日本語 IME

Microsoft IME は日本語文字入力を支援するためのソフトウェアです。本ページでは Microsoft IME を使った日本語入力の基本的な操作方法や設定の場所・変更方法、IME の機能などを紹介しています。 

新しいバージョンの日本語 IME(Input Method Editor) は以前のバージョンのものと比べて、安定性とセキュリティが向上しました。ユーザー インタフェースと設定も見直し、一層使いやすいものになりました。

安定性とセキュリティ

IME と他のアプリケーションとの間の関係を見直し、アプリケーションがより安定して動くようになりました。従来のバージョンでは IME のクラッシュが入力中のアプリケーションのクラッシュを誘発するという問題がありました。新しい IME では IME 自体のパフォーマンスを向上させるだけでなく、アプリケーションとの独立性を高めることで、アプリケーションへの影響を最小限にしました。また、特に Web ブラウザと IME との関係の見直しにより、従来よりも高いセキュリティを実現しました。

ユーザー インタフェース

  1. 予測候補の数字による選択

    [Tab] キーまたは [↓] キーを押して予測候補ウィンドウに入った際、数字による選択が可能となりました。

    新しいバージョンの IME

    以前のバージョンの IME

    新しいIMEにおける予測候補ウィンドウデザイン

    従来のIMEにおける予測候補ウィンドウデザイン

     

  2. 変換候補一覧の拡張

    表示されている変換候補の中で最下位の候補がフォーカスされた際に、(候補の数が 10 以上ある場合) 変換候補一覧を自動で拡張するようになりました。最下位以外の候補がフォーカスされている際は従来の通り、[Tab] キーで拡張することもできます。

    新しいバージョンの IME

    新しいIMEにおける候補一覧の自動拡張の様子

    以前のバージョンの IME

    従来のIMEにおける候補選択の様子

     

  3. ハイライト カラー

    候補ウィンドウ内でフォーカスされる際のハイライト カラーが Windows のテーマ カラーを反映するようになりました。

    Windowsテーマカラーに応じて候補ウィンドウ内のハイライトカラーが変わる様子

     

  4. コンテキスト メニュー (右クリックメニュー)

    通知領域の [あ]/[A] アイコンを右クリックして展開されるメニュー (コンテキスト メニュー) のデザインを刷新しました。

    新しいバージョンの IME

    以前のバージョンの IME

    新しいコンテキストメニューのデザイン

    従来のコンテキストメニューのデザイン

 

設定

IME の設定画面が新しくなりました。Windows の設定 ([スタート]>[設定]) へと統合され、よりシンプルでモダンな UI を実現しました。これによって、より直感的に IME の設定をカスタマイズすることが可能となります。

※ IME オン:通知領域 [あ] アイコンが表示されている状態、IME オフ:通知領域 [A] アイコンが表示されている状態

新しいバージョンの IME

以前のバージョンの IME

新しいIME設定画面のデザイン

従来のIME設定画面のデザイン

 

  1. IME のオン / オフを切り替える

    タスクトレイにおいてIMEモードが切り替わる様子

    IME オン:通知領域 [あ] アイコンが表示されている状態。日本語を入力することができます。
    IME オフ:通知領域 [A] アイコンが表示されている状態。ローマ字を入力することができます。

操作

  • [半角 / 全角] キー

  • [Caps/ 英数] キー

  • [Alt] キー +[~] キー (英字キーボードの場合)

  • [A] アイコンをクリック

  1. キーボードから日本語を入力する

    平仮名で「とうきょう」と入力した画像

入力方法

  • ローマ字入力

  • かな入力 (デフォルトオフ、IME 設定画面より設定可能)

  1. 予測候補を使用する

    平仮名「と」を入力したときの予測候補一覧

    予測候補がオンの場合 (デフォルトオン) 、文字を入力すると予測候補一覧が表示されます。一覧が表示される文字数は IME の設定から変更することができます。

操作

  • 下に移動: [Tab] キー・ [↓] キー

  • 上に移動: [Shift] キー +[Tab] キー・ [↑] キー

  • 候補を確定する: [Enter] キー・候補をクリック

  1. 入力した文字を変換し、確定する

    文字を入力して変換候補を選ぶ様子

操作

  • 入力した文字を変換する: [Space] キー

  • 変換後候補一覧を表示する: [Space] キー

  • 下に移動: [Space] キー・ [↓] キー

  • 上に移動: [Shit] キー +[Space] キー・ [↑] キー

  • 候補を確定する: [Enter] キー・候補をクリック

 

