はじめに

この記事では、Microsoft System Center 2016 Operations Manager の更新プログラムロールアップ9で修正された問題について説明します。 この記事には、この更新プログラムのインストール手順も記載されています。

修正された改善と問題

  • 固定 SCOM コンソールの Windows コンピュータービューでは、クエリが適切に最適化されます。 処理.

  • 固定 さらに多くのアラートソースパス名を処理するために、ストアドプロシージャが更新されました 512よりも長くなります。 入力されたテーブルの位置が一致しませんでした 入力されたテーブルの中で、より大きな文字列を許可していました このビューには512しかかかりませんでした。 これにより、データのトランケーションと後続のコンソールが発生しました 終了.

  • 固定 IPv4 と IPv6 の両方をサポートするように IP アドレスパラメーターを変更しました windows クラスター。

  • 固定 0.01 より小さいデータの変換に関する問題が修正されました。 ルールまたはモニターによって生成されます。 データが正しく変換されなかった (大きい) OS ではなく、オペレーティングシステムの値としてコンマ (",") を指定します。 dot (".") 10進数形式。

  • 固定 SCOM が、でホストされている仮想マシンの100台を監視するシナリオの場合 シングル Hyper-v サーバー各仮想の MonitoringHost の1時間ごと マシンは、VM ページファイルに同時に書き込みを行います。 この同時の理由 ページングは、時間単位のディスク i/o が増加し、データベースが応答しなくなります。 HealthService では、1時間ごとに既定でメモリのトリミングが有効になりました 基点. メモリのトリミングを無効にするためのレジストリキーが用意されています。 時間を制御します。

レジストリキー is: "HKLM\Software\Microsoft\Microsoft 操作 Manager\3.0\Setup\MonitoringHost\MemoryTrimming"

Enable 0 (トリミングが無効になっています)。1 (トリミングが有効)

DelayInSeconds -時間帯エージェントがトリミングの開始を待機します (既定は 120s)

PeriodInSeconds –作業セットを切り捨てる必要がある定期的な期間 (既定は 3600s)

  • 修正済み: ダウンタイムの期間が計算される ダウンタイムレポートの米国以外の時刻形式に適している。

  • 固定 fn_MPVersionDependentId は、インストールされている各 MP の ID を作成します。 ID は 文字列 "MPName, Version, Schema" の SHA1 ハッシュ。 "スキーマ" 部分が 省略すると、予期したものと一致しない別のハッシュが生成されます。 値. 修正プログラムでは、"Schema = 2" の部分が fn_MPVersionDependentId に再度追加されます。

  • 固定 お客様の空き時間情報、健康状態、および パフォーマンスの詳細がレポートに表示されます。

  • MSOLEDBSQL ドライバーのサポートを有効にして、ユーザーが SQL Server Native Client から移動できるようにします。 OLE DB ドライバーのサポートを有効にするには、Microsoft OLE DB Driver for SQL Server (MSOLEDBSQL) をインストールすることをお勧めします。

注: MSOLDEDBSQL/SQL ネイティブクライアントドライバーが、操作マネージャーサーバーにインストールされていない場合、VB スクリプトはエラーコード100および1199で失敗します。これを回避するには、  MSOLDEDBSQL 18.3  ドライバーをインストールします。

System Center 2016 Operations Manager の更新プログラムのロールアップ9をダウンロードしてインストールする方法

Operations Manager の更新プログラムパッケージは、Microsoft Update または手動ダウンロードから入手できます。

Microsoft Update

Microsoft Update から更新プログラムパッケージを取得してインストールするには、Operations Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターで次の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロールパネルで、[ Windows Update] をダブルクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[ Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします。

  4. [重要な更新プログラムを使用できます] をクリックします。

  5. 更新プログラムのロールアップパッケージを選択し、[ Ok]をクリックします。

  6. [更新プログラムのインストール] をクリックして、更新プログラムパッケージをインストールします。

Windows Server 2016 以降を実行しているコンピューターの場合は、次の手順を実行します。

  1. [スタート] をクリックし、[設定] をクリックします。

  2. [設定] で [更新 & セキュリティ] をクリックします。

  3. [ Windows update ] タブで、[ Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします。

