Windows 7 や Windows Vista では、Wake On LAN 機能を有効にすると、不要なウェイク アップ イベントが発生する可能性があります。

はじめに

Windows 7 および Windows Vista では、スリープ解除の LAN (WOL) 機能は、リモート コンピューターをスリープなどの省電力状態からスリープ解除できます。WOL を有効にすると、ネットワーク アダプターはネットワークをリッスンして、コンピューターがスリープ状態を継続します。特殊なデータ パケットを受信した場合 WOL、スリープ解除します。

特殊なデータ パケットの 1 つの種類には、ウェイク アップのパターンが含まれています。既定では、Windows 7 と Windows Vista のパケットをリッスン、次 WOL を有効にするとします。

  • ネットワーク アダプターの MAC アドレスにダイレクト パケット

  • ローカル コンピューター名をブロードキャスト NetBIOS 名の解決

  • ネットワーク アダプターの IPv4 アドレスは、アドレス解決プロトコル (ARP) パケット

  • ネットワーク アダプターの要請ノード マルチキャスト アドレスは、IPv6 近隣探索パケット

マジック パケットは、リモート コンピューターのスリープ状態を解除もできます。マジック パケットは、特定のネットワーク インターフェイスを対象とする標準 wake-up フレームです。

ほとんどの場合、ウェイク アップ パターンまたはマジック パケットが省電力状態にあるコンピューターへのリモート アクセスを使用できます。ただし、一部のネットワーク プロトコルは、他の目的でこれらのパケットを使用します。たとえば、ルーターは、定期的にコンピューターの存在を確認するのには ARP パケットを使用します。このようなプロトコルは、コンピューターのスリープ状態を解除するのにはこれらのパケットを使用することはしません。ただし、一部のネットワークでは、ネットワーク トラフィックが誤ってリモート コンピューターを起動することがあります。これらの不要なウェイク アップ イベント企業ネットワークなどの特にノイズの多い環境で発生します。したがって、既定では、Windows 7 および Windows Vista で WOL は無効になっています。

詳細

WOL は、ネットワークにアクセス可能なコンピューターを維持しながら電源を節約する効果的な方法です。

ただし、WOL を有効にした後、不要なスリープ解除イベントが発生します。たとえば、コンピューター可能性がありますウェイク アップが省電力状態に移行した後にすぐにします。原因の 1 つは、ネットワーク環境があまりに頻繁にウェイク アップのパターンを生成することにあります。このような場合は、強くお勧めマジック パケットへの応答でのみスリープ状態を解除するのにはコンピューターを構成することです。マジック パケットは、省電力状態からコンピューターをスリープ状態を解除するのには特に設計されています。また、マジック パケットは、ネットワーク アダプターの MAC アドレスに固有であるため、マジック パケットは誤って送信する可能性があります。

この方法で Windows 7 を構成するには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタン検索の開始ボックスで、ネットワークと共有センターを入力し、Enter キーを押します。

  2. タスクバーの [アダプター設定の変更をクリックします。

  3. 、構成するネットワーク アダプターを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。などのローカル エリア接続を右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。

  4. 管理者のパスワードまたは確認を求められる場合は、パスワードの入力、または確認を行います。

  5. [構成] をクリックします。

  6. ネットワーク アダプターが WOL をサポートしている場合は、[電源の管理] タブで [このデバイスでコンピューターをスリープ解除を許可する] チェック ボックスを選択して、コンピューターのスリープ状態を解除するのには、マジック パケットのみを許可する] チェック ボックスを選択し、[ OK] をクリックをクリックします。

この方法で Windows Vista を構成するには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタン検索の開始ボックスで、ネットワークと共有センターを入力し、Enter キーを押します。

  2. タスクバーの [ネットワーク接続の管理] をクリックします。

  3. 、構成するネットワーク アダプターを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。などのローカル エリア接続を右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。

  4. 管理者のパスワードまたは確認を求められる場合は、パスワードの入力、または確認を行います。

  5. [構成] をクリックします。

  6. ネットワーク アダプターが WOL をサポートしている場合は、[電源の管理] タブで [このデバイスでコンピューターをスリープ解除を許可する] チェック ボックスを選択して、コンピューターのスリープ状態を解除するのには管理ステーションのみを許可する] チェック ボックスを選択し、[ OK] をクリックをクリックします。


WOL を有効にする BIOS の設定を有効にすることもあります。特定の BIOS 設定は、コンピューターの製造元によって異なります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×