataSourceObj、文字列にあわせて、DataSourceInfo dataSourceInfo、文字列 datasetName) で
Microsoft.ReportingServices.OnDemandProcessing.RuntimeDataSource.OpenConnection (dataSourceObj のデータ ソース、データセット dataSetObj、OnDemandProcessingContext pc、DataProcessingMetrics の測定基準) に
Microsoft.ReportingServices.OnDemandProcessing.RuntimeDataSource.OpenInitialConnectionAndTransaction() で
Microsoft.ReportingServices.OnDemandProcessing.RuntimeDataSource.InitializeDataSource() で
Microsoft.ReportingServices.OnDemandProcessing.RuntimeAtomicDataSource.Process (ブール値 fromOdp) で


注: SSRS のログ ファイルの場所は次の記事を参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/ms156500.aspx

原因

SSRS サービスを実行するアカウントは、LocalSystem などの仮想またはローカル アカウントです。これらの仮想またはローカル アカウントには、FilteredViews を照会するために必要なアクセス許可がありません。FilteredViews を照会するために必要な SQL のアクセス許可は、CRMReaderRole と呼ばれるカスタムの役割です。この役割は、PrivReportingGroup をという名前の Active Directory グループに与えられます。レポート拡張機能のインストール中に、SSRS サービス アカウントは、PrivReportingAccount に追加されます。仮想またはローカル アカウントは、Active Directory グループに追加できません。

解決策

1. ネットワーク サービスのコンテキストでの SSRS サービスを実行します。 セキュリティ強化のためには、管理されたサービス アカウント、Active Directory で低い特権を持つユーザーとして、SSRS サービスを実行します。サービス アカウントを変更するには、次の資料を参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb522727.aspx

2. 手動で CRMReaderRole ロールを CRM データベースのそれぞれに、SSRS サービスを実行しているアカウントに与えます。これを行うには、次の資料を参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-US/library/ms187750.aspx

注: オプション 2 を選択すると、いつでも、新しい組織を作成する場合 SSRS サービス アカウントが必要がありますこの新しいデータベースに追加します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×