  4. [重要な更新プログラムを使用できます] をクリックします。

  5. 更新プログラムのロールアップパッケージを選択し、[ OK]をクリックします。

  6. [更新プログラムのインストール] をクリックして、更新プログラムパッケージをインストールします。

手動ダウンロード

Microsoft Update カタログから手動で更新プログラムパッケージをダウンロードするには、次の web サイトを参照してください。

Operations Manager 更新パッケージを今すぐダウンロードします。

Microsoft サポートファイルをダウンロードする方法については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

119591オンラインサービスから Microsoft サポートファイルを取得する方法

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、 配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

Operations Manager のインストール手順

インストールに関する注意事項

  • これ 更新プログラムのロールアップパッケージは、次の Microsoft Update から入手できます。 言語:

    • 中国語 簡易 (CHS)

    • 日本語 版

    • フランス語 (FRA)

    • ドイツ語 (DEU)

    • ロシア語 RU

    • イタリア語 ITA

    • スペイン語 (ESN)

    • ポルトガル語 ブラジル(PTB)

    • 中国語 トラディショナル (CHT)

    • 韓国語 (KOR)

    • チェコ語 (CSY)

    • オランダ語 (NLD)

    • ポーランド語 REGISTRY.POL

    • ポルトガル語 ポルトガル(PTG)

    • スウェーデン語 (SWE)

    • トルコ語 (TUR)

    • ハンガリー語 フン

    • 英語 日本語

  • 場合 コンポーネントは多言語で、これらのコンポーネントの更新プログラムは次のとおりです。 ローカライズされません。

  • あなたが この更新プログラムロールアップは管理者として実行する必要があります。

  • もし コンソールの更新プログラムを適用した後にコンピューターを再起動したくない場合 コンソールの役割の更新を適用する前に、コンソールを閉じます。

  • 宛先 Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを起動し、 Silverlight を起動してから、Silverlight を再起動します。

  • 作業 System Center をインストールした直後に更新プログラムのロールアップが適用されない 2016 Operations Manager。 新しいを展開してから数時間待ってから 管理グループを使用して、更新プログラムのロールアップを適用します。

  • もし ユーザーアカウント制御が有効になっている。 昇格されたコマンドプロンプト。

  • あなたが のデータベースインスタンスに対するシステム管理者権限を持っている必要があります 稼働データベースとデータウェアハウスに更新プログラムを適用する databases.

サポートされているインストール順序

  1. インストール 次のサーバーインフラストラクチャ上の更新プログラムのロールアップパッケージ:

    • マネージメント サーバーまたはサーバー

    • 監査 コレクションサービス

    • Web コンソールサーバーの役割コンピューター

    • 入り口

    • 処理 コンソールの役割コンピューター

    • レポート

  2. 適用 SQL スクリプト。

  3. 手 管理パックをインポートします。

  4. 適用 エージェントの更新。

  5. 適用 手動でインストールされたエージェントに対する、またはのプッシュ配信のための Nano エージェントの更新 Operations console で [保留中] ビューからインストールする。

  6. 更新 Unix/Linux MPs およびエージェント。

 

Operations Manager の更新プログラム

更新プログラムのロールアップパッケージをダウンロードして、ファイルを抽出するには 更新プログラムのロールアップパッケージに含まれている場合は、次の手順を実行します。

  1. ダウンロード Microsoft Update では、各コンピューターの更新パッケージが提供されます。 Microsoft Update では、 各コンピューターにインストールされているコンポーネント。 または、Microsoft からパッケージをダウンロードするカタログを更新する。

  2. 適用 各コンピューター上の適切な MSP ファイル。 注:  MSP ファイルは、更新プログラムのロールアップパッケージに含まれています。 特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。 たとえば、 web コンソールと本体の役割は、管理サーバーにインストールされます。 管理サーバーに MSP ファイルを適用します。 1つの MSP ファイルを適用する サーバーが保持する各役割に応じたサーバー。

