LifeCam に関する一般的な問題

場合によっては、Microsoft LifeCam で問題が発生することもあります。 それらの解決に役立つトラブルシューティングの手順を示します。

次の手順をお試しください。

  • LifeCam を取り外してから、もう一度取り付けます。

  • 使用されていない他の USB デバイスを取り外します。

  • PC の別の USB ポートを使用してみます。 可能であれば、USB 2.0 ポートに接続します。

  • USB ハブをお使いの場合は、LifeCam をハブから取り外して、PC に直接接続してみます。

  • コンピューターを再起動します。

  • LifeCam ソフトウェアをいったんアンインストールしてから、LifeCam ソフトウェアを再インストールします

LifeCam は、写真、ビデオ、およびオーディオ クリップを保存するために、既定のピクチャ フォルダー内に [LifeCam ファイル] フォルダーを作成します。 既定のピクチャ フォルダーへのアクセスが制限されている場合、LifeCam を開始できないことがあります。

  • この問題を解決するには、フォルダーへのアクセス制限を解除します。 その方法については、オペレーティング システムのドキュメントをご覧ください。

最新の LifeCam ソフトウェアをダウンロードします

注: すべての機能がすべての LifeCam モデルに搭載されているわけではありません。 お使いの LifeCam のパッケージに記載されている情報をチェックして、使用するすべての機能が含まれていることを確認します。

次の手順をお試しください。

  • パンとチルトのコントロールが機能するためには、ズーム機能を使用する必要があります。

  • 一部の LifeCams は、高解像度でのパン、チルト、ズームのコントロールをサポートしません。 これらの効果を有効にするには、LifeCam の解像度を下げます。

  • 注: すべての機能がすべての LifeCam モデルに搭載されているわけではありません。 お使いの LifeCam のパッケージに記載されている情報をチェックして、使用するすべての機能が含まれていることを確認します。

以下を参照して、考えられる原因と解決策をチェックしてください。

  • ブロードバンドや DSL などの高速インターネット接続に接続されていることを確認します。

  • インスタント メッセージング プログラムをインストールし、プログラムのドキュメントでビデオ通話の開始方法を確認します。

  • お使いのインスタント メッセージング プログラムでビデオ通話を許可していることを確認します。

  • LifeCam ソフトウェアをインストールし、お使いのコンピューターに Web カメラを接続します。

  • インスタント メッセージング プログラムが Web カメラを検出できることを確認します。

  • お使いの PC にヘッドセットまたはスピーカーと、マイクが装備されており、ミュートされていないことを確認します。

  • LifeCam を実行中に同時にインスタント メッセージング プログラムでビデオ通話を開始することはできないため、LifeCam ソフトウェアをシャットダウンします。

    通話を発信する当事者を確認してください。

  • ブロードバンドや DSL などの高速インターネット接続に接続されていること。

  • LifeCam ソフトウェアを実行中ではないこと。

  • Web カメラがコンピューターに接続されており、インスタント メッセージング プログラムによって検出可能であること。

  • あなたと同じインスタント メッセージング プログラムを使用していること。

  • インスタント メッセージング プログラムにサインインしており、オンライン状態が “オンライン”に設定されていること。

  • 相手があなたの連絡先リストに表示されており、あなたが相手の連絡先リストに表示されていること。

  • コンピューターにヘッドセットまたはスピーカーと、マイクが装備されていること。

  • ビデオ通話への招待を受信しており、承諾可能であること。

  • [Windows Live Call] ボタンは、Windows Live Messenger のみで使用できます。 他のインスタント メッセージング プログラムをお使いの場合、このボタンは機能しません。

次の手順をお試しください。

  • インスタント メッセージング プログラムで、もう一度 [オーディオとビデオの設定] を実行します。

  • インスタント メッセージング プログラムから、もう一度ビデオ通話を開始します。

次の手順をお試しください。

  • LifeCam ソフトウェアと、LifeCam を使用している可能性があるその他のプログラムを閉じます (LifeCam を実行中に同時にインスタント メッセージング プログラムでビデオ通話を開始することはできません。どちらにも LifeCam Web カメラへの完全な非共有アクセスが必要です)。

