タスク バーを使って、アプリを表示して時間を確認する以外の方法も可能です。 色の変更、お気に入りのアプリのピン留め、タスク バー ボタンの移動や並べ替えなど、さまざまな方法でカスタマイズできます。 また、バッテリーの状態を確認し、開いているすべてのプログラムを一瞬最小化して、デスクトップを確認できます。

タスク バー ウィンドウ 11

アプリをタスク バーにピン留めする

デスクトップを使っているときにすばやくアクセスするには、アプリをタスク バーに直接ピン留めします。 (必要に応じて、ピン留めを外すこともできます)。 ピン留めは、スタート画面またはジャンプ リストから実行できます。ジャンプ リストは、最近開いたファイル、フォルダー、Web サイトへのショートカットの一覧です。

タスク バーの検索ボックスに、タスク バーにピン留めするアプリの名前を入力します。 アプリを右クリックし、[タスク バーにピン留 めする] を選択します。 ピン留めを解除する場合は、同じ手順に従って、[タスク バーからピン留 めを解除] を選択 します。

アプリが既に開いている場合は、タスク バーにあるアプリのアイコン ボタンを見つけ、ボタンを長押しし、[アプリ] 一覧が表示されるまで上にスワイプします。 マウスを使用している場合は、タスク バーでアプリのアイコン ボタンを見つけ、このボタンを右クリックし、[タスク バーにピン留めする] を選択します。 ピン留めを外す場合は、同じ手順を実行し、[タスク バーからピン留めを外す] を選択します。

タスク バーの設定を変更する

タスク バー自体からタスク バーをカスタマイズします。 タスク バーの複数の設定を一度に変更する場合は、[タスク バーの設定] を使います。 タスク バーの空き領域を長押しまたは右クリックし、[タスク バーの設定] を選択します

[タスク バー の設定] でスクロールして、カスタマイズ、サイズ変更、アイコンの選択、その他のオプションを表示します。

詳しくは、以下の各項目を選択してご覧ください。

タスク バーの色を変更するには、[スタート] > 設定 > [> 設定 > >色] >選択します。 [スタート] と [タスク バー] で [アクセント カラーを表示する] をオンにします。 これにより、タスク バーの色が全体テーマの色に変更されます。

色の設定を開く

通常、タスク バーはデスクトップの中央にありますが、デスクトップの右側に移動することもできます。 タスク バーの空き領域を長押しまたは右クリックします。 [タスク バーの設定] >タスク バーの>配置] を選択し、[中央揃え] または [左]選択します。

タスク バーの設定を開く

タスク バーでアプリ ボタンの順序を変更するには、現在の位置から別の位置に直接ドラッグします。

タスク バー ボタン上に表示されるバッジは、そのアプリでアクティビティが現在発生していることや、発生する予定であることを知らせるアラートとして機能します。

たとえば、アラーム & クロック アプリの上に表示されるベルのバッジは、アクティブなアラームに関して警告し、設定した時刻に通知されることを示しています。 この機能は既定でオンになっていますが、オンになっていることを確認する (またはオフにする) 場合は、タスク バーの空き領域を長押しまたは右クリックし、[タスク バーの設定]を選択し、[タスクバーの動作] に移動し、[タスク バー アプリにバッジを表示する] を選択します。

タスク バーの設定を開く

プレビュー機能を使用すると、開いているすべてのウィンドウの背後にあるデスクトップ上の項目をすばやく確認できます。

  1. 開いているすべてのウィンドウの背後にあるデスクトップの機能を簡単に確認します。 タスク バーの空き領域を長押しまたは右クリックし、[タスク バーの設定] を選択し、[タスク バーの一角を選択] を選択して、[タスク バーの動作] の下にデスクトップを表示し、デスクトップをプレビューします。
    タスク バーの設定を開く

  2. タスク バーの最も右端を押して、デスクトップを表示します。

  3. 開いているすべてのウィンドウのビューを復元するには、もう一度エッジを押します。

デスクトップ モードまたはタブレット モードで、タスク バーを隠すことができます。 タスク バーの空き領域を長押しまたは右クリックし、[タスク バーの設定] を選択し、[タスク バーの動作] で [タスクバー r を自動的に非表示にする]を選択します