  3. 実行 データベースサーバー上の次の SQL スクリプトとの比較 方法マネージャー Dw データベース。

UR_Datawarehouse.sql

  1. 実行 処理マネージャー Db に対するデータベースサーバー上の次のデータベース SQL スクリプト データベース

Update_rollup_mom_db.sql

注:  このスクリプトは、次の場所にあります。 送り

%SystemDrive%\Program Files\System Center 2016 \ 操作 更新プログラムのロールアップ用の Manager\Server\SQL スクリプト

  1. 取り込む 次の管理パック:

    • Microsoft.SystemCenter.Internal.mp

    • Microsoft.SystemCenter.2007.mp

    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.Internal.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.Image.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.mpb

    • Microsoft.Windows.InternetInformationServices.CommonLibrary.mp

    • Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.IntelliTraceProfiling.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.SyntheticTransactions.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.AM.DR.2007.mp

    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.SummaryDashboard.mp

    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.Resources.(LANGUAGECODE_3LTR).mpb

    • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.ACS.Internal.mp

    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.ServiceLevelComponents.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Apm.Infrastructure.mpb

    • Microsoft.Windows.Cluster.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Reports.2007.mp

 

管理パックを a からインポートする方法について詳しくは、 ディスクについては、Microsoft TechNet の「インポートの方法」を参照してください。 Operations Manager 管理パック

注:  管理パックはサーバーに含まれています 次の場所でのコンポーネントの更新:

% SystemDrive%・・・・・・・ Files\System Center 2016 \ Operations Manager\Server\Management Pack (更新プログラムのロールアップ用)

Nano エージェントの更新プログラム

Nano エージェントの更新プログラムを手動でインストールするには、ダウンロード kb3209591-8.0.10913.0-nanoagentファイル。 この更新プログラムは、次の方法で Nano Agent システムにインストールできます。 PowerShell スクリプト:

.\UpdateNanoServerScomAgentOnline.ps1

 -NanoServerFQDN <ターゲット Nano の FQDN サーバー>

 -BinaryFolder <Path を指定します。 は既に展開されているか、1つ以上の Nano agent 更新 .cab ファイルのパス>

 -IsCabExpanded <$true BinaryFolder path が .cab ファイルを使用している場合は、[$false] を展開し >

 -RemoveBackup <$true を削除します。 エージェントコンピューターのバイナリ>

 

UNIX および Linux management pack の更新プログラム

UNIX 用の更新された監視パックとエージェントをインストールするには および Linux オペレーティングシステムの場合は、次の手順を実行します。

  1. 適用 System Center 2016 Operations Manager 環境に更新プログラムロールアップ5を更新します。

注:  はありません 更新プログラムロールアップ9の UNIX/Linux MP 更新プログラム。

  1. ダウンロード 以下の System Center 2016 の更新された管理パック Microsoft web サイト: System UNIX および Linux オペレーティングシステムの中央管理パック

  1. インストール 管理パックの更新パッケージを取得して、管理パックのファイルを抽出します。

  2. 取り込む 使用している Linux または UNIX のバージョンごとに更新された管理パック 環境内で監視します。

  3. アップグレード SCXAgent ウィンドウを使用して、各エージェントを最新バージョンにアップグレードする PowerShell コマンドレットまたはのUNIX/Linux エージェントアップグレードウィザード オペレーションコンソールの [管理] ウィンドウ。

アンインストール情報

更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec/uninstall のコード guid /パッケージRtmproductcodeguid

注: パッチコード guidプレースホルダー 次の Guid のいずれかを表します。

 

