概要


この資料では Windows CE ベースのデバイスを開発するメーカー様を対象にして、Windows CE エラーレポーティング機能のダンプファイル生成について説明します。

現象

Windows CE ベースのデバイス上で、既定では、プログラムが明示的にハンドリングしない例外エラー (Second Chance Exception) が発生した時だけ、ダンプファイルの出力が行われます。プログラムが、 _try / _except / _catch などにより初回例外エラー (First Chance Exception) をハンドリングする場合は、エラー レポーティングによるダンプ ファイルの出力を行いません。

解決方法

デバッグやトラブル シューティングの目的で、システム内で発生する全ての例外エラーをダンプ ファイルとして出力する必要がある場合は、次のレジストリを設定します。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\System\ErrorReporting\DumpSettings]
"DumpFirstChance"=dword:1   ; 0 = Capture Second Chance, 1 = Capture First Chance

注意:上記レジストリを使用するには、Windows CE の OS イメージに、Platform Builder のカタログから Windows CE のエラーレポート機能を含める必要があります。
必要なコンポネント :
- エラー レポート転送ドライバー ( SYSGEN_WATSON_XFER )
- エラー レポート生成プログラム ( SYSGEN_WATSON_DMPGEN )

関連情報

Windows CE のエラーレポートに関するほかのレジストリについては、下記のドキュメントをご参照ください。





 

Windows CE のダンプ ファイルを解析する方法については、下記のドキュメントをご参照ください。








例外エラーに関する参考情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×