この資料では、Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラムのロールアップ 4 で修正される問題について説明します。さらに、この資料には、System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラムのロールアップ 4 のインストール手順が含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

オペレーション ・ マネージャー

問題 1

サービスがダウンしているかを判断するのにはMicrosoft.Windows.CheckNTServiceStateMonitorType関数の多くの分かかります。

問題 2

小文字の区別規則を適用しようとすると、失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

監視の構成は、エラーが含まれていて、適用することはできません。
例外: System.ApplicationException: 属性 'regexCompare' は null
Microsoft.EnterpriseManagement.Modules.Apm.LibraryConfigManager.Tools.XmlTools.GetMandatoryAttribute (文字列 attributeName、XmlNode ノード) に
errorMicrosoft.EnterpriseManagement.Modules.Apm.LibraryConfigManager.Modules.ApmModule.Core.Actions.AgentHandlersConfig.HiddenRuleXmlDeserializer.Deserialize(XmlNode rowData) で失敗した場合と小文字の区別規則を適用しようとすると、


問題 3

GSM の場所は、マップのウィジェットに誤ってジオタグが設定されました。

問題 4

MonitoringHost.exe プロセスは、システム センターによるフェールオーバー クラスタ リングが多すぎるの呼び出しを発行します。

問題 5

Operations Manager からオペレーション マネージャーのデータ ウェアハウス データベースへのすべての管理対象エンティ ティーの再同期すると、重複したエントリは、し、次のような例外がスローされます。

ステージング領域が、処理中の後続の操作に失敗した 1 つのデータ ウェアハウスにデータが書き込まれました。
例外 'SqlException': Sql の実行に失敗しました。エラー 2627、レベル 14、状態 1、プロシージャ ManagedEntityChange、行 367、メッセージ: 一意キー違反の制約 'UN_ManagedEntityProperty_ManagedEntityRowIdFromDAteTime' です。オブジェクトに重複するキーを挿入できません ' dbo。ManagedEntityProperty' です。
問題 6

データが切り捨てられるのワークフローの状態がターミナルは、イベント ID 31551 をログに記録され、次のような例外がスローされます。

データ ウェアハウスにデータを保存できませんでした。操作は再試行されます。
例外 'InvalidOperationException': 指定された列の nvarchar を入力するデータ ソースから文字列型の指定した値を変換できません。
1 つまたは複数のワークフローは、これによって影響を受けた。
ワークフロー名: Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.CollectAlertData


問題 7

算術オーバーフロー エラーが発生して、次のような例外がスローされます。

ステージング領域が、処理中の後続の操作に失敗した 1 つのデータ ウェアハウスにデータが書き込まれました。
例外 'SqlException': Sql の実行に失敗しました。エラー 8115、レベル 16、状態 2、プロシージャ RelationshipChange、行 180、メッセージ: 算術オーバーフロー エラーのデータに変換する式は、整数を入力します。
問題 8
Operations Manager は、属性を検索するときにパフォーマンスの低下が発生します。さらに、行の 1 つ以上の検索を実行する場合、キャッシュ ファイル (momcache.mdb) が増加し続けます。

オペレーション マネージャー - UNIX および Linux の監視 (管理パックの更新プログラム)

問題 1
SCX のエージェントでは、Security-Enhanced の Linux (SELinux) を使用しているとき、ユーザーにログ ファイルに多数の警告を生成します。

問題 2
既定では、Red Hat エンタープライズ Linux 6 の Rpcimap のモニターを無効にします。

オペレーション マネージャー - JEE (管理パックの更新) を監視するアプリケーション サーバー

問題 1
でも優れていますか、.deb パッケージからインストールされている場合は、Apache Tomcat は検出されていません。

問題 2
IBM WebSphere のネットワークの展開は、Windows では検出されていません。

この更新プログラムのロールアップ更新プログラム

オペレーション マネージャー - UNIX および Linux の監視 (管理パックの更新プログラム)


