はじめに

この資料では、同一コンピューター上で Windows Live メールから Microsoft Outlook 2010 または Microsoft Office Outlook 2007 にメッセージを移行する方法を説明します。 

この資料は初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。

Windows Live メールから Outlook にメッセージを移行する方法

  1. お使いのコンピューターで Outlook を一度も起動していない場合は、次の手順を実行してスタートアップ ウィザードを完了しておきます。スタートアップ ウィザードをすでに完了している場合は Outlook を起動し、次のステップ 2 に進んでください。

    1. Outlook を起動します。

    2. Outlook スタートアップ画面で [次へ] をクリックします。

    3. [電子メール アカウント] 画面で [いいえ] を選択して [次へ] をクリックします。

    4. [データ ファイルの作成] 画面で [電子メールを設定しないままで続ける] オプションのチェック ボックスをオンにして [完了] をクリックします。

  2. Windows Live メールを起動します。

  3. Windows Live メールの [エクスポート] 機能を使って、メッセージを Outlook へエクスポートします。

    • Windows Live Mail 2011 の場合
      をクリックし、[電子メールのエクスポート] をポイントして [電子メール メッセージ] をクリックします。

    • 以前のバージョンの Windows Live Mail の場合

      [ファイル] メニューの [エクスポート] をポイントし、[メッセージ] をクリックします。

      注 : メニュー バーが表示されていない場合は、[メニュー] アイコンをクリックし [メニュー バーの表示] をクリックするか、Alt キーを押して表示します。

  4. [Windows Live メール エクスポート] 画面の [電子メールをエクスポートする形式を選択してください] リスト ボックスから [Microsoft Exchange] をクリックし、[次へ] ボタンをクリックします。

  5. [メッセージのエクスポート] 画面で [OK] をクリックします。

  6. [プロファイル選択] 画面の [プロファイル名] ボックスからエクスポート先に指定したいプロファイル名を選択し、[OK] をクリックします。

  7. [メッセージのエクスポート] 画面の [フォルダー] で、エクスポートしたいメール フォルダーをクリックし、[OK] をクリックします。


    補足 : 既定では、[すべてのフォルダー] が選択されています。特定のフォルダーのみをエクスポートしたい場合は、[選択されたフォルダー] をクリックして、エクスポートしたいフォルダーをクリックします。複数のフォルダーをエクスポートしたい場合は、Ctrl キー を押しながらクリックして選択します。

    注 : [すべてのフォルダー] を選択した場合、Windows Live メールで使用していたフォルダー構造ごと Outlook にエクスポートされるため、通常はこのオプションを選択することをお勧めします。

  8. "エクスポートの完了" とメッセージが表示されたら、[完了] ボタンをクリックします。

  9. Outlook 2010 では [Outlook データ ファイル] の下に、Outlook 2007 では [個人用フォルダ] の下に、それぞれ Windows Live メールから取り込まれたフォルダー (移動されたフォルダー) が表示されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×