PatchCodeGUID

コンポーネント

アーキテクチャ

言語

{73F2FE7D-249A-48DA-AD81-FC4321320294}

エージェント

amd64

ja

{0F4D869C-70AE-40A6-BC46-D0133764E09B}

ACS

amd64

ja

{C97A6520-9DEC-4346-B21D-A308AFB8D637}

コンソ

amd64

ja

{F312FDC0-2B99-48C7-8F35-8772EA97D1FF}

レポート

amd64

ja

{0DE603C9-4641-473C-A13E-AF61DE993E22}

WebConsole

amd64

ja

{80A701DC-F582-4D4F-AA84-2977608EF82B}

入り口

amd64

ja

{2CD72205-EF20-423A-B3D3-B07DD4174037}

サーバー

amd64

ja

{0BE3AF97-AAD9-48D8-A55D-F714E771CF6F}

エージェント

x86

ja

{3CD79BA1-E9DC-492A-A234-9EE1318B39C9}

コンソ

x86

ja

{11630D67-5D20-4FD4-9E03-DF436A9256E0}

ACS

amd64

すなわち

{10994FB9-714A-4076-A441-6A4E0F1CABAA}

コンソ

amd64

すなわち

{4AD1381A-7D7D-46CC-A25E-5BC3F0D802FE}

レポート

amd64

すなわち

{E211B7C3-009F-42AA-83E6-FD976AEC4CE9}

WebConsole

amd64

すなわち

{0767EBE9-1522-43FA-A29F-C09F943BAB40}

コンソ

x86

すなわち

{70544437-F03A-469B-AC23-ACF0C84FEBA6}

ACS

amd64

ctc

{FD8D1BB3-C15C-41B3-ADFE-3FB8C412D1F8}

コンソ

amd64

ctc

{B0681518-AA0C-4DDF-A719-292C6DCDC394}

レポート

amd64

ctc

{866D9C3A-4549-4E54-BACE-53D574C0E078}

WebConsole

amd64

ctc

{D30DAEF3-EC89-4D88-93BF-B4C9954BE99A}

コンソ

x86

ctc

{D816170F-F754-4780-96DF-3C00161D8CC4}

ACS

amd64

デュープ

{A73E3E86-6CB5-49F8-8B00-C5E435410A8A}

コンソ

amd64

デュープ

{6E0A8572-4428-4CBD-9127-E9D374F724C4}

レポート

amd64

デュープ

{D21721B2-9D8E-4C73-8FF7-73EFD302106B}

WebConsole

amd64

デュープ

{A0DB4EF0-A109-43C9-A3DB-5CCE54C8A7DD}

コンソ

x86

デュープ

{70CA5FB0-502F-4887-B797-1CDDA87370DF}

ACS

amd64

{6456DFEE-364C-4DF2-838A-7A7EB58CCC12}

コンソ

amd64

{971562A9-7DC5-4104-9B51-B534070B6058}

レポート

amd64

{961A652D-B553-480B-8152-349E5B2370E2}

WebConsole

amd64

{57DD194A-6AEA-4F39-80F3-DE2E35011CC3}

コンソ

x86

{9EBC87BC-579B-4369-B386-12284F39B5B7}

ACS

amd64

fr

{CAB8D79E-A61B-4ACD-8978-683309B338B5}

コンソ

amd64

fr

{6DB33DBE-1771-47C6-B57C-D5EF03E4B7A9}

レポート

amd64

fr

{3141560C-88AE-4A50-A3EE-A4B618E2DF60}

WebConsole

amd64

fr

{06C3793C-6B52-41F2-866B-96C048481273}

コンソ

x86

fr

{AAA0E4F9-7B09-4FE9-A035-7140A6B31F06}

ACS

amd64

hu

{C8A789F1-2FEA-4ECA-8E57-25CBC2B1E3F6}

コンソ

amd64

hu

{1DCC8112-6876-4E36-9960-11DB0C324F51}

レポート

amd64

hu

{C1C98C6C-0017-49E9-8A5A-FBAA741E9B56}

WebConsole

amd64

hu

{169A2A95-98F3-4196-93C7-15835B21B254}

コンソ

x86

hu

{394DEAC6-DF93-49BD-BCE8-270C5E7CE2FE}

ACS

amd64

{002F2EC0-50F3-4590-9FC3-BEB629373D34}

コンソ

amd64

{D88A1E84-BEEE-484A-B936-5A80E1CA7877}

