はじめに

この資料では、インストール手順と、修正される問題の更新プログラムのロールアップ 2 で Microsoft System Center 2012.Follow のダウンロードし、System Center 2012 の更新プログラム パッケージをインストールするインストール手順について説明します。

更新プログラムのロールアップ 2 で修正される問題

アプリケーション コント ローラー (KB2721175)

問題 1システム センター 2012年アプリケーション コント ローラーとしてセルフ サービス ユーザーにサービスを表示すると、次の警告メッセージが表示されます。

取得したデータが完全ではありません。この問題に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2709415 「データの取得は完全ではない」の警告で失敗する可能性がありますシステム センター 2012 アプリケーション コント ローラーとしてセルフ サービス ユーザーにサービスを表示する問題 2サービスの図を表示するにはシステム センター 2012年アプリケーションのコント ローラーで、次のエラー メッセージが表示されます。

カテゴリ: CriticalDescription: アプリケーションのコント ローラーがエラーが発生しましたし、再起動する必要があります。 Close.Details をクリックすると、アプリケーションのコント ローラーは再起動されます: 指定されたノードは、別のグラフに属しているし、コレクションへの追加したがってことはできません。

問題 3と Microsoft Azure 上のサービスを変更すると、変更は保存されませんが、次のエラー メッセージが表示されます。

設定の指定された構成設定を使用することはできません。 サービスの構成ファイルが有効な XML ファイルであること、およびロール インスタンスの数を正の整数として指定されていることを確認します。 (StatusCode: BadRequest)リモート サーバーがエラーを返しました: (400) 不正な要求です。 (状態コード: System.Net.Exception)

Data Protection Manager (KB2706783)

問題 1システム センター Data Protection Manager 2010 からアップグレードした後、SharePoint データベースに既定以外の照合順序が設定されている場合、Microsoft SharePoint のバックアップが失敗します。問題 2暗号化されたファイルのバックアップは、グループ ポリシー オブジェクトの自己署名証明書が無効になっている警告なしで失敗します。問題 3Microsoft Data Protection Manager の詳細] ダイアログ ボックスで、[バージョンラベルが表示されます。ただし、バージョン番号は表示されません。第 4 号[操作] メニューの [ヘルプ] に 2 つの時刻が表示されます。DPM ヘルプ コマンドを使用して DPM のヘルプにアクセスすることができますようになりましたので、この問題が発生します。[操作] メニューのヘルプ項目は、Microsoft 管理コンソール (MMC) のヘルプを参照します。問題 5[DPM コンソール ビュー] メニューの [すべて展開] および [すべて折りたたみ] メニューのコマンドが複数回表示されます。問題 6Windows PowerShell コマンドレットを使用しているクエリのライセンスが追加されます。問題 7プリンシパル サーバーの名前で始まり、ミラー化されたサーバーの名前が、ミラー化されたコンテンツ データベースを SharePoint ファームに DPM のバックアップは失敗します。統合バックアップの失敗の場合、プリンシパル サーバー名は、"コンピューター名、[ミラー化されたサーバー名は、"MachineName1、"Microsoft SQL のオフの問題の既定以外のインスタンスのコンテンツ データベースが存在するが発生したときにこの問題が発生するなど、前の条件を満たすすべてのミラー化されたデータベースの警告が発生します。このエラーが発生した場合、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

SQL 主体で、(– SQL プリンシパル SQL ミラーとミラー化)、CONTENT_DB_NAME の SQL Server データベースのバックアップ操作を準備します。この操作ができなかったか、または取り消された別のバックアップ操作に依存しているために、FQDN が停止されました。 (ID 30200)

問題 8テープに既に記述されているデータセットの有効期限は、保護グループの変更時に、保有期間の範囲が変更されたときに変更されます。たとえば、カスタムの長期的な回復目標と長期的なテープ ・ リカバリ ・ ポイントの保護グループを構成します。 回復目標 1 は、他の回復目標より小さい保有期間の範囲を持ちます。 この構成では、回復目標の 1 を削除するのには、他の回復の目標を維持する保護グループを変更した場合リカバリ目標の 1 を使用して作成されたデータセットによって他の回復目標の保有期間の範囲に変更、保有期間の範囲があります。この問題を回避するには、次のサブキーの下の IsDatasetExpiryDateChangeInModifyPgAllowed の DWORD を作成し、その値を0に設定。

