Windows Vista で PS/2 接続の Microsoft 日本語キーボードを使用すると、デバイス マネージャの一覧に 101/102 配列の英語キーボードとして表示される場合がある

はじめに

Microsoft Windows Vista で PS/2 接続の Microsoft 日本語キーボードを使用すると、デバイス マネージャの一覧に 101/102 配列の英語キーボードとして表示される場合があります。



この現象はデバイス マネージャの表示上の問題です。この問題を解決するにはキーボード ドライバの再インストールを実行します。

この資料は中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。この手順には、コンピューターの再起動をする操作が含まれます。この資料を印刷して手元に置いておくと便利です。

キーボード ドライバを再インストールする方法

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コンピュータ] をマウスの右ボタンでクリックし、表示されるショートカット メニューより [プロパティ] をクリックします。

  2. システム画面の左側に表示されるタスク一覧から [デバイス マネージャ] をクリックします。




    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。

  3. リストより [キーボード] の左側に表示されている プラス記号 (+) をクリックして展開します。


  4. 展開して表示されたキーボード デバイス名をダブルクリックすると、ご使用のキーボード デバイスが 101/102 配列の英語キーボードとして認識されていることが確認できます。このキーボード デバイスを更にダブルクリックして、キーボード デバイスのプロパティを開きます。

  5. キーボード デバイスのプロパティで [ドライバ] タブをクリックし、表示される画面で [ドライバの更新] ボタンをクリックします。

  6. [自動的に更新されたドライバ ソフトウェアを検索します] をクリックし、検索が完了するまでしばらく待ちます。更新されたドライバ ソフトウェアが検出されると、自動的にインストールを開始します。

  7. インストール完了後、[閉じる] ボタンをクリックします。

  8. [OK] をクリックし [デバイス マネージャ] を閉じます。

  9. Windows Vista の再起動を求められる場合は、コンピューターを再起動します。

正常にドライバが更新された場合は、[デバイス マネージャ] に 106/109 配列の日本語キーボード用ドライバ名が表示されます。 [デバイス マネージャ] へのアクセス方法は手順の 1 から 4 をご参照ください。



上記の操作を実行しても、[デバイス マネージャ] に101/102 配列の英語キーボード用ドライバ名が表示される場合は、次の手順で日本語キーボード用ドライバをドライバ一覧から直接選択し、ドライバの再インストールを実行ください。

  1. 前述の手順の 1 から 5 までの操作を行います。

  2. [コンピュータを参照してドライバ ソフトウェアを検索します] をクリックします。


  3. [コンピュータ上のデバイス ドライバの一覧から選択します] をクリックします。


  4. [互換性のあるハードウェアを表示] のチェック ボックスをオフにします。

    次に、以下のドライバを選択し、[次へ] をクリックします。

    • [製造元] の一覧から [(標準キーボード)]

    • [モデル] の一覧から [日本語 PS/2 キーボード (106/109 キー Ctrl + 英数)]

  5. ドライバの更新警告画面が表示される場合は [はい] をクリックします。


  6. 次のメッセージが表示されたら [閉じる] ボタンをクリックします。

    ドライバ ソフトウェアが正常に更新されました。

  7. [OK] をクリックし [デバイス マネージャ] を閉じます。

  8. Windows Vista の再起動を求められる場合は、 コンピューターを再起動します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×