現象

Windows プレインストール環境 (Windows PE) ブート イメージは、Windows 10 バージョン 1511 のWindows評価と展開キット (ADK) に含まれていますが、オペレーティング システムのインストール中にネットワーク アダプターを構成するために必要な情報がありません。 したがって、ADK をSystem Center Configuration Managerで使用する場合、Windows PE バージョン 10.0.10586 イメージに基づくオペレーティング システム展開タスク シーケンスは、Windows PE 環境への再起動中に初期化できません。

さらに、"ハードウェア デバイスの初期化" フェーズ中に次のエラー メッセージが表示されます。

エラー コード0x80220014で PE 初期化が失敗したWindows。


ターゲット コンピューター上の smsts.log ファイルには、次のようなエントリが含まれています。

m_pImpl->AddAdapterTcpIpSettings( XMLAnswerFileImpl::WindowsPE, adapterInfo ), HRESULT=80220014
pAnswerFile->AddNetworkAdapter(adapterInfo), HRESULT=80220014
アダプター 0
adapterSettings.Configure( pAnswerFile ), HRESULT=80220014
実行がエラー 80220014で失敗しました


このログ エントリは、読みやすくするために切り捨てられます。

この問題については、Windows 10 バージョン 1511 ブログ投稿のWindows ADK に関する問題にも説明されています。

解決方法

修正プログラムのインストール

この修正プログラムを使用してWindows イメージ ファイル (boot.wim) を更新し、Configuration Manager配布ポイントでイメージを更新するには、次の手順が必要です。 これらの手順では、Windows ADK for Windows 10 バージョン 1511 が既にインストールされていること、および手順を実行するユーザーがローカル管理者グループのメンバーであることを前提としています。 ここでのコマンドでは、必要なプロセッサ アーキテクチャに応じて amd64 または x86 を使用する必要があることに注意してください。 この手順は、記述されているように、64 ビット (amd64) アーキテクチャを前提としています。

次の手順 1 ~ 9 は、Windows ADK のインストール後の新しいブート イメージ用に記述されています。 新しいブート イメージを作成する代わりに、同じ ADK に基づく既存のブート イメージも、これらの手順を使用して更新できます。 既存のブート イメージを更新するには、次の手順に従いますが、既存のブート イメージを指すようにコマンド ラインのパスを変更します。

手順 1: 準備

  1. 修正プログラムの内容を抽出します。 たとえば、コンテンツを %userprofile%\downloads フォルダーに抽出します。

  2. 管理者特権の "Deployment and Imaging Tools Environment" コマンド プロンプトを開始します。


手順 2: PE Windows準備する

Windows PE カスタマイズ作業ディレクトリを作成し、イメージ ファイルをマウントします。 これを行うには、次のコマンドを入力し、各コマンドの後に Enter キーを押します。

copype.cmd amd64 c:\WinPE_amd64

dism /mount-wim /wimfile:C:\WinPE_amd64\media\sources\boot.wim /index:1 /mountdir:C:\WinPE_amd64\mount
Note copype.cmd amd64 c:\WinPE_amd64 コマンドは既存のブート イメージには必要ありません。

dism コマンドの詳細については、「 DISM Image Management コマンド ライン オプション」を参照してください。 

手順 3: schema.dat 状態を保存する

置き換える前に、既存の schema.dat ファイルに適用されているアクセス許可をバックアップします。 ファイルをバックアップするには、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

icacls c:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\schema.dat /save "%temp%\AclFile"

手順 4: schema.dat ファイルを更新する

更新されたバージョンを持つ schema.dat ファイルを置き換えるには、ファイルの所有権を取得し、ローカル管理者グループにアクセス許可を付与する必要があります。 これを行うには、次のコマンドを入力し、各コマンドの後に Enter キーを押します。

takeown /F c:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\schema.dat /A

icacls c:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\schema.dat /grant BUILTIN\Administrators:(F)

xcopy "%userprofile%\Downloads\schema-x64.dat" c:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\schema.dat /Y

手順 5: アクセス許可と所有権をリセットする

schema.dat ファイルが置き換えられると、手順 5 で保存したアクセス許可を復元するには、次のコマンドを実行する必要があります。

icacls c:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\schema.dat /setowner "NT SERVICE\TrustedInstaller"

icacls c:\WinPE_amd64\mount\Windows\System32\ /restore "%temp%\AclFile"

手順 6: PE 変更Windowsコミットする

boot.wim ファイルに変更をコミットします。 これを行うには、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

dism /unmount-wim /mountdir:C:\WinPE_amd64\mount /Commit
 
dism コマンドの詳細については、「DISM Image Management コマンド ライン オプション」を参照してください。

手順 7: ブート イメージを追加する

注: この手順は、既存のブート イメージには必要ありません。

次の TechNet の記事で説明されているメソッドを使用して、ブート イメージを追加します。

Configuration Managerでブート イメージを管理する方法 (System Center 2012 Configuration Manager)

System Center Configuration Manager (現在のブランチ) でブート イメージを管理する

手順 8: 配布ポイントを更新する

次の TechNet の記事で説明されているメソッドを使用して、ブート イメージを更新します。

ブート イメージを配布する場所を指定する (System Center 2012 Configuration Manager)

、ブート イメージを配布ポイント (現在のブランチ) に配布する

Windows 10 バージョン 1511 のWindows ADK の修正プログラム情報

Microsoft サポートでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。 ただし、この修正プログラムは、この記事で説明されている問題のみを修正することを目的としています。 この修正プログラムは、この記事で説明されている問題が発生しているシステムにのみ適用します。 この修正プログラムは、追加のテストを受ける場合があります。 そのため、この問題の影響を大きく受けない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムを待機することをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロードが可能」セクションがあります。 このセクションが表示されない場合は、Microsoft カスタマー サービスとサポートに問い合わせ、修正プログラムを入手してください。

注: 追加の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス要求を作成する必要があります。 通常のサポート コストは、この特定の修正プログラムに該当しない追加のサポートの質問や問題に適用されます。 Microsoft カスタマー サービスとサポートの電話番号の完全な一覧、または個別のサービス 要求を作成するには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support注: "修正プログラムのダウンロード可能" フォームには、修正プログラムを使用できる言語が表示されます。 言語が表示されない場合は、その言語で修正プログラムを使用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、Windows 10 バージョン 1511 のWindows ADK に加えて、次のいずれかの製品がインストールされている必要があります。

  • System Center Configuration Manager (現在のブランチ)

  • System Center 2012 R2 Configuration Manager

  • System Center 2012 Configuration Manager


再起動に関する情報

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えるものではありません。

この修正プログラムの英語版には、次の表に示すファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) があります。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時 (UTC) で記載されています。 ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換されます。 UTC とローカル時刻の違いを見つけるには、コントロール パネルの [日付と時刻] 項目の [タイム ゾーン] タブを使用します。

File name

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

Platform

Schema-x64.dat

該当なし

94,208

2016 年 2 月 13 日

対象外

Schema-x86.dat

該当なし

94,208

2016 年 2 月 13 日

対象外

Win10adk-hotfix-kb3143760.exe

11.0.10586.0

178,352

2016 年 2 月 18 日

x64


状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

参考資料

System Center Configuration Manager

の更新プログラムをインストールするWindows ADK

をダウンロードするMicrosoft がソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×