データ保護 Manager\Configuration\MediaManager の場所問題 9テープは、DPM では、午前 0 時にのみ再利用ジョブが実行されると、有効期限の日付以降後の最初の日に再利用可能としてマークされます。 テープが期限切れになるように同時日付けで再利用可能なことをする場合は、ExpireDatasetOnDayStart の 32 ビットの DWORD を作成し、その値を次のレジストリ キーの下に1に設定します。

データ保護 Manager\Configuration\MediaManager の場所問題 10DPM では、保護されたサーバーで、無効な作成された日付と時刻のある保護されたフォルダーの参照を有効にはできません。問題 11数百万のファイルのテープ ・ バックアップが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

ID 998Details: パラメーターは、正しくない (0x80070057)。

Operations Manager (KB2731874)

問題 1Windows PowerShell モジュールの実行空間構成のキャッシュが無限に増加します。 これにより、メモリ使用量を増加します。問題 2セット SCOMLicenseコマンドレットは、管理グループの評価の有効期限のタイムアウトの有効期限が切れている場合に失敗します。

オペレーション マネージャー - UNIX および Linux の監視 (管理パックの更新プログラム)

問題 1System Center Operations Manager エージェントがクラッシュするには専用の Cpu の範囲を使用するように構成されている Oracle Solaris ルート ゾーンにします。問題 2プロセスに非 ASCII 文字を含む引数がある場合、UNIX および Linux エージェントのプロセスのプロバイダーは実行中のプロセスを列挙できません。 これには、プロセスとデーモンの監視ができないようにします。問題 3Red Hat エンタープライズ Linux のエージェントでも優れています仕様ファイルでは、分布が指定されていません。

オーケストレータ (KB2702112 - Runbook デザイナー (x86)、Runbook サーバー (x86))

問題 1システムでアプリケーションを実行する実行プログラム」の活動を使用しているシステム センター オーケストレータ Runbook を実行している Windows Server 2008 では、Windows Vista の場合、または Windows の以前のバージョンと共に実行プログラム」の活動の失敗のステータスを返すことがあります。パブリッシュされたデータのエラーの概要には、次のコンテンツ。

コンピューター名にオーケストレータ実行プログラムのサービスのサービスを開始できませんでした - サービスは、開始要求または制御要求にタイムリーに応答しませんでした。 (コード 1053)

リモート コンピューターでサービスが開始しようとする、アプリケーション ログに次のイベントがキャプチャされます。

ログ名: ApplicationSource: アプリケーション ErrorEvent ID: 1000Level: ErrorDescription: 障害が発生してアプリケーション OrchestratorRunProgramService.exe、バージョン 0.0.0.0、タイムスタンプ 0x4f44a324、KERNEL32.dll のエラーが発生したモジュールです。SetProcessPreferredUILanguages、バージョン 6.0.6002.18005、タイムスタンプ 0x49e03824、例外コード 0xc0000139、障害オフセット 0x0006f04e、プロセス id 0x76c、アプリケーションの開始時刻 0x01cd134f73ced65a のです。

サービス マネージャー (KB2719827)

問題 1インシデントまたは通知テンプレート内のアクティビティへの URL リンクが適切ではありません。 この問題の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

通知テンプレート (SCSM 2012) の問題や活動へのリンクを含む問題 2SMTP コネクタを使用して作成されたインシデントのタイムスタンプは、正しくありません。問題 3サービス マネージャー ポータル内の SharePoint サイトの言語を変更する場合は、誤った言語が表示されます。問題 4サービス マネージャーでは、Operations Manager のルールによって作成されたアラートのインシデントは生成されません。

Virtual Machine Manager (KB2742355 ・ コンソール、KB2724539 – VMM サーバー、KB2725034: セルフ サービス ポータル)

