Word 2008 for Mac で封筒の [逆向きに印刷する] オプションを有効にした場合と無効にした場合の印字位置が異なる

現象

Microsoft Word 2008 for Mac で封筒を印刷するときに、[ユーザー設定] の [逆向きに印刷する] オプションを有効にした場合と無効にした場合とで、宛先と差出人住所の印字位置が異なります。
[逆向きに印刷する] オプションを有効にして印刷した結果と、無効にして印刷した結果を上下逆さにして重ね合わせた場合、宛先と差出人住所の印字位置は重なり合いません。

なおこの現象は、プリンタ ドライバには依存せず発生します。

回避策

封筒の置き方を逆方向にしていただくか、封筒のレイアウトを調整してください。

状況

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

詳細

問題の再現手順

  1. Word 2008 for Mac を起動して、[ツール] - [封筒の作成] をクリックします。

  2. 宛先と差出人住所に任意の値を入力します。

  3. [ユーザー設定] をクリックします。

  4. [封筒の置き方] を縦中央にして、[逆向きに印刷する] にチェックを入れて [OK] をクリックします。
    ここでは [封筒サイズ] を「はがき」にしています。
    alternate text

  5. [プリント オプション] が「ご使用のプリンタに、封筒のサポートが組み込まれていない場合は、ユーザー設定を使用してください」が選択されていることを確認して、[プリント] ボタンをクリックします。
    alternate text

  6. [プリント] ダイアログの [用紙処理] を表示して、[出力用紙サイズ] が適切な用紙サイズになっていることを確認して [プリント] をクリックします。
    alternate text

  7. [ツール] - [封筒の作成] をクリックして、[ユーザー設定] をクリックします。

  8. [封筒の置き方] は縦中央のままで、[逆向きに印刷する] のチェックをはずして [OK] をクリックします。
    alternate text

  9. [プリント オプション] が「ご使用のプリンタに、封筒のサポートが組み込まれていない場合は、ユーザー設定を使用してください」が選択されていることを確認して、[プリント] ボタンをクリックします。
    alternate text

  10. [プリント] ダイアログの [用紙処理] を表示して、[出力用紙サイズ] が適切な用紙サイズになっていることを確認して [プリント] をクリックします。
    alternate text

結果
[逆向きに印刷する] オプションを有効にして印刷した結果と、無効にして印刷した結果を上下逆さにして重ね合わせた場合、宛先と差出人住所の印字位置は重なり合いません。
[逆向きに印刷する] オプションを有効にした場合と無効にした場合とで、宛先と差出人住所の印字位置が異なります。

イメージ図 :
alternate text

Note
この現象は定型サイズでも発生しますが、カスタム用紙サイズを利用している場合に、顕著な差異が見られます。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×