Windows 8.1 でスリープや休止状態に移行しようとすると STOP 0x133 エラーが発生します。

現象

Windows 8.1 がインストールされた一部の PC にシリアル通信を行う USB デバイスが接続されている状態で、以下の操作を行うと STOP 0x133 エラーが発生する場合があります。

  • スリープ

  • 休止状態

  • スタートメニューからのシャットダウン(ハイブリッドシャットダウン)

  • ハイブリッドスリープ

なお、以下の操作の場合には発生しません。

  • 再起動

  • シャットダウン



原因

Usbser.sys ドライバーの不具合により IO リクエストパケットが完了せずシステムがストールすることが原因です。

回避策

スリープや休止状態へ移行する前に予めシリアル通信を行う USB デバイスを取り外します。

詳細

システムをスリープや休止状態に移行しようとすると、カーネルの電源マネージャーは各デバイスに対して S3 や S4 への移行の確認要求を行います。この確認要求に対して特定のデバイスが拒否すると、電源マネージャーはシステムの電源状態を元に戻すため S0 への移行を各デバイスに要求します。

この時、USB のシリアル通信を行うインボックスドライバー Usbser.sys の不具合により、システムの電源状態が S0 の状態でカーネルの電源マネージャーから S0 を要求するリクエストを受けると、未完了の IO リクエストパケットを誤って 2 重に発行します。


2 重発行された IO リクエストが原因でシステムの電源状態を S3 や S4 へ移行する処理が完了できず、その後暫くして STOP 0x133 エラーが発生します。


Windows 8.1 では Usbser.sys ドライバーの修正の予定はありません。
また、Windows 10 では Usbser.sys が新しく作り直されているため本問題は発生しません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×