問題 1VMM の更新プログラムをインストールすると、物理-バーチャル (P2V) 変換がエラーで失敗 413 AgentVersion レジストリ値に記載されているバージョンが正しくないためです。問題 2仮想マシンは、ISO を使用する仮想マシンが構成されている場合と、それをコピーせずにイメージ ファイルの共有] オプションが選択されている場合に [サポートされていない VM の構成] のステータスを持ちます。 この問題に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2690619 ISO を使用するように構成する仮想マシンは、システム センター 2012年の Virtual Machine Manager でサポートされていない VM の構成のステータスを持つ問題 3電源シャット ダウンするのではなくホスト コンピューターの電源を電源を最適化します。問題 4VMware 仮想マシンのチェックポイントを表示すると、VMM コンソールがクラッシュする可能性があります。 さらに、以下のエラー メッセージが表示されます。

'値' の '0' の値が正しくありません。 '値' は、'最小' と '最大' の間でなければなりません。

問題 5仮想マシンの配置は、1 つのホスト間で使用可能なメモリが異なる場合でも評価のホストを提供できます。問題 6VMM では、一方向の信頼を持つドメインをサポートしていないために、アプリケーションのコント ローラーにログオンできません。問題 7PRO ヒントの警告のテキストが切り捨てられます。問題 8イメージ (ロゴ) PRO 内で System Center 2012 Operations Manager に統合する際のヒントは表示されません。問題 9VMM コンソールは、数百のいくつかのホストが存在する環境での読み込みに数分かかります。問題 10仮想マシンの配置には、ホストごとに最大 30 秒間が必要です。問題 11大規模な環境では、VMM コンソールのパフォーマンスが低下します。問題 12VMM は HYPER-V のフェールオーバー クラスターで使用されているサード パーティのディスク リソースの種類を認識しません。 更新ジョブが失敗する可能性があります、ホストのクラスターとするには、次のエラー メッセージが表示されます。

警告 (13926) ホストのクラスターの cluster.contoso.com はすべてのノードに接続できなかったために、完全に更新でした。 高可用性ストレージと仮想ネットワークの情報がこのクラスターの報告が正確でない可能性があります。

「サポートされていないクラスターの構成」の状態である仮想マシンが失敗し次のエラー メッセージが表示されます。

エラー (13924) は、可用性の高い仮想マシン (VMname) でサポートされていない VMM 仮想マシンがクラスター化されていないストレージを使用するためです。

入手して、System Center 2012 の更新プログラムのロールアップ 2 をインストールする方法

アプリケーションのコント ローラー、オーケストレータでは、Virtual Machine Manager の更新プログラム パッケージは、マイクロソフトの Update.Additionally から、Data Protection Manager、運用マネージャー、およびサービス マネージャーの更新プログラム パッケージは次の中から使用可能ですMicrosoft ダウンロード センター web サイト:Data Protection Manager

http://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=30413Operations Manager

http://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=30421UNIX および Linux の管理パックを Operations Manager の更新します。

http://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=29696サービス マネージャー

http://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=30410

更新プログラム パッケージを手動でインストールするには、管理者特権でコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update <PackageName>たとえば、Virtual Machine Manager サーバーの更新プログラム (KB2724539) をインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update KB2724539_vmmServer_amd64.msp

インストール手順

アプリケーションのコント ローラーのインストール手順

Microsoft システム センター 2012年アプリケーションのコント ローラー用の更新プログラムのロールアップ 2 をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. コント ローラーのアプリケーション サーバーでは、Virtual Machine Manager コンソールの更新プログラム ロールアップ 1 またはそれ以降の更新プログラム パッケージをインストールします。

  2. VMM サーバーごとにライブラリの証明書を再インポートします。 それには、以下の手順を実行します。

    1. アプリケーションのコント ローラーに管理者としてログオンします。

    2. の設定] を展開し、[接続] をクリックします。

    3. VMM サーバーごとに、VMM サーバーを選択し、[証明書のインポート] をクリックします。注:

      • 前に、またはアプリケーションのコント ローラーの更新プログラム パッケージをインストールした後、VMM ライブラリの証明書を再インポートを実行できます。

      • ライブラリの証明書がインポートし直すまでは、アプリケーションのコント ローラーは、VMM ライブラリにファイルをコピーできません。

  3. システム センター 2012年アプリケーションのコント ローラー用の更新プログラム パッケージをインストールします。

注:アプリケーションのコント ローラー用の言語パックをインストールした場合は、更新プログラム ロールアップ 2 をインストールした後に言語パックのファイルをコピーするのにはあります。 次の手順に従わない場合アプリケーションのコント ローラーの web サイトは表示されません、コンテンツのローカライズ言語パックがインストールされている場合でも。言語パック ファイルをコピーするには、以下の手順を実行します。