次のオペレーティング システムをサポートする更新されたファイル

オペレーティング システム

管理パック

(X 64) Red Hat エンタープライズ Linux 7

Microsoft.Linux.RHEL.7.mpb

(X 64) centOS Linux 7

Microsoft.Linux.UniversalR.1.mpb

(X 64) oracle Linux 7

Microsoft.Linux.UniversalR.1.mpb

オペレーション マネージャー - JEE (管理パックの更新) を監視するアプリケーション サーバー

新しい JEE アプリケーション サーバーをサポートするために更新されたファイル

オペレーティング システム

管理パック

JBoss アプリケーション ・ サーバ 7
JBoss エンタープライズ ・ アプリケーション ・ プラットフォーム 6

Microsoft.JEE.JBoss.7.mp

8 Wildfly ・ アプリケーション ・ サーバ

Microsoft.JEE.Wildfly.8.mp

Apache は、Tomcat 8

Microsoft.JEE.Tomcat.8.mp



入手してシステム センター 2012 R2 の更新プログラムのロールアップ 4 をインストールする方法

Operations Manager の更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

注: 更新プログラムのロールアップ 4 をインストールする際に、System Center 2012 R2 の Operations Manager の以前のリリースされた更新プログラムをインストールする必要はありません。

Microsoft Update

入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、適用可能なシステム センター 2012 R2 コンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。

  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。

  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。

  5. 更新プログラムのロールアップ 4のパッケージを選択し、[ OK] をクリックします。

  6. 更新プログラムのインストールを選択した更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

手動で更新プログラム パッケージのダウンロード

更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするには、次の Microsoft Update カタログ web サイトを参照してください。

Operations Manager のパッケージを今すぐダウンロードします。

インストール情報

  • この更新プログラムのロールアップ パッケージは、次の言語で利用可能な Microsoft Update からです。

    • 簡体字中国語 (CHS)

    • 日本語 (JPN)

    • フランス語 (FRA)

    • ドイツ語 (DEU)

    • ロシア (RUS)

    • イタリア語 (ITA)

    • スペイン語 (スペイン)

    • ポルトガル語 (ブラジル) (PTB)

    • 繁体字中国語 (CHT)

    • 韓国語 (KOR)

    • チェコ語 (CSY)

    • (NLD) オランダ語

    • ポーランド (POL)

    • ポルトガル語 (ポルトガル) (機関-PTG)

    • スウェーデン語 (スウェーデン語)

    • トルコ (TUR)

    • ハンガリー (HUN)

    • 英語 (英語)

    • 中国語 (香港) (香港)

  • いくつかのコンポーネントは、複数の言語、およびこれらのコンポーネント用の更新プログラムはローカライズされません。

  • 管理者として、この更新プログラムのロールアップを実行する必要があります。

  • コンソールの更新プログラムの適用後にコンピューターを再起動したくない場合は、コンソールの役割の更新プログラムを適用する前に、コンソールを閉じます。

  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するに Silverlight では、ブラウザーのキャッシュをクリアして、Silverlight を再起動します。

  • システム センター 2012 R2 サーバーをインストールした直後後は、この更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールしません。それ以外の場合、正常性サービスの状態が初期化されないことができます。

  • ユーザー アカウント制御が有効な場合、ファイルを実行、.msp 更新プログラム管理者特権でコマンド プロンプトから。

  • これらのデータベースに更新プログラムを適用するには、オペレーション データベースとデータ ウェアハウスのデータベース ・ インスタンスでは、システム管理者の権限が必要です。

  • Web コンソールを有効にする修正は、%windir%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG\web.config ファイルに次の行を追加します。

    <machineKey validationKey="AutoGenerate,IsolateApps" decryptionKey="AutoGenerate,IsolateApps" validation="3DES" decryption="3DES"/>


    注: 次の資料、マイクロソフト サポート技術情報で説明したように [< system.web >] セクションで、行を追加します。

    911722 ASP.NET 1.1 から ASP.NET 2.0 にアップグレードした後に有効に ViewState をされている ASP.NET Web ページにアクセスするとエラー メッセージが表示可能性があります。

  • System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラム ロールアップ 1に記載されているコマンドのタイムアウトの問題を一括データ ウェアハウス用の修正プログラムは、データ ウェアハウスの一括挿入コマンドのタイムアウト値 (秒単位で設定) に使用できるレジストリ キーを追加します。これらは、データ ウェアハウスに新しいデータを挿入するコマンドです。

    注: 一括挿入コマンド タイムアウトの既定値をオーバーライドする任意の管理サーバーでは、このキーを手動で追加する必要があります。

    のレジストリの場所:付き操作の Manager\3.0\Data の倉庫DWORD 名:一括挿入コマンドのタイムアウトの秒数
    DWORD 値: 40

    注は、秒単位でこの値を設定します。たとえば、40 秒間のタイムアウトでは、この値を40に設定します。


一定の順序で次の手順に従って、この更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールすることをお勧めします。

