Windows 用の更新プログラム ロールアップ 8 Azure パック

概要

この資料では、Windows Azure のパックの更新プログラム ロールアップ 8 で修正される問題について説明します。さらに、この資料には、Windows Azure パック (WAP) の更新プログラム ロールアップ 8 のインストール手順が含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

Windows Azure のパック

  • Issue 1

    管理者が提供できないし、テナントは、ネットワーク アドレス変換 (NAT) 接続を使用する複数の外部 IP アドレスを使用できません。
    Microsoft System Center Virtual Machine Manager (VMM) IP アドレスを割り当てるために、WAP の管理者機能があり、テナントが発生した場合でも、このような機能を提供することはしません。管理者は、NAT 規則を作成するときに使用するテナントに対して、外部の IP アドレスのセットを割り当てることができますようになりました。管理者は、管理者ポータルの仮想マシン (VM) の拡張機能によって IP アドレスのクォータを設定できます。

  • 既存のプランでは、管理者ポータルを示しています"外部 IP アドレス"クォータ「0」として実際には、「無制限の」が出てくるはずと同様に既存のプランを。将来のリリースでは、この UI の問題が修正されます。

  • Issue 2

    テナントには、仮想マシンあたり1 つだけのチェックポイントを作成できます。
    管理者は、テナントが複数の VM のチェックポイントを作成するクォータを含む計画を作成できます。

  • Issue 3

    PowerShell コマンド"Get-MgmtSvcSqlDatabase"で予期しない例外が生成されます。
    Get MgmtSvcSqlDatabaseコマンドは、SQL データベースの情報を取得できません。次の例では、「オブジェクト参照がオブジェクトのインスタンスに設定されていない」例外を返します。

    • Get-MgmtSvcSqlDatabase-AdminUri $AdminUri-"someid"のトークンの $Token-HostingServerId-DisableCertificateValidation

    • Get-MgmtSvcSqlDatabase-AdminUri $AdminUri-トークンの $Token $hostserver を HostingServerId。ServerId の名前"somename"- DisableCertificateValidation

    • Get-MgmtSvcSqlDatabase-AdminUri $AdminUri-トークンの $Token-HostingServerId"someserverid"の名前"datatest"- DisableCertificateValidation



    この更新プログラムを適用すると、 Get のMgmtSvcSqlDatabaseコマンドは、すべての予想される場合にデータベースの情報を返します。

  • Issue 4

    PowerShell コマンド「削除-MgmtSvcMySqlHostingServer」で予期しない例外が生成されます。
    このコマンドが失敗した例外を「より大きいまたはゼロに等しい、引数リストのサイズよりも小さい、インデックス (0 から始まる) をする必要があります」など、次のステートメントを実行する場合。

    • $AdminUri の削除-MgmtSvcMySqlHostingServer-AdminUri-$Token - HostingServerId $HostServer [0] のトークンします。ServerId DisableCertificateValidation

    • $AdminUri の削除-MgmtSvcMySqlHostingServer-AdminUri-"someserverid"のトークンの $Token-HostingServerId-DisableCertificateValidation



    この更新プログラムを適用すると、削除 MgmtSvcMySqlHostingServerコマンドは期待どおりに実行し、すべての予想される場合、サーバーを削除します。

  • Issue 5 

    テナント ポータルを通じて仮想マシンを作成するとき] メニューのドロップダウン リスト ボックスが並べ替えられません。
    テナントに VM を作成しようとすると、項目のリストはいくつかのアイテムより大きい、必要なマシンのイメージまたはテンプレートを検索するのには非常に困難になります。

    この更新プログラムを適用した後、[ギャラリー] を [簡易作成] ボックスの一覧に両方の項目が見つかりました。

  • 問題 6

    Iso イメージ ジェネレーション 2 (gen 2) を添付する VM を 3 回後失敗した場合または 4 適用または適用解除操作します。
    アタッチとデタッチ操作 ISO のディスクと VM の gen 2 を割り当てるアダプターことはありませんリリース アダプターを再利用します。

    この更新プログラムを適用すると後でアダプターをもう一度再利用ディスク ・ アダプターを接続解除できるようにします。

  • Issue 7 

    製品の全体的な品質を向上させるために他の修正します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×