レポート

amd64

{56044DA9-D967-40AE-9A1A-F3760CA173FB}

WebConsole

amd64

{AF212A1E-E197-4EE1-A462-BF88803A7E3C}

コンソ

x86

{B02FC47E-7A0A-4B0E-A21F-658F4D817560}

ACS

amd64

日本

{253B70F1-5796-486C-8A17-84944C88C5EA}

コンソ

amd64

日本

{F5F09D6B-EC5A-42AB-8B6F-14F9F1272BC1}

レポート

amd64

日本

{F35110B7-874D-46FA-9357-A139616F5849}

WebConsole

amd64

日本

{063686BA-6317-4788-B65F-2F8960DC12F2}

コンソ

x86

日本

{D07D9486-470C-4DBB-BBDD-5C6658F1C98E}

ACS

amd64

ko

{546210EE-1E01-429C-B62E-4A745C984959}

コンソ

amd64

ko

{106CC72A-37AF-4EA5-BB03-F7B5E2760AAD}

レポート

amd64

ko

{ED56ECB1-5A01-48BE-B456-3EC5E1FCDBA2}

WebConsole

amd64

ko

{08CFD54B-2B27-479D-B5D3-35651D5122A7}

コンソ

x86

ko

{C697A0C1-93FC-496C-A96C-B4FE4BA4ED12}

ACS

amd64

nl-nl

{2EE7FE00-F4DD-40BE-80FE-ACFB18B55831}

コンソ

amd64

nl-nl

{2191F11E-0D90-45B5-8E6B-19C46DCF611A}

レポート

amd64

nl-nl

{EE52DB9A-6090-4FCA-9E41-41A8444DCBAC}

WebConsole

amd64

nl-nl

{5CB93132-98F1-45DE-A13E-280523C143C9}

コンソ

x86

nl-nl

{DF02E6AE-CEEC-4D32-BE5C-8610F1EC9DB9}

ACS

amd64

pl

{0D5F1138-46F3-43FD-9821-0B6279DD2D9C}

コンソ

amd64

pl

{6D7AE0D2-4951-4D2D-9C7E-7A161BCA9ABB}

レポート

amd64

pl

{89BC4B42-DFB1-42BE-B545-EB09043337AC}

WebConsole

amd64

pl

{2F1D6380-D006-48D0-8BA4-3EE02E9BE44E}

コンソ

x86

pl

{B423A3BB-CF30-4D02-8BAB-D6C20225CF50}

ACS

amd64

pt-br

{A716345F-07C1-4E7B-A20B-E806C58F9EF8}

コンソ

amd64

pt-br

{3970A4E7-630D-4F5A-AE82-A2F6CF4ECC7C}

レポート

amd64

pt-br

{3C3C2C8B-D06F-4DE7-84C2-F892AD96D9C3}

WebConsole

amd64

pt-br

{A51FB22C-72E2-4E63-B9DF-1247D6295698}

コンソ

x86

pt-br

{FEC88AE8-DBD8-4E17-A85A-9C496C0A288C}

ACS

amd64

pt-pt

{165C631A-6D3E-4C1C-ADE5-61EC170FF268}

コンソ

amd64

pt-pt

{6378CCEC-F6BE-43FE-8DC2-EE701CD779AF}

レポート

amd64

pt-pt

{4B8E3C67-97DB-4E16-83D2-71AF5967FDE9}

WebConsole

amd64

pt-pt

{D4E2FF5E-CEB9-49C8-BFAB-5008276203F9}

コンソ

x86

pt-pt

{4E8A64AB-4207-4FF0-8145-4BA4BD6D4B6A}

ACS

amd64

{3CFCB4DE-5268-45C6-A3AF-C87F83F4DF58}

コンソ

amd64

{015A180A-EB6A-4FF3-987E-E61AE8597A9D}

レポート

amd64

{960C1512-1C6E-41F1-BC08-97D97D90E9EF}

WebConsole

amd64

{B9A18969-72A8-4FBE-A764-23C226125056}

コンソ

x86

{FF8CB88D-CFC7-4F4E-B826-2F011F7A1718}

ACS

amd64

sv

{EE89091A-D6D0-47E2-A027-61B020A4ADA7}

コンソ

amd64

sv

{0C07A777-DA3D-45E5-AEEE-13BC1AB1B296}

レポート

amd64

sv

{FAF9A432-1800-4F66-88BE-4B03AF6A71C5}

WebConsole

amd64

sv

{9A9E231A-2D54-4366-A20A-036506A36AC6}

