Windows XP SP2 の新機能について

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

この資料は、Windows XP Service Pack 2 (以下 SP2) に搭載されたセキュリティに関する新機能について説明しています。

概要

Windows XP SP2 は、既定の状態で、ウイルスやワームなどの悪意のある攻撃からコンピュータを保護する能力を高めるセキュリティ技術を導入しています。


セキュリティ センター

セキュリティ センターとは、Windows XP SP 2 より搭載された、コンピュータのセキュリティに関する情報を一元管理する機能です。
セキュリティ センターの詳細については、以下のサポート技術情報をご覧ください。

883739Windows XP SP2 新機能の [セキュリティ センター] の概要

  • ファイアウォール
    ファイアウォールは、ウイルスや、無許可のユーザーによるインターネットやネットワークからのコンピュータへのアクセスなどのセキュリティ上の脅威からコンピュータを保護するのに役立ちます。Windows XP SP2 には Windows ファイアウォールが搭載されており、既定でインストールされて有効になります。

    Windows ファイアウォールの詳細については、以下のサポート技術情報をご覧ください。

    883738Windows XP SP2 の新機能 Windows ファイアウォールの概要

  • 自動更新
    自動更新とは、Windows Update でも入手できる、コンピュータに必要な重要な更新プログラムと、セキュリティ更新プログラムのみの適用を Windows が自動的に行うことで、更新忘れを防ぎ、簡単に Windows を最新の状態に保つことが可能になります。

    自動更新の設定方法については、以下のサポート技術情報をご覧ください。

    306525 Windows での自動更新の構成方法および使用方法

  • ウイルス対策
    ウイルスやその他のセキュリティの脅威からコンピュータを保護するために、ウイルス対策ソフトがインストールされていることを Windows が自動的に確認する機能です。

    セキュリティ センターでウイルス対策ソフトが認識されない現象については、以下のサポート技術情報をご覧ください。

    883879[セキュリティ センター] でウイルス対策ソフトが認識されない場合の対処方法



安全性の高いブラウジングと電子メール

Windows XP SP2 に搭載された以下の新機能により、安全かつ快適にインターネットおよび電子メールを利用することができます。

Internet Explorer の新機能

  • ポップアップ ブロック機能
    ポップアップとは、ホームページを表示した際、ユーザーの意図とは関係なしに、自動的に開かれるブラウザ ウィンドウです。Windows XP SP2 に搭載された Internet Explorer のポップアップ ブロックは、既定で有効になり、不要なポップアップをブロックしてインターネットをより快適かつ安全に閲覧できるようにします。

    ポップアップ ブロック機能の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

    Internet Explorer によるポップアップ ウィンドウのブロック
    http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/using/web/sp2_popupblocker.mspx

  • 情報バー
    情報バーとは、アドレスバーの下に表示されるメッセージ ウィンドウのことです。情報バーには、Internet Explorer が制御した情報が表示されます。

    情報バーの詳細については、以下のサポート技術情報をご覧ください。

    884225 Internet Explorer アドレスバーの下部に表示されるメッセージについて

  • アドオンの管理
    アドオンとは、Internet Explorer に機能を追加するアプリケーションのことです。Windows XP SP2 のアドオンの管理では、Internet Explorer においてこれらの追加機能を有効または無効にすることができます。

    アドオンの管理の詳細については、以下のサポート技術情報をご覧ください。

    884224Windows XP SP2 の新機能アドオン管理について

Outlook Express の新機能

  • テキスト形式モード
    Outlook Express のテキスト形式モードは、入力メール メッセージを HTML 形式ではなくテキスト形式に変換して表示するオプションを提供します。テキスト形式のメールを使用すると、より安全にコンピュータを使用することができます。

    テキスト形式モードの詳細については、以下のサポート技術情報をご覧ください。

    884411Windows XP SP2 をインストールした Outlook Express で [メッセージはすべてテキスト形式で読み取る] を有効にした場合の動作について

  • HTML メールの画像をブロック
    HTML メールに画像が含まれている場合、その画像を表示するために、メールソフトは自動的にインターネットにアクセスします。このアクセスにより、悪意のあるメールの送信者はユーザーの電子メール アドレスを収集し、迷惑メールの送信先リストに登録することができます。この問題を解決するために、Windows XP SP2 に搭載された Outlook Express では、HTML メールに含まれる画像を自動的に表示させない機能が既定で有効になっています。

    HTML メールの画像をブロックする機能の詳細については、以下のサポート技術情報をご覧ください。

    875331Outlook Express で HTML メールの画像を表示する方法

  • 添付ファイル ブロック機能
    Windows XP SP2 に搭載された Outlook Express は受信した添付ファイルを、その種類によって安全かどうかを判断します。

    添付ファイル ブロック機能の詳細については、以下のサポート技術情報をご覧ください。

    883873Outlook Express の添付ファイル ブロックについて

詳細

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×