Windows 10 の日本語 IME では、Microsoft の検索エンジンである Bing からの候補を予測入力に表示する [クラウド候補] 機能を使うことで、流行語や専門用語を簡単に入力できるようになります。

「予測入力サービス」は既定ではオフになっていますので、以下の手順で設定を変更してご利用ください。

  1. 通知領域の右側にある IME モードアイコン (画面右下の [あ] または [A] のアイコン) を右クリックして、コンテキスト メニューを開きます。

  2. コンテキスト メニューから [設定] をクリックして、IME の設定画面を開きます。

  3. [全般] をクリックします。

  4. [予測入力] の項目で、利用したい予測入力サービスをオンにします。確認のダイアログが開くので、内容を確認して [はい] をクリックします。

以上で、予測入力サービスが利用できるようになります。

予測入力サービスをオンにしていると、候補を取得するために入力中のテキストの一部を暗号化して Microsoft へ送信することがあります。送信されたデータは、マイクロソフトのプライバシーに関する声明に基づいて扱われ、個人を特定する用途に使われることはありません。

オープン拡張辞書は、Microsoft IME 用の追加辞書を作成、共有する機能です。オープン拡張辞書の形式で作成された辞書は、ダブル クリックするだけで簡単に Microsoft IME にインストールすることができるため、配布もインストールも簡単です。辞書ファイルは、Web ページや共有フォルダーに置いたり、メールに添付したり、シーンに応じてさまざまな方法で共有することや配布することができます。オープン拡張辞書のフォーマットや作成方法についての説明は、Microsoft Office IME 2010 オープン拡張辞書作成用 Excel テンプレートに付属のドキュメントをご参照ください。

FAQ

IME の設定トップ画面は以下の2つの方法で開くことができます。

  • [スタート] >[設定] >[時刻と言語]>[言語]>[日本語] オプション >[Microsoft IME] オプション

  • 通知領域 [あ]/[A] アイコン右クリック >[ 設定]

 

IME パッドを使うと、次のようなことができます。

  • 読みのわからない漢字を手書きや総画数、部首などから入力できます。

  • 記号や特殊文字などを文字コード表から探して入力できます。

  • マウスやペンなどを使って文字入力できます。

IMEパッドの開き方

  1. 通知領域の右側にある IME モードアイコン (画面右下の [あ] または [A] のアイコン) を右クリックして、コンテキスト メニューを開きます。

  2. [IME パッド] をクリックして IME パッドを開きます。

コンテキストメニューからIMEパッドを開く様子

 

以下のようにして使用頻度の高い単語を辞書に登録することができます。

  • 通知領域の右側にある IME モードアイコン (画面右下の [あ] または [A] のアイコン) を右クリックして、コンテキスト メニューを開きます。

  • コンテキスト メニューから [ユーザー辞書] をクリックして、[ユーザー辞書ツール] を開きます。

  • [ユーザー辞書ツール] の [編集] タブより [新規登録] を選択し、単語の登録ダイアログボックスを表示します。

  • [単語] ボックスと [よみ] ボックスに、登録する単語とその読みを入力します。

  • 必要に応じて [品詞] ボックスや [ユーザー コメント] ボックスを編集・入力します。ユーザー コメントを入力すると、変換一覧にその情報が表示され、同じ読みで異なる単語を一覧からすばやく選択できるようになります。

  • [登録] をクリックします。続けて単語を登録できます。

  • 終了するときは、[閉じる] をクリックします。

コンテキストメニューからユーザー辞書ツールを開く様子

 

オープン拡張辞書と呼ばれる機能を使ってシステム辞書を追加することができます。

  1. お使いのパソコンにオープン拡張辞書ファイルをダウンロードします。

  2. オープン拡張辞書ファイルをダブル クリックし、インストール ダイアログを開きます。

  3. 注意事項を確認し、[OK] ボタンを押すとインストールが開始されます。

  4. インストールされた辞書は [IME設定トップ画面]>[学習と辞書] のシステム辞書の項目に表示されます。

 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×