  1. 次のサーバ ・ インフラストラクチャの更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。

    • 管理サーバーまたはサーバー

    • ゲートウェイ サーバー

    • Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター

    • オペレーション コンソールの役割を持つコンピューター

  2. (インストール情報を参照してください)、SQL スクリプトを適用します。

  3. 手動で管理パックをインポートします。

  4. エージェントの手動インストール、またはプッシュ オペレーション コンソールで、保留からのセットアップを表示するには、エージェントの更新プログラムを適用します。


注 MG ティア接続の接続機能が有効の場合、 MG ティア接続の接続機能の最上位の層を更新してください。

更新プログラムのロールアップ パッケージをダウンロードして、それに含まれるファイルを抽出、次の手順を実行します。

  1. コンピューターごとにマイクロソフトの更新プログラムを提供する更新プログラム パッケージをダウンロードします。マイクロソフトの更新プログラムは、各コンピューターにインストールされているコンポーネントによって適切な更新プログラムを提供します。または、 Microsoft 更新プログラム カタログをダウンロードします。

  2. 各コンピューターに適切な MSP ファイルを適用します。

    注: MSP ファイルは、更新プログラムのロールアップ パッケージに含まれます。特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。たとえば、web コンソールとコンソールの役割が管理サーバー上にインストールされている場合は、管理サーバー上の MSP ファイルを適用します。ロールごとに特定のサーバーを保持しているサーバー上の 1 つの MSP ファイルを適用します。

  3. OperationsManagerDB データベースに対してデータベース ・ サーバ上には、次の SQL スクリプトを実行します。

    update_rollup_mom_db.sql


    注: スクリプトのパスは次のとおりです。

    更新プログラム Rollups\ の %SystemDrive%\Program を指定してシステム センター 2012年の R2\Operations Manager\Server の \SQL スクリプト

  4. OperationsManagerDW データベースに対してデータベース ・ サーバ上には、次の SQL スクリプトを実行します。

    UR_Datawarehouse.sql


  5. 以下の管理パックをインポートします。

    • Microsoft.SystemCenter.TFSWISynchronization.mpb は、次の依存関係を持ちます。

      • Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb は、System Center オペレーション マネージャー 2012 R2 メディアからインストールする必要があります。


    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Component.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.Internal.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.2007.mp


ディスクからの管理パックをインポートする方法について説明します。

注: 次のパスのサーバー コンポーネントの更新プログラムでは、管理パックが含まれています。

%SystemDrive%\Program Files\System Center 2012 R2\Operations Manager\Server\Management Packs for Update RollupsUNIX および Linux の更新

Operations Manager コンソールがインストールされているすべてのコンピューターにこの更新プログラムをインストールする必要があります。さらに、この修正プログラムを適用するにする必要がありますバージョン 7.5.1025.0 またはそれ以降の UNIX および Linux のプロセスの監視、UNIX および Linux ログ ファイルの監視、および UNIX および Linux のシェル コマンド テンプレートの管理パック バンドルします。

管理パック バンドルの更新
注: UNIX および Linux の (管理パックの更新) を監視、Operations Manager でのインストール手順を実行します。

監視パックを更新しを UNIX および Linux オペレーティング システム用のエージェントをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. System Center 2012 R2 Operations Manager 環境に更新プログラムのロールアップ 4 を適用します。

  2. 管理パックの更新のシステム センター 2012 R2 をダウンロードします。

  3. 管理パック ファイルを抽出する管理パックの更新プログラム パッケージをインストールします。

  4. Linux または UNIX 環境で監視しているのバージョンごとに更新された管理パックをインポートします。

  5. オペレーション コンソールの [管理] ウィンドウで、UNIX および Linux エージェントのアップグレード ウィザード] または [更新プログラム SCXAgentの Windows PowerShell コマンドレットを使用して、各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。


JEE アプリケーション サーバーの更新された管理パックをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. System Center 2012 R2 Operations Manager 環境に更新プログラムのロールアップ 4 を適用します。

  2. UNIX および Linux オペレーティング システム、システム Center 管理パックからシステム センター 2012 R2 の更新された UNIX および Linux の管理パックをダウンロードしてください。

  3. 管理パック ファイルを抽出する管理パックの更新プログラム パッケージをインストールします。

  4. Linux または UNIX 環境で監視しているのバージョンごとに更新された管理パックをインポートします。

  5. オペレーション コンソールの [管理] ウィンドウで、UNIX および Linux エージェントのアップグレード ウィザード] または [更新プログラム SCXAgentの Windows PowerShell コマンドレットを使用して、各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。

