現象

Windows Server 2003 環境で IPv6 を含む UNC パスを利用して共有リソースへアクセスする事ができません。

\\IPv6 アドレス\IPC$

原因

Windows Server 2003 では IPv6 アドレスが含まれた UNC パスをサポートしておりません。これは Windows Server 2003 の想定された動作になっています。

解決方法

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。 (http://support.microsoft.com/kb/322756/ ) Windows でレジストリを復元する方法

プログラムから IPv6 アドレスを含む UNC パスを利用して共有リソースへアクセスしたい場合は、以下の手順を実行します。これにより、IPv6 アドレスではなく、特別な NetBIOS 名で共有リソースへアクセスします。

  1. レジストリエディタ (Regedt32.exe) を起動します。

  2. レジストリ内で次のキーを選択します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters

  3. 「編集」メニューをクリックして、DWORD (32 ビット) 値のレジストリ値を追加します。

      値の名前 : DisableStrictNameChecking
      データ型 : REG_DWORD
      表記 : 10 進
      値のデータ : 1

  4. レジストリエディタを終了します。

  5. コンピュータを再起動します。


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×