サブフォルダー ファイルの内容は、上位のメンバー、DFSR 構成で Windows Server 2003 R2 でダウン ストリームのメンバーのサブフォルダー ファイルの内容と一致しません

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 954968
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows Server 2003 R2 の分散ファイル システム レプリケーション (DFSR) 構成を作成します。いくつかのレプリケーション グループのメンバーに、ファイル サーバー リソースの管理 (FSRM) ツールを使用して、レプリケートされたフォルダーのサブフォルダーにハード クォータを作成します。上位メンバーのサブフォルダー内のファイルの内容をサブフォルダーには、上位のメンバーに書き込みした後は、他のダウン ストリームのメンバーのサブフォルダーでファイルの内容可能性があります致しません。さらに、レプリケーション処理が遅くなることがあり、DFSR バックログが増加します。

この問題が発生すると、イベント ID 4502 は、ダウン ストリームのメンバーで DFS レプリケーション イベント ログに記録されます。このイベントには、次のようになります。

種類: 警告
イベント ソース: DFSR
カテゴリ: なし
イベント ID: 4502
説明:

DFS レプリケーション サービスは、ボリューム c: に十分な空き領域がないために、1 つまたは複数のファイルを複製エラーを検出しました。このボリュームには、レプリケート フォルダー、ステージング フォルダー、またはその両方が含まれます。十分な空き領域がこのボリュームのレプリケーションを続行するために使用できることを確認してください。サービスは、レプリケーションを定期的に再試行します。

追加情報:
ステージング フォルダー: C:\FSRM_Repro\DfsrPrivate\Staging\ContentSet{F6817A43-B01B-45CD-AB0A-D5FEAAF62E7B}-{ACBFFFBB-B746-453C-8B85-CA0EF7244107}
フォルダーのルートのレプリケート: C:\FSRM_Repro
ReplicatedFolder の名前: FSRM_Repro
フォルダー ID を複製する: F6817A43-B01B-45CD-AB0A-D5FEAAF62E7B
レプリケーション グループ名: FSRM_RG
レプリケーション グループの ID: 8D3BE270-BE2C-4573-A193-37EF45F49EDD
メンバー ID: ACBFFFBB-B746-453C-8B85-CA0EF7244107
ボリューム: 3E766AD0-9BF5-11D9-BB89-806E6F6E6963

原因

サブフォルダーに上位のメンバーには、作成すると、FSRM 40 kb 〜 70 KB のハード クォータ制限をサブフォルダーに書き込まれるデータはより多くのデータを. します。ただし、上位メンバー上でハード クォータの制限値を超えた場合は、ハード クォータの制限値は、ダウン ストリームのメンバーで、レプリケーションを停止します。ダウン ストリームのメンバーには、DFSR からファイルを移動できません、 Replicated_Folder\DFSRPrivate\Installing フォルダーのサブフォルダーにします。

さらに、DFSR は、自動回復機能があります。DFSR イベント ID 4502 を検出すると、ステージングのクリーンアップ操作を実行する DFSR を開始、 Replicated_Folder\DfsrPrivate\Staging フォルダーのディスク領域を解放します。ステージングのクリーンアップ処理中に、DFSR レプリケーション スレッドは他のボリューム上を停止します。ただし、問題は、ディスク領域には関係ありません。代わりに、サブフォルダーにハード クォータが問題です。したがって、クリーンアップ操作、問題が解決しません。DFSR からファイルを移動する際に、 Replicated_Folder\DFSRPrivate\Installing フォルダーのサブフォルダーには、問題が解決しません。これは、ステージングのクリーンアップ操作を再実行する DFSR が発生します。このため、レプリケーションのパフォーマンスが深刻な影響です。