  6. JEE アプリケーション サーバーのシステム センターの管理パックからシステム センター 2012 R2 の更新された JEE アプリケーション サーバー管理パックをダウンロードしてください。

  7. 管理パック ファイルを抽出する管理パックの更新プログラムをインストールします。

JEE アプリケーション サーバー環境で監視しているのバージョンごとに更新された管理パックをインポートします。




更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec /uninstall PatchCodeGuid /package RTMProductCodeGuid 注: このコマンドで、 PatchCodeGuidは次の Guid のいずれかを示すプレース ホルダーです。

PatchCodeGUID

コンポーネント

アーキテクチャ

言語

{A41AAA58-CD66-49B1-93CA-7A6C5713B83A}

コンソール

AMD64

CN

{9C1525E3-DA3B-420C-9F4A-9B064A604923}

Web コンソール ・

AMD64

CN

{85D2AE75-F795-498A-A163-E1968EE2E565}

コンソール

X86

CN

{A1F628CF-339D-45B5-95BB-9F29224C9231}

コンソール

AMD64

CS

{B487CE47-811D-45C7-8394-530B6FE2B560}

Web コンソール ・

AMD64

CS

{D5A01D0A-2D50-4305-ADDD-2591F4DCB537}

コンソール

X86

CS

{323FD1C9-2D54-4E4F-966B-B5AAF5DB30BB}

コンソール

AMD64

DE

{6F7279CF-5773-4E96-BC22-2CF79AF8F85B

Web コンソール ・

AMD64

DE

{5D0E78CA-09AA-416F-B0E9-92153C60EE36}

コンソール

X86

DE

{3D32CB40-B28A-4245-A8B7-4E4DCDADF8F9}

エージェント

AMD64

ja

{2BE319B6-DBD6-4F52-9DE1-6EDF1E129F48}

コンソール

AMD64

ja

{063BBCA9-4C1D-441A-8BD4-9ACDFF250054}

Web コンソール ・

AMD64

ja

{1B7BB62E-A440-43CC-ADAA-B9435EAA611A}

ゲートウェイ

AMD64

ja

{F6930A3E-016D-4F88-9186-440090A836DF}

サーバー

AMD64

ja

{D366B4B2-C8D6-4012-987B-2365B516385C}

エージェント

X86

ja

{72BED8CA-78E1-416C-B86B-A8E1227CDCAE}

コンソール

X86

ja

{4F65C10C-E39B-4916-87F6-109BB385C45A}

コンソール

AMD64

ES

{148587E8-C38F-44F3-B5F9-9E5BD80F07C1}

Web コンソール ・

AMD64

ES

{81AB5015-2755-41FA-BD39-D7C7CA262306}

コンソール

X86

ES

{064BA117-06BB-4DEF-A80F-74ED5FE38337}

コンソール

AMD64

FR

{B25160A3-0289-4FF6-B9A5-89BCB7A5DD62}

Web コンソール ・

AMD64

FR

{86421FED-82AF-4831-BF60-29B975B3E2F6}

コンソール

X86

FR

{0C87DEB7-303B-47DB-8D60-004D30A6B05F}

コンソール

AMD64

%HU

{971162F3-8306-4619-B5AA-B4ED0AB545D8}

Web コンソール ・

AMD64

%HU

{F702AD32-4FCB-4327-A727-2219A60A21DB}

コンソール

X86

%HU

{9C9C239E-B64C-489D-890D-6D58A38353B0}

コンソール

AMD64

その

{F41D8481-3BEB-40FF-AB6B-3DFD00A1D7A5}

Web コンソール ・

AMD64

その

{27FF06F8-7174-42B1-A9D9-F2E3BD23F88B}

コンソール

X86

その

{90542D39-EAD6-495B-AD87-C6F15738AA38}

コンソール

AMD64

JA

{5314F472-0FD9-4FC4-B5D9-3F6255575946}

Web コンソール ・

AMD64

JA

{080693A9-D6C0-40D3-8922-29AD3D574573}

コンソール

X86

JA

{F02C0BC0-8038-434B-9660-0E3481A2EB8F}

コンソール

AMD64

KO

{45819BC2-48D2-4D9B-B959-09D4485937D4}

Web コンソール ・

AMD64

KO

{265484B7-2C68-4D78-BAEB-65A99405E7A2}

コンソール

X86

KO

{035D8969-7A44-41AC-A461-B569797B7046}

コンソール

AMD64

NL