  1. コント ローラーのアプリケーション サーバーで、管理者特権でコマンド プロンプトを開くを選択し、次のコマンドを入力コマンドごとに Enter キーを押します。

    cd の %ProgramFiles%\Microsoft システム センター 2012\App Controller\wwwroot\ClientBin\1.0.0.2/B をコピー LanguagePack_*.xap.\1.0.0.3\*

  2. %ProgramFiles%\Microsoft System Center 2012\App Controller\wwwroot\ClientBin\1.0.0.3 ディレクトリには、次の 8 つのファイルことを確認します。

    • LanguagePack_de.xap

    • LanguagePack_es.xap

    • LanguagePack_fr.xap

    • LanguagePack_it.xap

    • LanguagePack_ja.xap

    • LanguagePack_pt-BR.xap

    • LanguagePack_ru.xap

    • LanguagePack_zh-Hans.xap

注: 言語パックがインストールされていない場合は、言語パックをインストールした後、次の手順をに従ってする必要があります。

Data Protection Manager のインストールの手順

システム センター 2012 Data Protection Manager の更新プログラム ロールアップ 2 をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 更新プログラムのロールアップ 2 のパッケージをインストールする前に、DPM データベースをバックアップします。

  2. システム センター 2012 Data Protection Manager を実行しているサーバー上の更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。 これを行うには、サーバー上の DataProtectionManager2012 KB2706783.exe ファイルを実行します。 注: このプログラムのロールアップ パッケージをインストールした後は、Data Protection Manager サーバーを再起動する必要があります。

  3. DPM 管理者コンソールで、保護エージェントを更新します。 これを行うには、以下のいずれかの方法を使用します。

    • 方法 1: DPM 管理者コンソールで保護エージェントを更新します。

      1. DPM 管理者コンソールを開きます。

      2. [管理] タブで、[エージェント] タブをクリックします。

      3. 保護されたコンピューター ] ボックスの一覧では、コンピューターを選択し、[アクションウィンドウの [更新] をクリックします。

      4. [はい] をクリックし、[エージェントの更新] をクリックします。

      注: エージェントのアップグレードには、コンピューターを再起動する必要があります。

    • 方法 2: 保護されたコンピューター上の保護エージェントを更新します。

      1. System Center 2012 の Data Protection Manager サーバー上の"DPM_installation_location\DPM\DPM\Agents\RA\4.0.1915.00"ディレクトリから、更新プログラム保護エージェント パッケージを入手します。X86 ベースの更新

        i386\1033\DPMAgentInstaller_KB2706783.exe更新プログラムを x64 ベースの

        amd64\1033\DPMAgentInstaller_KB2706783_AMD64.exe注: DPMAgentInstaller.exe パッケージは、すべての言語に適用されます。

      2. エージェントのアーキテクチャに基づく各保護対象のコンピューター上の適切な DPMAgentInstaller.exe パッケージを実行します。

      3. System Center 2012 の Data Protection Manager サーバー上の DPM 管理者コンソールを開きます。

      4. [管理] タブをクリックし、[エージェント] タブをクリックします。

      5. 保護されたコンピューターを選択して、情報の更新] をクリックし、エージェントのバージョンが 4.0.1915.00 として表示されていることを確認します。」

Operations Manager のインストール手順

この更新プログラムで発生する既知の問題
  • コントロール パネルの [プログラム追加と削除の項目では、更新プログラム ロールアップ 2 をインストールした後、更新プログラムは表示されません。

  • 更新プログラム ロールアップ 2 をインストールした後、コンソールのバージョン番号は変更されません。 更新プログラム ロールアップ 2 をインストールした後、コンソールのバージョン番号 7.0.8560.0 のままです。

