現象

Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 をインストールした際に、Windowsupdate.log ファイルに Microsoft にてビルドした際のシステム環境の情報が含まれます。

なお、この情報により Microsoft 製品が誤動作することはありません。Windowsupdate.log ファイルの情報を利用する際は、Windows Server を導入した日時以降の情報のみ利用してください。

原因

この現象は、Microsoft にてビルドした際のシステム環境の情報が、WindowsUpdate.log ファイルに残ってしまったために発生します。

回避策

この現象を回避するには、以下の手順で、WindowsUpdate.log ファイルを削除し、再作成してください。WindowsUpdate.log ファイルの再作成により、システムの動作に影響を与えることはありません。

  1. システムにローカル管理者権限を持つユーザーでログオンします。

  2. Alt + Ctrl + Del キーを押し、タスク マネージャーを起動します。

  3. リソース モニターを開きます。

  4. [CPU] タブをクリックします。

  5. [検索ハンドル] に WindowsUpdate.log と入力し、検索を開始します。

  6. 検索結果として表示されるプロセスを右クリックし、[プロセスの終了] をクリックします。

  7. 表示されているプロセス全てに、手順 6 を繰り返します。

  8. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] ボックスに、%systemroot% と入力し、[OK] をクリックします。

  9. [エクスプローラー]で表示される Windows フォルダ内から WindowsUpdate.log ファイル を探し、削除します。

  10. システムを再起動します。

  11. システム再起動後、手順 9 で削除した WindowsUpdate.log ファイル が再作成されていることを確認します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×