  • インスタント メッセージング プログラムから、もう一度ビデオ通話を開始します。

  • リソースの消費量が多いプログラムまたはプロセスを開いているか実行中であるため、リソース要求が急激に高まっている可能性があります。 使用していないプログラムをシャットダウンするか、バックアップやウイルス スキャンなどのシステム プロセスが完了するまで待ちます。

  • LifeCam に設定したビデオ解像度が、お使いの PC には高すぎる可能性があります。

    • LifeCam ソフトウェアの解像度を再設定するには、[設定] タブで、現在より低い解像度を選択します。

    • お使いのインスタント メッセージング プログラムのドキュメントを参照して、LifeCam の解像度を再設定できるかどうかを確認します。

次の点を確認します。

  • スピーカーが PC に接続されており、正常に機能していること。

  • PC がミュートされておらず、音量が小さすぎないこと。

  • LifeCam の配置が遠すぎないこと。

  • LifeCam に組み込まれているマイクにカバーが付いていたり遮られたりしていないこと。また、LifeCam のマイクがミュートされておらず、音量が小さすぎないこと。

ビデオ特殊効果で問題が発生する場合は、次のことをチェックしてください。

  • 一部のビデオ特殊効果については、正しく動作させるために、ピクセル シェーダー機能をサポートするビデオ カードが必要になります。 お使いのビデオ カードがピクセル シェーダー 2.0 以降のバージョンをサポートしていることを確認します。

より低いビデオ解像度を選択してくださいというエラー メッセージが表示されます

LifeCam に設定したビデオ解像度が、お使いの PC には高すぎる可能性があります。

  • LifeCam ソフトウェアの解像度を再設定するには、[設定] タブで、現在より低い解像度を選択します。

  • お使いのインスタント メッセージング プログラムのドキュメントを参照して、LifeCam の解像度を再設定できるかどうかを確認します。

作成した録画/録音が見つかりません

LifeCam Web カメラを使用してキャプチャした写真、ビデオ録画、オーディオ録音はすべて「Users/username/Pictures/LifeCam ファイル」フォルダーに保存されます (username は、PC へのログオンに使用した名前)。 LifeCam ソフトウェアからこのフォルダーを開くには、[LifeCam フォルダーを開く] ボタンを選択します。

他のアプリケーションがカメラを使用しているというエラー メッセージが表示されます

このエラー メッセージが表示される場合:

  • LifeCam を使用している可能性がある他のプログラムを閉じます (LifeCam を動作させるために、インスタント メッセージング プログラムを閉じる必要はありません。 ただし、ビデオ通話を使用中の場合は、終了する必要があります)。

LifeCam ウィンドウにビデオ プレビューが表示されません

次の手順をお試しください。

  • システム リソースをチェックし、開いているアプリケーションのうち、使用していないものをシャットダウンします。

  • LifeCam を使用している可能性がある他のプログラムを閉じます (LifeCam を実行中に同時にインスタント メッセージング プログラムでビデオ通話を開始することはできません。どちらにも LifeCam Web カメラへの完全な非共有アクセスが必要です)。

  • LifeCam のレンズにカバーが付いていたり遮られたりしていないか、また、LifeCam の照明が十分であるかチェックします。

  • LifeCam を取り外してから、もう一度取り付けます。

  • 使用されていない他の USB デバイスを取り外します。

  • 別の USB ポートに接続します。 可能であれば、USB 2.0 ポートに接続します。

  • USB ハブをお使いの場合は、LifeCam をハブから取り外して、PC に直接接続してみます。

  • オーディオとビデオの設定が適切に調整されていることを確認します。

録画/録音をキャプチャまたは保存できません

次の手順をお試しください。

  • ビデオ ファイルやオーディオ ファイルはサイズが大きい場合があります。 注リとハード ディスク領域が十分にあることを確認します。

  • LifeCam ファイルを保存するフォルダーに対するアクセス許可をチェックします。 アクセスを拒否するように設定されている場合、LifeCam でクリップをキャプチャまたは保存することができません。 

