現象

Windows Vista または Windows Server 2008 ベースの PC で拡張メタファイル (Enhanced Meta File) への書き込み処理を複数のスレッドで実行すると、CreateFontIndirect 関数に対する SelectObject 関数が拡張メタファイルに記録されないことがあります。その結果、アプリケーション等が設定したはずのフォントに切り替わらないことがあります。

原因

GDI の拡張メタファイルの処理がスレッド セーフではないために発生します。本現象は、Windows Vista および Windows Server 2008 の不具合によるものです。

回避策

拡張メタファイルへの書き込み処理は単一のスレッドで実行するようにします。

状況

本問題は、マイクロソフトの問題と認識しております。また、Windows 7 以降の OS で修正されいます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×