目次
×

この資料では、Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド12.0.4511.0) 12 を説明します。修正した SQL Server 2014 SP1 のリリース後にリリースされたこの更新プログラムが含まれます。

累積的な更新

累積的な更新プログラム (CU) は、Microsoft ダウンロード センターでできます。

SQL Server 2014 SP1 用にリリースされた最新の CU だけは、ダウンロード センターで利用できます。

  • 新しい各 CU には、インストールされているバージョンまたはサービス パックの SQL Server の以前の CU に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。

  • マイクロソフトは、利用可能になる、CUs の継続的な事前対応型のインストールをお勧めします。

    • CUs の SQL Server のサービス パックと同じレベル、認定されているし、信頼の同じレベルでインストールする必要があります。

    • リリースされた CU には、既に解決されている問題が非常に多くのサポート ・ リクエストに関連する履歴データを示します。

    • CUs に付加価値をさらに、修正プログラムが含まれている可能性があります。これには、サポート性、管理性、および信頼性の更新プログラムが含まれます。

  • SQL Server のサービス パックの場合と同様、運用環境に展開する前に、CUs をテストすることをお勧めします。

  • には、SQL Server のインストールをアップグレードすることをお勧めします。

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法

以下の更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。


ダウンロード ページが表示されない場合の累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。

注 2014 SP1 の SQL Server の将来の累積的な更新プログラムがリリースされた後この CU をあるし、 からダウンロードできます。ただし、マイクロソフトは、最新累積的な更新プログラムをインストールすることを推奨します。

VSTS バグ番号

サポート技術情報番号

説明

修正箇所

状況

9813822

4014732

SQL サービス

9813859

4014706

SQL サービス

9379225

4013236

高可用性を実現

9813847

3210089

レポート サービス

9300530

4016804

統合サービス

9813830

4014756

SQL サービス

9813863

4014738

SQL サービス

9813826

4013111

高可用性を実現

9627362

4016945

SQL サービス

9813854

4014798

SQL サービス

9478806

4016361

SQL サービス

この更新プログラムのメモ

ハイブリッド環境の配置

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、およびミラー化) などのハイブリッド環境に修正プログラムを配置するときは、修正プログラムを展開する前に次の資料を参照することお勧めします。



  • 注: ローリングの更新プロセスを使用しない場合は、CU または SP を適用するのには次の手順に従います。

    1. パッシブ ノードに service pack をインストールします。

    2. (サービスの再起動が必要です)、アクティブなノードに service pack をインストールします。

  • を表示します。

    注: SSISDBカタログと AlwaysOn が有効になっている場合は、これらの環境で、CU または SP を適用する方法の詳細についてはを参照してください。

  • SQL Server の累積的な更新は、現在の多言語。そのため、この累積的な更新プログラム パッケージは、1 つの言語に固有ではありません。サポートされているすべての言語に適用されます。

  • "Microsoft SQL Server の最新の累積的な更新パッケージをダウンロード 2014年今"フォームには、更新プログラム パッケージの使用可能な言語が表示されます。言語、表示されない場合、累積的な更新プログラム パッケージは専用の言語と英語のダウンロードがすべての言語に適用されているためにです。


1 つの累積的な更新プログラム パッケージには、すべてのコンポーネント パッケージが含まれています。ただし、累積的な更新プログラム パッケージは、システムにインストールされているコンポーネントのみを更新します。

その他の問題が発生した場合、または任意のトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問をし、この特定の累積的な更新プログラム パッケージの対象とならない問題には、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、を参照してください。


これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. コントロール パネルの [プログラム追加と削除を選択します。

  2. Windows 7 またはそれ以降のバージョンを実行している場合は、コントロール パネルで

  3. を選択します。

  4. この累積的な更新プログラム パッケージに対応するエントリを探します。

  5. 押すと、エントリを保持 (または右クリック) し、[アンインストール] を選択するとします。

累積的な更新パッケージの情報

必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するにする必要があります実行している SQL Server 2014 SP1 です。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要があります。

レジストリ情報

このパッケージに修正プログラムのいずれかを使用、レジストリに変更を加える必要はありません。

この累積的な更新プログラム パッケージには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルが含まれていない可能性があります。このパッケージには、この資料に記載されている問題を修正するに必要なファイルのみが含まれています。


このパッケージの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。


x86 ベースのバージョン

SQL Server 2014 ブラウザー サービス

関連情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×