  • Web コンソールの更新プログラム ロールアップ 2 をインストールした後は、Internet Explorer で次のエラーが発生します。

    サーバー エラー '/OperationsManager' アプリケーション。

    この問題を解決するには、閉じるし、Internet Explorer を再起動します。

インストールに関する注意事項
  • オペレーション マネージャーの更新プログラムのロールアップ 2 は最初は英語でのみ利用可能なは、System Center 2012 の英語版以外のバージョンには適用できません。 英語以外のバージョンの更新プログラムのロールアップ 2 は 2012年の後半で利用可能になります。

  • これらの更新プログラムを管理者として実行する必要があります。

  • コンピューターを再起動することを避けるためにコンソールの更新プログラムを適用する前に、コンソールを閉じる必要があります。

  • 再起動し、Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを起動するのにはブラウザーのキャッシュをオフにする必要があります。

  • サーバーをインストールした後にすぐに、この更新プログラムのロールアップをインストールされていない必要があります。 それ以外の場合、正常性サービスの状態は初期化されていない問題が発生した可能性があります。

  • ユーザー アカウント制御が有効の場合は、管理者特権でコマンド プロンプトから更新プログラムの .msp ファイルを実行してください。

  • これらのデータベースに対して更新を実行するために、運用データベースとデータ ウェアハウスのデータベース ・ インスタンスのシステム管理者権限が必要です。

  • Web コンソールの修正プログラムは、%windir%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG\web.config ファイルに次の行を追加した後に動作します。

< machineKey validationKey =「自動生成、IsolateApps」するアプリレーション」自動生成、IsolateApps"の検証を = ="3 des"復号化 ="3 des"/>注: 次の資料、マイクロソフト サポート技術情報で説明したように、< system.web >、[この行を追加してください。

911722 ASP.NET 1.1 から ASP.NET 2.0 にアップグレードした後に有効に ViewState をされている ASP.NET Web ページにアクセスするとエラー メッセージが表示される可能性があります。

サポートされているインストールの順序

次の順序では、この更新プログラムのロールアップをインストールすることをお勧めします。 前または後に、サーバ ・ インフラストラクチャにインストールされているエージェントでメモの更新プログラムのロールアップ 2 をインストールすることができます。

  1. サーバ ・ インフラストラクチャの更新プログラムをインストールします。

    1. 管理サーバーまたはサーバー

    2. ゲートウェイ サーバー

    3. レポート サーバー

    4. Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター

    5. オペレーション コンソールの役割を持つコンピューター

  2. 手動で管理パックをインポートします。

  3. エージェントの手動インストール、またはプッシュ オペレーション コンソールで、保留からのセットアップを表示するには、エージェントの更新プログラムを適用します。

注: MG ティア接続の接続が有効な場合、最上位の層が最初パッチが適用する必要があります。

インストール情報

この更新プログラム パッケージに含まれるファイルを抽出するには、次の手順を実行します。

  1. または利用可能なネットワーク共有をローカルのフォルダーには、次のファイルをコピーし、ファイルを抽出することを実行します。

    SystemCenter2012OperationsManager-UR2-KB2731874-X86-X64-IA64-ENU.exe

  2. 各コンピューターに適切なプロトコルを適用します。更新プログラムには、次の MSP ファイルが含まれます。 特定のコンピューターに適用されるすべての MSP ファイルを適用する必要があります。 たとえば、管理サーバーにもインストールされている Web コンソールとコンソールの役割が、3 つの MSP パッケージ適用するかどう管理サーバーにします。 サーバーを保持している特定の役割ごとに 1 つの MSP パッケージを適用しなければなりません。

    • KB2731874-AMD64-Agent.msp

    • KB2731874-AMD64-Console.msp

    • KB2731874-AMD64-Gateway.msp

    • KB2731874-AMD64-Reporting.msp

    • KB2731874-AMD64-Server.msp

    • KB2731874-AMD64-WebConsole.msp

    • KB2731874-i386-Agent.msp

    • KB2731874-i386-Console.msp

    • KB2731874-ia64-Agent.msp

  3. 以下の管理パックをインポートします。

    • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.WebApplicationSolutions.Library.mpb

ディスクから管理パックをインポートする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

オペレーション マネージャーの管理パックをインポートする方法

オペレーション マネージャーの UNIX および Linux のパックとエージェントの監視のインストール手順

監視パックを更新しを UNIX および Linux オペレーティング システム用のエージェントをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. ダウンロードし、次のマイクロソフト web サイトから更新された管理パックをインストールします。

