System Center Virtual Machine Manager をバージョン 1807

適用されます:Center Virtual Machine Manager のシステム、バージョン 1807

はじめに

システム Center Virtual Machine Manager、1807 のバージョンで修正される問題について説明します。 Virtual Machine Manager を使用することができるは次の 3 つのダウンロードがあります: OVirtual Machine Manager サーバーに、管理者コンソールのいずれかの ne (x86 と amd64)、および VMM のゲストのエージェントのいずれかの。 この資料には、この更新プログラムのインストール手順も含まれています。

修正される問題

  • VIP テンプレートの作成ウィザードを無効にしない選択したプロトコルの負荷分散装置の種類を変更した場合。

  • 仮想マシン (VM) のプロパティにならないように、クリップボードにコピーの [コンピューター名] フィールドの選択。

  • VM ネットワーク ・ ゲートウェイによって作成された NAT 接続するための UI で NAT 規則を作成することはできません。

  • VMM コンソールでは、VM のネットワーク アダプターで動的 MAC アドレスは表示されません。

  • テナントのユーザーの別の VMM サービスのテンプレートのプロパティをコピーすることによって作成されたサービス テンプレートを開こうとすると、VMM コンソールがクラッシュします。

  • VM のライブ マイグレーションでは、"NoAvailableNetworkOptimization"の警告が正しく示しています。

  • VMM では、ネットワーク インターフェイスのネットワーク コント ローラー オブジェクトの帯域外で設定されているパブリック IP アドレス リソースの参照のプロパティが上書きされます。

  • Get SCVirtualFibreChannelAdapter PowerShell コマンドレットを使用して仮想ファイバー チャネル アダプター オブジェクトをフェッチすることはできません。

  • [ホスト プロセスのために使用される対話型ログオンは、このバージョンの VMM で削除されます。

  • SCVMM ライブラリ内の物理的リソースをインポート ライブラリがファイル サーバーの場合、障害が発生しました。

  • 含まれている QoS 関連の修正。

    • VM を作成するか、ターゲット ・ ストレージで利用可能ではない QoS ポリシーを使用して、既存の VHD を使用して VHD を追加することは成功します。

    • VM を作成するか、分岐の QoS ポリシーを持つ VHD を追加することは、既存の VHD を使用すると成功します。

    • クラウドのスコープに含まれていないポリシーは、QoS を使用してクラウドの VM で、既存の VHD を追加することは成功します。

  • VMM の ASR の互換性ガイド: この更新プログラムがバージョン5.1.3100およびそれ以降のバージョンの Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (DRA とも呼ばれます) をサポートしている ASR と統合された SCVMM を使用する場合。以前のバージョンはサポートされていません。 DRA をアップグレードするには、次の手順を実行します。

    1. DRA の既存のバージョンをアンインストールします。

    2. この更新プログラムをシステム センター Virtual Machine Manager、1807 のバージョンをインストールします。

    3. バージョンをインストールします。5.1.3100以降のバージョンの DRA 。

システム Center Virtual Machine Manager、1807 のバージョンを取得する方法

重要 システム Center Virtual Machine Manager のバージョンこの更新プログラムを適用するのにはインストールされている 1801 が必要です。

Virtual Machine Manager のパッケージは、Microsoft Update または手動でダウンロードして利用します。

Microsoft Update

入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、Virtual Machine Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。

  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。

  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。

  5. 更新プログラム パッケージを選択し、[ OK] をクリックします。

  6. 更新プログラムをインストールアップグレード パッケージをインストールする] をクリックします。

手動でダウンロード

Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

サーバーの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

管理コンソールの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

VMM ゲスト エージェントの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

システム Center Virtual Machine Manager、1807 のバージョンのインストール手順

更新プログラム パッケージを手動でインストールするには、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update packagename

の例では、システム Center Virtual Machine Manager サーバーにこの更新プログラム パッケージをインストールするのには (KB4135364)、次のコマンドを実行する:

msiexec.exe /update kb4135364_vmmserver_amd64.msp

関連情報

マイクロソフトを使用してソフトウェア更新プログラムについて説明する標準的な用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×