現象

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 で、[システムの詳細設定] のユーザー プロファイルの設定画面から、[既定のプロファイル] 以外のプロファイルの情報を、他の場所にコピーすることができません。

原因

[ユーザー プロファイル] の設定画面から行うプロファイルのコピーは、プロファイル中に含まれるユーザー固有の情報を削除せず、単純にコピーするだけの処理を行います。このため、OS コンポーネントやアプリケーションによっては、コピー後のプロファイルで正常に動作しない可能性があります。

Windows 7 より以前の OS バージョンでは、[ユーザー プロファイル] の設定画面から行うプロファイルのコピーに関して、特に操作上の制限を設けていませんでしたが、Windows 7 では上記のような問題が発生するのを未然に防ぐため、既定のプロファイル以外のプロファイルのコピーが行えないように実装が変更され、[コピー先] ボタンがグレー アウトされています。

回避策

この現象を回避するには、以下を実施してください。

任意のユーザー プロファイルを [既定のプロファイル] にコピーする場合 :

任意のユーザー プロファイルを [既定のプロファイル] にコピーするには、次のサポート技術情報を参照してください。

973289 Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、および Windows Server 2008 R2 のイメージを準備するときに既定のローカル ユーザー プロファイルをカスタマイズする方法ユーザー プロファイルに含まれる情報を他のユーザーに移行する場合 :

ユーザー プロファイルに含まれる情報を他のユーザーに移行するには、次の Windows 転送ツール、またはユーザー状態移行ツール (USMT) を使うことで移行できます。

Windows 転送ツール、またはユーザー状態移行ツール (USMT) の使用方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Windows 転送ツール
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/products/features/windows-easy-transfer

User State Migration Tool 4.0 ユーザー ガイド
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd560801(WS.10).aspx

状況

この動作は仕様です。  

詳細

問題の再現手順

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. [コントロール パネル] 画面の [小さいアイコン] をクリックし、[システム] をクリックします。

  3. 左ペインから、[システムの詳細設定] をクリックします。

  4. [システムのプロパティ] 画面の [詳細設定] タブをクリックし、[ユーザー プロファイル] の [設定] をクリックします。

  5. [ユーザー プロファイル] 画面の [このコンピューターに格納されているプロファイル] 一覧の [既定のプロファイル] 以外のユーザー プロファイルをクリックします。

結果

[既定のプロファイル] 以外のユーザー プロファイルでは、[コピー先] ボタンがグレー アウトされていてユーザー プロファイルのコピーができません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×