概要

この資料では、Windows XP と Service Pack を統合したWindows XP Service Pack 2 (以下 SP2) 適用済みインストールイメージを作成する方法について説明しています。

詳細

Windows XP と Service Pack を統合したWindows XP SP2 適用済みインストールイメージを作成するには、次の手順を行ってください。
注意: 以下の手順の例では、C:\test という作業用フォルダを利用し、CD-ROM ドライブは J ドライブと仮定して説明しています。CD-ROM ドライブが J ドライブではない場合には、読み替えてご参照ください。

  1. Windows XP CD-ROM をコンピュータに挿入します。[実行する操作の選択] の画面が表示された場合には、画面左下の[終了] ボタンをクリックして画面を閉じます。

  2. [スタート] ボタンをクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  3. [名前] 欄に以下を入力して [OK] ボタンをクリックします。

    xcopy J:\ C:\test /e

  4. ファイルのコピーが始まります。しばらくお待ちください。

  5. Windows XP SP2 ファイルをインターネットから作業用フォルダ C:\test にダウンロードします。ダウンロードに成功すると WindowsXP-KB835935-SP2-JPN.exe という名前のファイルが作成されます。

    Windows XP SP2 ファイル (IT プロフェッショナルおよび開発者用 Windows XP Service Pack 2) は、マイクロソフトの以下の Web ページから入手する事ができます。

    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=049c9dbe-3b8e-4f30-8245-9e368d3cdb5a

  6. [スタート] ボタンをクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] の欄に以下を入力して [OK] ボタンをクリックします。

    C:\test\WindowsXP-KB835935-SP2-JPN.exe /integrate:C:\test

  7. 自動的に [ファイルの展開] 画面が数分間表示されます。

  8. ファイルの展開が終わると [Windows ファイルの更新] 画面に変わります。

  9. [統合インストールが正常に完了しました] の画面が表示されたら [OK] ボタンを押してください。以上で SP2 適用済みの Windows XP インストールイメージの作成は完了しました。 SP2 適用済みの Windows XP をセットアップする場合は、C:\test フォルダを開いて [setup] アイコンをダブルクリックしてください。[実行する操作の選択] 画面が表示されたら、[Windows XP をインストールする] をクリックしてインストールを進めてください。

関連情報

884737 Windows XP Service Pack 2 適用済みインストールイメージは Windows XP 以外で作成できない

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×