    1. アクセス許可を確認するには、エクスプローラーを開き、アクセス許可を確認するフォルダーを見つけます。

    2. ファイルまたはフォルダーを右クリックし、[プロパティ] を選択して、[セキュリティ] タブを選択します。

    3. フォルダーのアクセス許可を変更するには、オペレーティング システムのドキュメントをご覧ください。

ビデオ録画が途切れます

次の手順をお試しください。

  • 対象の場所の照明を調整します。

  • LifeCam ビデオで設定されている解像度が高すぎる可能性があります。

    • LifeCam ソフトウェアの解像度を再設定するには、LifeCam の [設定] タブで、現在より低い解像度を選択します。

    • お使いのインスタント メッセージング プログラムのドキュメントを参照して、LifeCam の解像度を再設定できるかどうかを確認します。

    • ビデオ特殊効果をオフにします。 高解像度のビデオにビデオ効果を追加すると、パフォーマンスが低下することがあります。

  • LifeCam を取り外してから、もう一度取り付けます。

  • 使用されていない他の USB デバイスを取り外します。

  • 別の USB ポートに接続します。 可能であれば、USB 2.0 ポートに接続します。

  • USB ハブをお使いの場合は、LifeCam をハブから取り外して、PC に直接接続してみます。

  • TrueColor をサポートする Microsoft LifeCam Web カメラをお使いの場合は、[設定] タブで設定をチェックします。 [TrueColor] または [TrueColor + ClearFrame テクノロジ] チェック ボックスがオンになっている場合は、そのチェック ボックスをオフにします。

[設定] タブにマイクの音量コントロールが表示されません

Windows XP と Vista で LifeCam の [設定] タブに音量スライダー コントロールが表示されない場合、次のことをお試しください。

  • LifeCam ソフトウェアをシャットダウンし、お使いのコンピューターに接続されている Microsoft デバイスをすべて取り外します。

  • LifeCam ソフトウェアを再起動してから、LifeCam デバイスを 1 つだけ接続します

    LifeCam の [ 設定 ] タブを開くと、ボリュームスライダーコントロールが表示されます。

[設定] タブでマイクの音量を調整できません

Windows XP で、前に LifeCam マイクをミュートしていた場合には、LifeCam の [設定] タブでマイクのミュート解除または音量設定を行うことができません。 次の手順をお試しください。

  • Windows コントロール パネルを開き、LifeCam マイクをミュート解除します。 方法については、オペレーティング システムのヘルプをご覧ください。

  • Windows の音量コントロール オプションまたは LifeCam の [設定] タブの音量スライダーを使用して、音量を設定します。

マイクをミュートできません

Windows XP で、前に LifeCam マイクをミュートしていた場合には、LifeCam の [設定] タブでマイクのミュート解除または音量設定を行うことができません。 解決方法は次のとおりです。

  1. Windows コントロール パネルを開き、LifeCam マイクをミュート解除します。 方法については、Windows オペレーティング システムのヘルプをご覧ください。

  2. Windows の音量コントロール オプションまたは LifeCam の [設定] タブの音量スライダーを使用して、音量を設定します。

Windows XP と Vista で LifeCam の [設定] タブに音量スライダー コントロールが表示されない場合:

  1. LifeCam ソフトウェアをシャットダウンし、お使いのコンピューターに接続されている Microsoft デバイスをすべて取り外します。

  2. LifeCam ソフトウェアを再起動してから、LifeCam デバイスを 1 つだけ接続します

写真をキャプチャできません

次の点を確認します。

  • LifeCam のレンズにカバーが付いていたり遮られたりしていないこと。

  • LifeCam の照明が十分であること。

  • LifeCam ファイルを保存するフォルダーに対するアクセス許可をチェックします。 アクセスを拒否するように設定されている場合、LifeCam でクリップをキャプチャまたは保存することができません。

既定のピクチャ フォルダーを開いてアクセス許可をチェックするには:

  1. [スタート] メニューで、[ピクチャ] または [マイ ピクチャ] (オペレーティング システムによって異なります) をクリックします。

  2. フォルダーのアクセス許可を変更するには、オペレーティング システムのドキュメントをご覧ください。

写真の粒子が粗く見えるか、ぼやけているか、低品質です

次の手順をお試しください。

  1. 数秒間待ちます。 LifeCam にオートフォーカス機能が搭載されている場合、ピントが合うまで数秒かかることがあります。

  2. LifeCam VX-1000、VX-3000、VX-6000 のいずれかの Web カメラをお使いの場合、LifeCam 前面のフォーカス リングを回して、ライブ ストリーミング ビデオのピントを合わせます。

  3. 対象の場所の照明を調整します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×