はじめに

この資料には、Windows XP および Windows Vista のバックアップ プログラムを使用してコンピュータ上のデータを保護し、ファイルとフォルダを復元する方法に関する情報が記載されています。



Windows XP および Windows Vista のバックアップ ユーティリティは、ハード ディスクが動作しなくなったり、ファイルが誤って消去されたりした場合に備えて、データを保護するために役立ちます。バックアップ プログラムを使用すると、ハード ディスク上のすべてのデータのコピーを作成して、ハード ディスクやテープなどの別の記憶装置にアーカイブできます。



ハード ディスク上の元のデータを誤って消去または上書きしてしまったり、ハード ディスクの故障のために元のデータにアクセスできなくなったりしても、復元ウィザードや自動システム回復ウィザードを使用することで、ディスクやアーカイブされたコピーからデータを復元できます。

詳細

バックアップを使用してデータを保護し、ファイルとフォルダを復元する方法



注 : ファイルやフォルダを復元するには、そのコンピュータに対する Administrators または Backup Operators の資格情報が必要です。Backup Operators や Administrators は、ファイルやフォルダを解読せずに、暗号化されたファイルやフォルダのバックアップと復元を実行できます。



Windows XP および Windows Vista のバックアップ プログラムの使用方法に関する最新情報を確認するには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

Use Windows to back up your computer
http://www.microsoft.com/protect/yourself/data/backup.mspx

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×