Windows Server 2008 R2 および Windows Server 2008 での分散ファイル システム (DFS) テクノロジの現在利用可能な修正の一覧

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 968429 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、分散ファイル システム (DFS) テクノロジは、Windows Server 2008 ベースのコンピューターまたは Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューターにインストールされているユーザーの現在利用可能な修正プログラムです。

はじめに

この資料では、修正プログラムについて説明するマイクロソフト サポート技術情報の記事。DFS テクノロジ Windows Server 2008 ベースのコンピューターまたは Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューターにインストールしている場合を確認し、「関連情報」セクションに記載されている修正プログラムをインストールすることをお勧めします。

メモ DFS の 2 つのテクノロジは、DFS レプリケーション (DFS-R)」および「DFS 名前空間 (DFS N) です。

詳細

DFS 名前空間

Windows Server 2008 R2

元に戻す全体を表示する
追加された日付サポート技術情報の記事タイトルこの修正プログラムの推奨理由修正プログラムの種類と可用性
08/20/20132639043Arobocopy コマンドが誤って Windows 7 または Windows Server 2008 R2 では、Dacl を更新します。
この修正プログラムは、Windows Server 2008 R2 のRobocopy.exeの最新バージョンを保持します。この修正プログラムをインストールするには、Windows 7、Windows 7 の sp1、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2008 R2 SP1 がインストールされてが必要です。
2013/12/052916267フォルダー ターゲットの DFS 名前空間の再解析ポイントは、Windows Server 2008 R2 に存在しません
この修正プログラムには Windows サーバー 2008 R2 RTM にはDfssvc.exeの最新バージョンが含まれます。この修正プログラムをインストールするには Windows Server 2008 R2 SP1 がインストールされてが必要です。
2014/0/062916627Windows 7 または Windows Server 2008 R2 での DFS にアクセスしようとするときは、stop エラー 0x0000008E (KERNEL_MODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED)
このクライアント側の修正プログラムには、 dfsc.sysの最新バージョンが含まれています。この修正プログラムをインストールする Windows 7 の SP の 1、する必要があります。 または Windows Server 2008 R2 sp1 がインストールされています。

Windows Server 2008

元に戻す全体を表示する
追加された日付サポート技術情報の記事タイトルこの修正プログラムの推奨理由修正プログラムの種類と可用性
2011/09/162619531スケーラビリティ モードでの DFS 名前空間がある場合、DFS 名前空間の MMC スナップインで、「フォルダーの名前を変更」操作は Windows Server 2008 では動作しません。この修正プログラムには、 Dfssvc.exeの最新バージョンが含まれています。この修正プログラムをインストールするには、Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2) をインストールしてください。この修正プログラムは個別にダウンロードできます。
09/03/20112549311Windows Server 2008 R2、Windows 7 では、Windows Vista または Windows Server 2008 では、有効なユーザー アカウントを使用して、DFS 共有にアクセスできません。
このクライアント側の修正プログラムには、 dfsc.sysの最新バージョンが含まれています。この修正プログラムを適用するには Windows Vista SP2 または Windows Server 2008 の SP2 がインストールされてが必要です。この修正プログラムは個別にダウンロードできます。

DFS レプリケーション

Windows Server 2008 R2

元に戻す全体を表示する
追加された日付サポート技術情報の記事タイトルお勧めする理由
この修正プログラム
修正プログラムの種類と可用性
08/28/20132884176DFSR の SP1 の Windows Server 2008 R2 ベースのサーバー上での大きなバックログ

この修正プログラムは、Windows Server 2008 R2 SP1Dfsrs.exeの最新バージョンを保持します。

注: 2008 R2 (RTM) に適用されます。 2725170
この修正プログラムをインストールするには、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) をインストールしてください。
2012/01/212663685Windows Server 2008 R2 での DFS レプリケーション環境では自動リカバリ処理が発生した後に、アップ ストリーム サーバーで変更が、ダウン ストリームのサーバーにはレプリケートされませんは失われますこの修正プログラムを有効にするか、Windows Server 2008 R2 では、レジストリ値を使用して DFSR データベースの自動復旧を無効にする機能を追加します。(StopReplicationOnAutoRecovery )この修正プログラムをインストールするには Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) インストールが必要です。
2009 年 11 月 18 日975763Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターで非常に大きなファイルをレプリケートするときに、DFS レプリケーションはリモート差分圧縮 (RDC) を使用しません。インストールされている dfsrs.exe 975763 よりも新しいバージョンがある場合は、この修正プログラムをインストールする必要はありません。ただし、新しい動作を有効にするには 975763 で指定されているレジストリの変更 (RpcContextHandleTimeoutMs) も有効にする必要があります。この修正プログラムをインストールするには Windows Server 2008 R2 のインストールが必要です。この修正プログラムは個別のダウンロードし、Windows Server 2008 R2 の Service Pack 1 に含まれます。
05/21/20132851868 Windows Server 2008 R2 ベースの DFSR サービスを使用すると、"0x0000003B"stop エラー この修正プログラムには Windows Server 2008 R2 sp1 ではDfsrro.sysの最新バージョンが含まれています。この修正プログラムをインストールするには、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) をインストールしてください。
2010/01/19979564DFS レプリケーションの管理パックには、「正常な」状態を Windows Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスター上にあるクラスター ネットワーク名警告を示していますこの修正プログラムは、Windows Server 2008 R2 の RTM のDfsrclus.dllの最新バージョンを保持します。この修正プログラムをインストールするには Windows Server 2008 R2 のインストールが必要です。この修正プログラムは個別のダウンロードし、Windows Server 2008 R2 の Service Pack 1 に含まれます。
2012/11/1627804534114、イベント ID およびイベント ID 4008 は、Windows Server 2008 R2 での DFS レプリケーション ログにログに記録します。この修正プログラムには Windows Server 2008 R2 SP1Dfsmgmt.dllの最新バージョンが含まれます。