{B70C45CA-582F-4646-ADB4-A8657B25AF8F}

Web コンソール ・

AMD64

NL

{860DC261-013E-47DA-B734-B2E06E7CDC62}

コンソール

X86

NL

{F1A875B3-9479-4CC9-9340-B103305E1EDC}

コンソール

AMD64

PL

{69F34B86-870E-475A-AD05-13CEB67C2B53}

Web コンソール ・

AMD64

PL

{9E7339AD-718F-44AF-AE7B-E6565F7D9BB7}

コンソール

X86

PL

{ED7779DD-943E-4085-B09B-6ED8A47AD4B4}

コンソール

AMD64

PT BR

{A64C7624-B2BF-45B9-ABBF-293F8CCC3F87}

Web コンソール ・

AMD64

PT BR

{39211A57-3BAE-43D8-98CD-69A29A5DCC5F}

コンソール

X86

PT BR

{0EA2EB47-7613-4DAF-AA92-1FBB09163024}

コンソール

AMD64

PT PT

{4BF0C3FB-9C59-4344-AD91-40854D0141C7}

Web コンソール ・

AMD64

PT PT

{84C83814-4F0E-483C-930A-AE38D8A82A9E}

コンソール

X86

PT PT

{FFF99820-3AA8-49D3-99D4-52EA5BC094CE}

コンソール

AMD64

RU

{30A94406-9EB1-4E53-854B-E721D7F2A142}

Web コンソール ・

AMD64

RU

{4EC170ED-23CE-44A9-82A6-CFE84BC86442}

コンソール

X86

RU

{F222F370-5E8A-4F94-BAFB-1884ED93C0AC}

コンソール

AMD64

SV

{B4ACD7E1-0AA9-4541-8CBE-458E77290946}

Web コンソール ・

AMD64

SV

{3DEEEAD3-65FF-4123-8A3D-12F2BEA2E047}

コンソール

X86

SV

{BE5411EB-8E49-4EAA-AED4-64E473091D74}

コンソール

AMD64

TR

{A0B67D6A-D9B4-4978-A895-BCF62324D153}

Web コンソール ・

AMD64

TR

{87A61E94-4C97-475A-B50D-4F12096E401A}

コンソール

X86

TR

{891B4B40-FE00-4277-87EE-4A464ED4BA6C}

コンソール

AMD64

TW

{7E968F07-DA9F-4A7F-8D8C-2065DA2B9FC0}

Web コンソール ・

AMD64

TW

{13D36CB3-B31B-4F7B-ADCF-04A58732C4D1}

コンソール

X86

TW

{7513D0EA-8CDB-4374-9E78-65711AE823C7}

コンソール

AMD64

ZH-(香港)

{BFC6C108-4CCE-4835-950F-BDAD3C39759A}

Web コンソール ・

AMD64

ZH-(香港)

{4C940724-304B-43E1-81D1-1AABC9FEECE4}

コンソール

X86

ZH-(香港)


さらに、 RTMProductCodeGuidは、次の Guid のいずれかを示すプレース ホルダーです。

コンポーネント

RTMProductCodeGuid

サーバー

{C92727BE-BD12-4140-96A6-276BA4F60AC1}

コンソール (AMD64)

{041C3416-87CE-4B02-918E-6FDC95F241D3}

コンソール (x86)

{175B7A24-E94B-46E5-A0FD-06B78AC82D17}

Web コンソール ・ (AMD64)

{B9853D74-E2A7-446C-851D-5B5374671D0B}

ゲートウェイ

{1D02271D-B7F5-48E8-9050-7F28D2B254BB}

SCX-ACS (AMD64)

{46B40E96-9631-11E2-8D42-2CE76188709B}

SCX-ACS (x86)

{46B40E96-9631-11E2-8D42-2CE76188709B}

エージェント

{786970C5-E6F6-4A41-B238-AE25D4B91EEA}


オペレーション ・ マネージャー

ファイル名

ファイル サイズ

ファイル バージョン

Microsoft.EnterpriseManagement.DataWarehouse.DataAccess.dll

230 KB

7.1.10226.1046

Microsoft.EnterpriseManagement.HealthService.Modules.DataWarehouse.dll

1.05 MB

7.1.10226.1046

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Authoring.dll

9.44 MB

7.1.10226.1046

Microsoft.EnterpriseManagement.Presentation.Controls.dll
(Silverlight: MonitoringPortal.xap)