コンソ

x86

sv

{26C73101-2B38-4A49-BFBB-0DB072485F1B}

ACS

amd64

tr

{0789D765-B58C-497B-BF78-D43332D0C47C}

コンソ

amd64

tr

{4626BE86-58FA-4AB5-A87D-CA3C8C7C3ECA}

レポート

amd64

tr

{11E8029C-1990-40E1-8E29-C8C95F39F3AE}

WebConsole

amd64

tr

{CFD745BB-5546-45F2-B245-FAB1F5A063CE}

コンソ

x86

tr

{B227F96C-F954-4353-AEA5-A6846A3C44BC}

ACS

amd64

ms

{C82CAA59-E37F-4B2D-9017-1E21AAEB9A71}

コンソ

amd64

ms

{054925B3-EF7B-4937-BCBA-B9F0031E0118}

レポート

amd64

ms

{96D1D3DA-D6C5-473D-B6C8-60B48668BE43}

WebConsole

amd64

ms

{4722827C-5506-463A-A887-DA8392C43ECF}

コンソ

x86

ms

 

 

さらに、 Rtmproductcodeguidプレースホルダー 次の Guid のいずれかを表します。

コンポーネント

RTMProductCodeGuid

server

{1199B530-E226-46DC-B7F4-7891D5AFCF22}

ACS

{74EF4714-88C0-44D9-B8C7-19BABBFA4D6A}

コンソ amd64

{E072D8FC-CD31-4ABE-BD65-606965965426}

レポート

{8BA0D6E8-6A38-4330-AA6F-CF047DD4DC95}

webconsole

{676EB643-C22A-4EEC-A8CF-13A0719056A5}

エージェント amd64

{742D699D-56EB-49CC-A04A-317DE01F31CD}

入り口

{B47D423B-580B-4D57-9AFD-D0325F839FE9}

エージェント X86

{430BF0E7-3BA7-49FF-8BD1-F34F6F1057A6}

この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル

以下に、このような変更が加えられたファイルの一覧を示します。 更新プログラムのロールアップ 以前の更新プログラムのロールアップがインストールされていない場合は、ファイル 以下に記載されている以外にも更新されることがあります。 ファイルの完全な一覧を表示するには 更新された場合は、「この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル」を参照してください。 最新の更新プログラムの後にリリースされたすべての更新プログラムロールアップのセクション パッケージ.

更新されたファイル

バージョン

ファイルサイズ

HealthServiceRuntime.dll

8.0.11049.0

289 KB

SEMCore.dll

7.2.12265.0

0.99 MB

ARCore.dll

7.2.12265.0

694 KB

Microsoft.SystemCenter.Instrumentation.dll

7.5.7487.207

52.4 KB

InstrumentationConfig.xml

 

1.01 KB

Microsoft.ApplicationInsights.dll

2.12.0.21496

377 KB

Microsoft.SystemCenter.Telemetry.EventData.dll

7.2.12265.0

39.9 KB

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Console.Common.dll

7.2.12265.0

777 KB

Microsoft.EnterpriseManagement.Monitoring.Console.exe

7.2.12265.0

3.90 MB

ARViewer.resources.dll

7.2.12265.0

72.9 KB

UR_DataWarehouse.sql

 

8.57 KB

Microsoft.SystemCenter.2007.mp

7.2.12265.0

244 KB

Microsoft.SystemCenter.Internal.mp

7.0.8437.16

58 KB

Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Reports.2007.mp

7.2.12265.0

243 KB

Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.mp

7.2.12265.0

444 KB

Microsoft.SystemCenter.Library.mpb

7.0.8437.16

188 KB

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×