Windows 10 のバック グラウンド アプリとプライバシー

Windows 10 では、アプリのウィンドウで作業をしていないときでも、操作を実行し続けることができる アプリを使用できます。 これらは、一般に、バックグラウンド アプリと呼ばれます。

バックグラウンドでの実行を許可するアプリを制御するには

  1. [スタート] に移動し、[設定] > [プライバシー] > [バックグラウンド アプリ] の順に移動します。

  2. [バックグラウンド アプリ] で、[アプリのバックグラウンド実行を許可する]オンになっていることを確認します。

  3. [バックグラウンドでの実行を許可するアプリを選んでください] で、個々のアプリとサービスの設定をオンまたはオフにします。

多くのアプリがバックグラウンドで実行されないようにするには

  1. [スタート] に移動し、[設定] > [プライバシー] > [バックグラウンド アプリ] の順に移動します。

  2. [バックグラウンド アプリ] で、[アプリのバックグラウンド実行を許可する]オフになっていることを確認します。

プライバシー設定の例外

デスクトップ アプリは [バックグラウンドでの実行を許可するアプリを選んでください] の一覧に表示されず、 [アプリのバックグラウンド実行を許可する] の設定によって影響を受けません。 デスクトップ アプリを許可またはブロック するには、各アプリケーションの設定を使用します。

注:  デスクトップ アプリには、次のような特徴があります。 デスクトップ アプリは、通常、インターネットからダウンロードするか、 何らかの種類のメディア (CD、DVD、USB 記憶装置など) を使ってインストールします。 通常、.EXE または .DLL ファイルを使用して起動されます。また、(クラウドで実行される) Web ベースのアプリとは異なり、通常、デバイス上で実行されます。 デスクトップ アプリケーションは Microsoft Store でも提供されています。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×