    UNIX および Linux オペレーティング システム用のパックの監視システム センター

  2. Linux または UNIX 環境で監視しているのバージョンごとに更新された管理パックをインポートします。

  3. オペレーション コンソールの [管理] ウィンドウで、UNIX および Linux エージェントのアップグレード ウィザード] または [更新プログラム SCXAgentの Windows PowerShell コマンドレットを使用して、各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。

注: 各 UNIX および Linux オペレーティング システムのバージョンの管理パック バンドル ファイルには、管理パックとエージェントのファイルが含まれています。 エージェント ファイルは、エージェントのアップグレードの前に、管理パック バンドルをインポートした後、数分間待機する必要があります。

Virtual Machine Manager のインストールの手順

注: 英語以外のバージョンの VMM コンソールの更新プログラム (KB2724538) で問題が発見されました。 新しい VMM コンソール更新プログラム (KB2742355) は、マイクロソフトの更新プログラムにリリースされました。 この更新プログラムは以前のコンソールの更新プログラム (KB2724538) がインストールされているかどうかに関係なくすべての言語に対して利用可能になります。 VMM のすべての言語には、この更新プログラムをインストールすることをお勧めします。VMM サーバー用の更新プログラム (KB2663959) の更新プログラムのロールアップ 1 がインストールされていない場合、管理されたコンピューター上の VMM エージェントは、VMM サーバー用の更新プログラムの更新プログラムのロールアップ 2 (KB2724539) をインストールした後に更新するがします。 管理されたコンピューター上の VMM エージェントを更新するには、以下の手順を実行します。

  1. VMM コンソールを開きます。

  2. ファブリックをクリックし、サーバーを選択します。

  3. 管理されたコンピューター] の下のサーバーを選択し、[更新エージェント] をクリックします。

更新プログラムのロールアップ 2 のパッケージで更新されるファイル

アプリケーションのコント ローラーの更新プログラム (KB2721175)

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

Microsoft.SystemCenter.CloudManager.Providers.Vmm.exe

424,112

1.0.1202.0

SelfServiceUser.xap

691,173

Not applicable

UI.Administrator.xap

253,952

Not applicable

UI.Jobs.xap

233,472

Not applicable

UI.Management.Core.xap

236,492

Not applicable

UI.ProductOverview.xap

331,776

Not applicable

UI.Rbac.xap

240,792

Not applicable

UI.Shell.xap

2,725,797

Not applicable

Default.htm

3,098

Not applicable

Microsoft.SystemCenter.CloudManager.Providers.Azure.exe

459,440

1.0.1202.0

Data Protection Manager (KB2706783)

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

Utils.dll

1,136,896

4.0.1915.0

AMTE.dll

289,008

4.0.1915.0

CPWrapper.dll

782,064

4.0.1915.0

DPMRA.exe

6,196,976

4.0.1915.0

DPMac.exe

2,004,208

4.0.1915.0

Installagentpatch.exe

113,904

4.0.1915.0

Launchpatch.exe

24,816

4.0.1915.0

Inspect.dll

166,144

4.0.1915.0

Patchca.dll

26,368

4.0.1915.0

SQLWriterHelperPlugin.dll

1,076,464

4.0.1915.0

DsmFs.dll

947,440

4.0.1915.0

ManagedContainer.dll

1,607,920

4.0.1915.0

MonitoringPage.dll

768,240

4.0.1915.0

ObjectModel.dll

1,128,704

4.0.1915.0

ObjectModelCmdlet.dll

366,832

4.0.1915.0

ConfigurationPage.dll

878,848

4.0.1915.0

WSSCmdlets.dll

149,744

4.0.1915.0

WSS4Cmdlets.dll

129,264

4.0.1915.0

Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.MediaManager.dll

923,888

4.0.1915.0

EngineUICommon.dll

551,152

4.0.1915.0

DataProtectionManager.psd1

9,284

Not applicable

DataProtectionManager.psm1

14,971

Not applicable

ObjectModelCmdlet.dll-Help.xml

1,065,464

Not applicable

Operations Manager (KB2731874)