1.70 MB

7.1.10226.1046

Microsoft.EnterpriseManagement.Presentation.Controls.dll

1.70 MB

7.1.10226.1046

mommodules.dll

2.52 MB

7.1.10211.0

Microsoft.SystemCenter.Visualization.Component.Library.mpb

284 KB

7.1.10226.1046

AgentHandlers.config

120 KB

7.1.10226.1046

オペレーション ・ マネージャー-UNIX および Linux の監視 (管理パックの更新プログラム)

ファイル名

ファイルのサイズ

バージョン

Microsoft.AIX.5.3.mpb

15,716KB

7.5.1038.0

Microsoft.AIX.6.1.mpb

15,726KB

7.5.1038.0

Microsoft.AIX.7.mpb

14,732KB

7.5.1038.0

Microsoft.AIX.Library.mp

31KB

7.5.1038.0

Microsoft.HPUX.11iv2.mpb

19,949KB

7.5.1038.0

Microsoft.HPUX.11iv3.mpb

19,839KB

7.5.1038.0

Microsoft.HPUX.Library.mp

31KB

7.5.1038.0

Microsoft.Linux.Library.mp

31KB

7.5.1038.0

Microsoft.Linux.RedHat.Library.mp

15KB

7.5.1038.0

Microsoft.Linux.RHEL.4.mpb

7,881KB

7.5.1038.0

Microsoft.Linux.RHEL.5.mpb

7,804KB

7.5.1038.0

Microsoft.Linux.RHEL.6.mpb

7,368KB

7.5.1038.0

Microsoft.Linux.RHEL.7.mpb

2,327KB

7.5.1038.0

Microsoft.Linux.SLES.9.mpb

3,794KB

7.5.1038.0

Microsoft.Linux.SLES.10.mpb

7,168KB

7.5.1038.0

Microsoft.Linux.SLES.11.mpb

4,699KB

7.5.1038.0

Microsoft.Linux.SUSE.Library.mp

15KB

7.5.1038.0

Microsoft.Linux.Universal.Library.mp

15KB

7.5.1038.0

Microsoft.Linux.Universal.Monitoring.mp

83KB

7.5.1038.0

Microsoft.Linux.UniversalD.1.mpb

14,084KB

7.5.1038.0

Microsoft.Linux.UniversalR.1.mpb

12,606KB

7.5.1038.0

Microsoft.Solaris.9.mpb

13,748KB

7.5.1038.0

Microsoft.Solaris.10.mpb

26,951KB

7.5.1038.0

Microsoft.Solaris.11.mpb

26,611KB

7.5.1038.0

Microsoft.Solaris.Library.mp

22KB

7.5.1038.0

Microsoft.Unix.Library.mp

83KB

7.5.1038.0

Microsoft.Unix.LogFile.Library.mpb

86KB

7.5.1038.0

Microsoft.Unix.Process.Library.mpb

98KB

7.5.1038.0

Microsoft.Unix.ShellCommand.Library.mpb

68KB

7.5.1038.0

Operations Manager の JEE アプリケーション (管理パックの更新) を監視します。

ファイル名

ファイルのサイズ

バージョン

Microsoft.JEE.Library.mpb

271 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.Templates.Library.mpb

115 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.Templates.Library.resources.ENU.mpb

60 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.Templates.Library.Views.mp

14 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.JBoss.Library.mp

43 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.JBoss.4.mp

55 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.JBoss.5.mp

55 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.JBoss.6.mp

55 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.JBoss.7.mp

55 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.Wildfly.8.mp

55 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.Tomcat.Library.mp

26 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.Tomcat.5.mp

51 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.Tomcat.6.mp

51 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.Tomcat.7.mp

51 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.Tomcat.8.mp

51 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.WebLogic.Library.mp

26 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.WebLogic.10gR3.mp

63 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.WebLogic.11gR1.mp

63 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.WebLogic.12cR1.mp

63 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.WebSphere.Library.mp

27 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.WebSphere.7.0.mp

51 KB

7.5.1038.0

Microsoft.JEE.WebSphere.8.mp

51 KB

7.5.1038.0



この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×