タスク バーの設定を開く

タスク バーを使って、アプリを表示して時間を確認する以外の方法も可能です。 色やサイズの変更、お気に入りのアプリのピン留め、画面の移動、タスク バー ボタンの並べ替えやサイズ変更など、さまざまな方法でカスタマイズできます。 タスク バーをロックしてオプションを維持し、バッテリーの状態を確認し、開いているすべてのプログラムを一瞬最小化して、デスクトップを確認することもできます。 

Windows 10 のタスク バー

アプリをタスク バーにピン留めする

デスクトップを使っているときにすばやくアクセスするには、アプリをタスク バーに直接ピン留めします。 (必要に応じて、ピン留めを外すこともできます)。 ピン留めは、スタート画面またはジャンプ リストから実行できます。ジャンプ リストは、最近開いたファイル、フォルダー、Web サイトへのショートカットの一覧です。

タスク バーの検索ボックスに、タスク バーにピン留めするアプリの名前を入力します。 [その 他] >タスク バーにピン留めする] を選択します 。 ピン留めを外す場合は、同じ手順を実行し、[タスク バーからピン留めを外す] を選択します。

アプリが既に開いている場合は、タスク バーにあるアプリのアイコン ボタンを見つけ、ボタンを長押しし、[アプリ] 一覧が表示されるまで上にスワイプします。 マウスを使用している場合は、タスク バーのアプリ アイコン ボタンを見つけ、ボタンを右クリックし、[タスク バーにピン留めする] を選択します 。 ピン留めを解除する場合は、同じ手順に従って、[タスク バーからピン留めを解除] を選択します 。 

タスク バーのジャンプ リスト

タスク バーの設定を変更する

タスク バー自体からタスク バーをカスタマイズします。 タスク バーの複数の設定を一度に変更する場合は、[タスク バーの設定] を使います。 タスク バーの空き領域を長押しまたは右クリックし、[タスクバーのエトスティング]を選択します

タスク バー設定

タスク バーの設定をスクロールすると、カスタマイズ、サイズ変更、アイコンの選択、バッテリー情報など、さまざまなオプションを確認できます。 

詳しくは、以下の各項目を選択してご覧ください。

タスク バーの色    を変更するには、[スタート]> 設定> [個人用設定>色] > [次の画面にアクセント カラーを表示する] を選択します[スタート、タスク バー、アクション センター] を選択します。 これにより、タスク バーの色が全体テーマの色に変更されます。

色の設定を開く

タスク バーを固定すると、タスク バーの設定を確実に維持できます。 後でタスク バーの設定やデスクトップ上でのタスク バーの位置を変更する場合は、タスク バーの固定を解除します。 タスク バーの空の領域を長押しするか右クリックし、[タスク バーの設定]  を選択して、[タスク バーを固定する] をオンにします。

タスク バーの設定を開く

[タスク バーを固定する] の横にチェック マークが入っている場合、タスク バーは既に固定されています。 固定を解除するには、[タスク バーを固定する] を選択するか、[タスク バーの設定]  に移動してロックを [オフ] にします。

タスク バーを表示する複数のモニターがある場合は、[すべてのタスク バーを固定する] が表示されます。

タスク バーは、通常はデスクトップの下部に表示されますが、デスクトップの左右いずれかの側や上部に移動することもできます。 タスク バーの固定が解除されている場合は、場所を変更できます。 自分 のタスク バーがロックされていないか確認するには、「タスク バーのロックとロック解除」を参照してください。 タスク バーのロックが解除されていないことを確認した場合は、タスク バーの空き領域を長押しまたは右クリックします。 [タスクバーの設定]  > [画面上のタスク バーの位置] の順に選択し、[左]、[上]、[右]、または [下] を選択します。

タスク バーの設定を開く

タスク バーの他の多くの変更と同様、まずタスク バーのロックを解除する必要があります。 次に、ポインターが二重矢印に変わる位置まで、タスク バーの境界上にポインターを移動します。 必要なサイズになるよう境界線をドラッグして放します。 

タスク バーにバッテリー    アイコンを追加するには、[スタート]> 設定 > 個人用設定 > タスク バー) を選択し、通知領域を 確認します。 [タスク バーに表示するアイコンを選択します] を選択し、[電源] スイッチを [オン] にします。