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

Microsoft.EnterpriseManagement.Modules.PowerShell.dll

88,704

7.0.8560.1027

Microsoft.SystemCenter.OperationsManagerV10.Commands.dll

318,080

7.0.8560.1027

オーケストレータの更新プログラム (KB2702112)

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

OrchestratorRunProgramService.exe

86,680

7.0.1161.0

サービス マネージャーの更新プログラム (KB2719827)

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

Microsoft.EnterpriseManagement.InboundEmail.Workflow.dll

64,120

7.0.1561.106

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.OpsMgrConnector.dll

182,904

7.0.1561.106

Microsoft.EnterpriseManagement.Notifications.Workflows.dll

84,600

7.0.1561.106

BaseSilverlightModule.zip

27,707

Not applicable

ServiceCatalogSilverlightModule.xap

659,302

Not applicable

Virtual Machine Manager 管理コンソールの更新プログラム (KB2724538)

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

Microsoft.EnterpriseManagement.DataCenterManager.UI.DataGrid.dll

162,736

3.0.6019.0

Microsoft.VirtualManager.UI.Dialogs.dll

2,672,560

3.0.6019.0

Microsoft.VirtualManager.UI.VmmControls

636,848

3.0.6019.0

Remoting.dll

640,944

3.0.6019.0

VmmAdminUI.exe

137,136

3.0.6019.0

Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManager.dll

1,526,064

3.0.6040.0

Microsoft.VirtualManager.UI.Pages.Jobs.dll

129,336

3.0.6040.0

DB.Adhc.dll

723,248

3.0.6040.0

Engine.Deployment.dll

428,336

3.0.6040.0

ImgLibEngine.dll

1,263,920

3.0.6040.0

VMWareImplementation.dll

1,898,800

3.0.6040.0

WSManAutomation.dll

35,120

3.0.6040.0

WsManWrappers.dll

2,079,024

3.0.6040.0

Virtual Machine Manager サーバーの更新プログラム (KB2724539)

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

Engine.IndigoAccessLayer.dll

317,360

3.0.6019.0

Remoting.dll

640,944

3.0.6019.0

vmmAgent.exe

3,143,600

3.0.6019.0

Microsoft.EnterpriseManagement.DataCenterManager.UI.DataGrid.dll

162,736

3.0.6019.0

DB.Adhc.dll

723,248

3.0.6040.0

Engine.Adhc.Operations.dll

694,576

3.0.6040.0

Engine.BitBos.dll

186,672

3.0.6040.0

Engine.Deployment.dll

428,336

3.0.6040.0

Engine.MomDal.dll

571,696

3.0.6040.0

Engine.Placement.dll

231,728

3.0.6040.0

Engine.Placement.ResourceModel.dll

264,496

3.0.6040.0

Engine.VmOperations.dll

1,190,192

3.0.6040.0

ImgLibEngine.dll

1,263,920

3.0.6040.0

VMWareImplementation.dll

1,898,800

3.0.6040.0

WSManAutomation.dll

35,120

3.0.6040.0

WsManWrappers.dll

2,079,024

3.0.6040.0

msiInstaller.dat

12

Not applicable

msiInstaller.exe

210,352

3.0.6005.0

vmmAgent.msi

3,831,808

Not applicable

msiInstaller.dat

12

Not applicable

msiInstaller.exe

174,000

3.0.6005.0

vmmAgent.msi

3,381,248

Not applicable

Virtual Machine Manager セルフ サービス ポータルの更新プログラム (KB2725034)

変更されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

Microsoft.EnterpriseManagement.DataCenterManager.UI.DataGrid.dll

162,736

3.0.6019.0

Remoting.dll

640,944

3.0.6019.0

DB.Adhc.dll

723,248

3.0.6040.0

Engine.Deployment.dll

428,336

3.0.6040.0

ImgLibEngine.dll

1,263,920

3.0.6040.0

VMWareImplementation.dll

1,898,800

3.0.6040.0

WSManAutomation.dll

35,120

3.0.6040.0

WsManWrappers.dll

2,079,024

3.0.6040.0

Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManager.dll

1,526,064

3.0.6040.0

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×