フォルダー クォータの使用率を確認する方法

アップ ストリームのメンバーでは、サブフォルダーに、クォータの使用率を確認するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行することができます。
DIRQUOTA Q L
ハード ・ クォータ制限を超えた場合は、コマンドは次のように結果を返します。
Quota Path:             <Replicated_Folder_Path>
Source Template:        None
Quota Status:           Enabled
Limit:                  10.00 MB (Hard)
Used:                   10.07 MB (101%)
Available:              0 bytes
サンプルの結果は、70 KB が上位メンバー上でハード クォータ制限を超えたことを示しています。この例では、レプリケーション、ダウン ストリームのメンバー上でブロックされます。したがって、サブフォルダー、上位のメンバーに、ダウン ストリームのメンバー上のフォルダーに一致しません。

解決方法

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストが表示されます。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この問題を解決するには、マイクロソフト カスタマー サポート サービス、修正プログラムを入手するに問い合わせてください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ Microsoft Support 担当者が特定の更新で問題が解決されると判断した場合は特殊なケースでは、料金が通常のサポート免除されるキャンセルする可能性があります。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、Windows Server 2003 R2 や Windows Server 2003 R2 Service Pack 2 がコンピューター上で実行しなければなりません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムに置き換えられない。

この修正プログラムを有効にする方法

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法
メモ インストールしてこの修正プログラムのサブフォルダーにハード クォータを持つすべてのメンバーを有効にする必要があります。

この修正プログラムを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター、し [OK].
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Quota
  3. クォータのレジストリ キーの下の次のレジストリ エントリを作成します。
    元に戻す全体を表示する
    レジストリ エントリ種類説明
    BypassQuotaDWORD 値1クォータのバイパス機能を有効にこのレジストリ エントリを 1 に設定します。
    BypassQuotaQuantityInKBDWORD 値2048 (10 進)スレッドのアクセス トークンには、管理者特権と復元の特権がある場合、スレッド、クォータ kb 単位で指定する値無視されてしまいます。推奨値は 2048年です。
    メモ DFS レプリケーション サービスは、管理者特権と復元の特権があります。
  4. コンピューターを再起動します。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
X 86 ベース バージョンの Windows Server 2003 R2
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の要件
Quota.sys5.2.3790.324389,6002008 年 11 月 10 日12: 14x 86SP1
X x64 ベース バージョンの Windows Server 2003 R2
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Quota.sys5.2.3790.3243133,1202008 年 11 月 10 日15: 16x64
Windows Server 2003 R2 x 86 ベースのバージョンの Service Pack 2
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の要件
Quota.sys5.2.3790.440689,6002008 年 11 月 10 日11: 57x 86SP2
Windows Server 2003 R2 Service Pack 2、x x64 ベース バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Quota.sys5.2.3790.4406133,1202008 年 11 月 10 日15: 19x64

回避策

この問題を回避するには、サブフォルダーにハード クォータ制限ではなくソフト クォータの制限値を使用します。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ハード ・ クォータは、レプリケーション グループのメンバーに設定、DFSR 構成では、高度なサブフォルダーには、レプリケーション グループの 1 つのメンバーにのみ書き込みすることお勧めします。レプリケーション グループの各メンバーのサブフォルダーを入力する場合は、ハード クォータの制限値を超える可能性がありますです。これが失敗すると、レプリケーションが発生します。DFS 名前空間のセットアップおよびフェールオーバー戦略を計画している場合、この問題を検討します。この修正プログラムは 1 つだけのメンバーのサブフォルダーへの変更が加えられた場合、FSRM ハード クォータの制限値とする DFSR ことができます。この現象は、純粋な DFSR バックアップ シナリオと同じです。純粋な DFSR バックアップ シナリオでは、支社のサーバーの代わりに、ハブのバックアップ ・ サーバ上で変更が行われます。

クォータ ソフトウェアを使用すると、マイクロソフト サポート技術資料 958876 で記載されている DFSR 修正プログラムもインストールすることをお勧めします。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
958876DFSR の Windows Server 2003 R2 ベースのサーバー上で新しいバージョンのファイルを更新しようとすると、操作は失敗、レプリケーション パートナーからは、元のファイルが削除され、。 4412 のイベントおよびイベント 4502 がログに記録されます。

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 954968 - 最終更新日: 2011年8月11日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB954968 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:954968
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com