Windows SharePoint Services 3.0 の修正プログラム パッケージ (Sts x none.msp): 2012 年 6 月 26 日

概要

この資料では、Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 の問題は、2012 年 6 月 26 日にリリースされた修正プログラム パッケージで修正されるについて説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • コンテンツ タイプが作成され、多くのライブラリに関連付けられていることを想定しています。追加このコンテンツ タイプのフィールドを変更すると、増分のコンテンツ展開によって処理に非常に長い時間がかかります。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 33154 (OfficeQFE)


  • 次のような状況を考えます。

    • Microsoft SharePoint ドキュメント ライブラリにフォルダーを作成し、ドキュメントをアップロードします。

    • フォルダーの名前を変更するとします。

    • 移動するドキュメント、フォルダー内で別のドキュメント ライブラリにコンテンツの管理および構造のオプションを使用しています。

    このシナリオで、ドキュメントの最終更新時刻は、フォルダーを移動したときに変更されます。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 33176 (OfficeQFE)

  • 追加し、元のサイト コレクションからユーザーを削除すると、増分のコンテンツ展開が失敗します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 33312 (OfficeQFE)

  • 作成すること多くの列が 1 つの SQL サーバーよりも、SharePoint リストでデータベースの行をサポートするいますと仮定します。その結果、行の折り返しが発生し、データベースの複数の行に 1 つのリスト項目が格納されています。設定すると、親リストから権限を継承するリスト アイテム、リスト アイテムの添付ファイルはアクセスできなくなります。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 32667 (OfficeQFE)

  • ワークフローの遅延アクティビティを使用すると遅延からワークフローを再開しませんまたは、ワークフローでは、遅延から再開するのには予想よりも長い。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 28923 (OfficeQFE)

  • サイト コレクション管理者は、ユーザーを設定して、任意のスコープ内で、特定のアクセス許可の割り当てを割り当てていないことを想定しています。サイト コレクションからユーザーを削除すると、サイトのデータは、サイト コレクション レベルのセキュリティの変更を報告しません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 32816 (OfficeQFE)

  • 出力機能は、Windows SharePoint Services 3.0 サイトでのキャッシュを有効にすることを想定しています。マイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料 2656351 に記載されている修正プログラム パッケージを適用した後、サイトはこの認証されたユーザーがサイトを訪問したときにキャッシュされた出力ではありません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 32944 (OfficeQFE)

  • イメージングの web サービスがより多く必要な画像をアップロードする時間です。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 33123 (OfficeQFE)

  • 詳細ログを有効にすると、コール スタック情報の特定の種類には未処理の例外が生成されます。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 33033 (OfficeQFE)


解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×