Windows Server で接続で異なる認証を使用している場合、iSCSI ターゲットを検出できない

現象

2つのインターネット小型コンピューターシステムインターフェイス (iSCSI) 接続を iSCSI ターゲットに設定することを前提としています。 1つの接続では、認証にチャレンジハンドシェイク認証プロトコル (CHAP) またはリバース CHAP を使用し、その他の接続では認証が構成されません。 このシナリオでは、Windows は iSCSI ターゲットを検出できません。

原因

この問題は、 iSCSI フェールオーバーが複数の認証をサポートしていないために発生します。

解決方法

この問題を解決するために、s は、iSCSI 接続とイニシエーターの両方で同じになるように認証設定を指定します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×