タスク バーの設定を開く

タスク バーのバッテリー アイコンを選択すると、バッテリーの状態を確認できます。

デスクトップを表示するには、タスク バーの最後にあるスペースを選択します。

注: 場合によっては、バッテリー アイコンを選択する前にタスク バーで [隠れているインジケーターを表示します] の上向き矢印アイコンを選択する必要があります。 バッテリーを搭載していないシステムには電源オプションがありません。

タスク バーでアプリ ボタンの順序を変更するには、現在の位置から別の位置に直接ドラッグします。

タスク バー ボタンをグループ化する方法も選ぶことができます。この機能は特に、複数のウィンドウを開いている場合に便利です。 既定では、同じアプリで開かれた複数のファイルは、続けて開いたかどうかに関係なく、すべて常に同じグループにまとめられます。

タスク バー ボタンのグループ化方法を変更する場合は、タスク バーの空き領域を長押しまたは右クリックし、[タスク バーの設定] >タスク バーボタンを組み合わせる] を選択し、一覧から選択します

  • [常に結合、ラベルを非表示] は、既定の設定です。 この設定では、各アプリに対して 1 つのラベルのないボタンが表示されます。1 つのアプリで複数のウィンドウが開いている場合も、表示されるボタンは 1 つだけです。

  • [タスク バーに入りきらない場合] を選ぶと、各ウィンドウに対して別々のラベル付きのボタンが表示されます。 タスク バーがいっぱいになると、複数のウィンドウを開いているアプリが 1 つのアプリ ボタンにまとめられます。 アプリ ボタンを選択すると、開いているウィンドウのリストが表示されます。

  • [結合しない] を選ぶと、各ウィンドウに対して別々のラベル付きのボタンが表示され、ウィンドウをいくつ開いてもまとめられることはありません。 開いているアプリとウィンドウが増えるとボタンが小さくなり、最終的にはボタンがスクロールします。

複数のディスプレイを使用する場合は、追加のディスプレイに対して別の選択を行います。 [タスク バーの設定] > [複数の表示]>タスクバーボタンを他のタスク バーに組み合わせる] を選択します。   これらの表示では、[常に]からを選択し、ラベルを非表示にし、 タスクバーがいっぱいの場合、および [しない] を選択します

タスク バーに入りきらない場合に [タスク バー ボタンを結合する] を選択する

タスク バーに多数のアプリを表示する場合は、ボタンの縮小版を表示できます。 タスク バーの空き領域を長押しまたは右クリックし、[タスク バーの設定] を選択し、[小さなタスク バー ボタンを使用する] で [オン ]を選択します。きなタスク バー ボタンに戻る場合は、[オフ] を選択します。

タスク バーの設定を開く

注: 小さいタスク バー ボタンには、バッジは表示されていません。

タスク バー ボタン上に表示されるバッジは、そのアプリでアクティビティが現在発生していることや、発生する予定であることを知らせるアラートとして機能します。

たとえば、アラーム & クロック アプリの上に表示されるベルのバッジは、アクティブなアラームに関して警告し、設定した時刻に通知されることを示しています。 この機能は既定でオンになっていますが、オンになっていることを確認する (またはオフにする) 場合は、タスク バーの空の領域を長押しするか右クリックし、[タスク バーの設定]  を選択して、[タスク バー ボタンにバッジを表示する] に移動します。

タスク バーの設定を開く

プレビュー機能を使用すると、開いているすべてのウィンドウの背後にあるデスクトップ上の項目をすばやく確認できます。

  1. タスク バーの空き領域を長押しまたは右クリックし、[タスク バーの設定] を選択し、マウスをタスク バーの最後にある [デスクトップの表示] ボタンに移動するときに[プレビューを使用してデスクトップをプレビューする] をオン にします
    タスク バーの設定を開く

  2. タスク バーの右端にマウス ポインターを移動する (または長押しする) と、デスクトップが表示されます。

  3. 開いているすべてのウィンドウを元どおりに表示するには、ポインターを別の場所に移動するか、右端をもう一度長押しします。

デスクトップを表示するには、タスク バーの最後にあるスペースを選択します。

デスクトップ モードまたはタブレット モードで、タスク バーを隠すことができます。 タスク バーの空き領域を長押しまたは右クリックし、[タスク バーの設定] を選択し、[デスクトップ モードでタスク バーを自動的に非表示にする] または [タブレット モードでタスク バーを自動的に非表示にする] (または両方) をオンにします。

タスク バーの設定を開く

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×