現象

デバイスの抜き差しを頻繁に行うなど、Windows に高い負荷がかかっている状態で、HID デバイスに関する割り込みが発生した際に、タイミングによっては、割り込み処理が完了せず Windows がフリーズすることがあります。この現象は HID デバイスやモニターなどのデバイスの抜き差しを頻繁に繰り返した場合に稀に発生します。

原因

win32k.sys 内では、HID デバイスを経由したユーザーからの入力処理を行うスレッドが複数存在します。 この問題は、それらのスレッドが互いの処理の完了を待機しあうデッドロック状態に陥ることにより発生します。

回避策

現在、この問題に対する回避策はありません。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×