Windows Script 5.6 をアップデートすると、Windows Update Web サイトでダウンロードが停止またはフリーズする

Windows Script 5.6 をアップデートすると、Windows Update Web サイトでダウンロードが停止またはフリーズする場合があります。

[Windows Update] ウィンドウから Web ページのダイアログ ウィンドウが表示され、使用許諾契約書に同意した後に Windows Update Web ページのダイアログ ボックスが表示されますが、ダウンロードが始まることはありません。接続したままにしておいても、ダウンロードの進行状況バーは動きません。

現象

DISPEX.DLL のファイル バージョン 5.6.0.8515 がこの現象を引き起こす原因であることが弊社にて確認されています。このバージョンのファイルは、MSDN または、ダウンロード センターの Web サイトより入手可能な Windows Script 5.6 のインストールパッケージよりインストールされます。

原因

システムに DISPEX.DLL のファイル バージョン 5.6.0.8515 がインストールされている環境では、Internet Explorer 6 Service Pack 1 (IE6 SP1) のインストールパッケージに含まれる DISPEX.DLL のファイル バージョン 5.6.0.6626 を取り出して、このバージョンのファイルに変更する必要があります。





システムでどのバージョンのファイルが使用されているかは、以下の手順で確認を行ってください。

  1. エクスプローラより Windows のシステム フォルダを検索してください。
    C:\Windows\System

  2. ファイル DISPEX.DLL をフォルダより検索して、ファイルの右クリックで表示されるポップアップメニューよりプロパティを選択してください。

  3. バージョン情報のタブをクリックしてファイル バージョンを確認してください。


ファイル バージョンの変更が必要な場合には、以下の手順を行ってください。

  1. エクスプローラを開いて以下のフォルダに移動してください。
    C:\Windows\Windows Update Setup Files このフォルダは、IE6 SP1 のインストールで作成されます。システムにこのフォルダがない場合には、必要なファイルを入手するために IE6 SP1 の再インストールが必要な場合があります。

  2. フォルダより以下のファイルを検索してください。
    Scr56jp.cab

  3. ファイルをダブル クリックして内容の確認をします。ファイル DISPEX.DLL を抽出して、現在のファイルのバージョンを抽出したバージョンのファイルに変更してください。

  4. スタートメニューをクリックして、[ファイル名を指定して実行] より "REGSVR32 DISPEX.DLL " を実行します。この処理が成功したことがポップアップ メッセージで通知されます。

  5. Windows Update Web サイトでダウンロードが停止またはフリーズしないことを確認してください。


解決方法

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

状況

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×