この修正プログラムをインストールするには Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) インストールが必要です。

Windows Server 2008

元に戻す全体を表示する
追加された日付サポート技術情報の記事タイトルこの修正プログラムの推奨理由修正プログラムの種類と可用性
2013/01/232387778DFS レプリケーション バックログで、非常に大きな増加を検索します。この修正プログラムは、Windows Server 2008 SP2 のDfsrs.exeの最新バージョンを保持します。この修正プログラムをインストールするには Windows Server 2008 の SP2 がインストールされてが必要です。この修正プログラムは個別にダウンロードできます。
01/03/20132792165サード ・ パーティ製アプリケーションは、Windows Server 2008 SP2 ベースの記憶域サーバー上破損したストレージ ・ ボリュームをアンマウントするときに"0x00000024"の停止エラー
この修正プログラムは、Windows Server 2008 SP2 のNtfs.sysの最新バージョンを保持します。この修正プログラムをインストールするには Windows Server 2008 の SP2 がインストールされてが必要です。この修正プログラムは個別にダウンロードできます。
2011/03/182525064Ntfs.sys ドライバーが Windows vista または Windows Server 2008 での大きなボリュームをマウントする時間がかかりますこの修正プログラムは、Windows Server 2008 SP1 のNtfs.sysの最新バージョンを保持します。この修正プログラムをインストールするには Windows Server 2008 SP1 がインストールされてが必要です。この修正プログラムは個別にダウンロードして、Windows Server 2008 SP2 に含まれています。
2009 年 02 月 02 日962969Windows Server 2008 でのメンバーシップのプロパティを設定するには、Dfsradmin.exe を実行すると、エラー メッセージ:「のプロパティ MemberSubscriptionReadOnly を使用することはできません」この修正プログラムは、Dfsradmin.exe コマンド ライン ツールを使用して、メンバーシップのプロパティを設定することで問題を解決します。この修正プログラムをインストールするには Windows Server 2008 SP1 がインストールされてが必要です。この修正プログラムは個別にダウンロードして、Windows Server 2008 SP2 に含まれています。

DFS レプリケーションに Sysvol 移行

元に戻す全体を表示する
追加された日付サポート技術情報の記事タイトルこの修正プログラムの推奨理由修正プログラムの種類と可用性
01/11/2010978994Windows Server 2008 ドメインでは、DFSR サービスに、FRS から SYSVOL 共有を移行しようとすると、エラー メッセージ:「パラメーターが正しくありません」 この修正プログラムには Windows Server 2008 SP2 のDfsrdiag.exeおよびDfsrmig.exeの最新バージョンが含まれます。この修正プログラムをインストールするには Windows Server 2008 の SP2 がインストールされてが必要です。この修正プログラムは個別にダウンロードできます。
2009 年 02 月 12 日967326データの損失が発生するは、Dfsrmig.exe ツールを使用して Windows Server 2008 ベースのドメインでは、DFSR サービスに、FRS から SYSVOL 共有を移行この修正プログラムには Windows Server 2008 の SP2 がインストールされていない場合は、 Dfsrdiag.exeおよびDfsrmig.exeの最新バージョンが含まれます。 この修正プログラムをインストールするには Windows Server 2008 のインストールが必要です。この修正プログラムは個別にダウンロードして、Windows Server 2008 SP2 に含まれています。

Robocopy

Windows Server 2008 R2

元に戻す全体を表示する
追加された日付サポート技術情報の記事タイトルこの修正プログラムの推奨理由修正プログラムの種類と可用性
06/07/20132680906Robocopy.exe ユーティリティがファイルのコピーまたは Windows Server 2008 R2 または Windows 7 では、バックアップ ・ プロセス中にいくつかのファイルが正しくスキップします。
この修正プログラムには、 robocopy.exeの最新バージョンが含まれています。

Robocopy を使用してすることができます。 事前にデータをシードします。 新しいフォルダーをレプリケートすると、DFSR FRS から Sysvol の移行中にも使用されます。
この修正プログラムをインストールするには Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2008 R2 SP1 がインストールされてが必要です。

Windows Server 2008

元に戻す全体を表示する
追加された日付サポート技術情報の記事タイトルこの修正プログラムの推奨理由修正プログラムの種類と可用性
06/07/20132646454Robocopy.exe ユーティリティがファイルのコピーまたはバックアップ ・ プロセスが Windows vista または Windows Server 2008 では、中にいくつかのファイルが正しくスキップします。この修正プログラムには、 robocopy.exeの最新バージョンが含まれています。

Robocopy を使用してすることができます。 事前にデータをシードします。 新しいフォルダーをレプリケートすると、DFSR FRS から Sysvol の移行中にも使用されます。
この修正プログラムをインストールするには Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2) をインストールしてください。この修正プログラムは個別にダウンロードできます。


DFS の関連するレジストリ キーの修正プログラムまたはセキュリティと導入された更新。


元に戻す全体を表示する
日付 サポート技術情報の記事レジストリ
2012/01/212663685HKLM\System\CurrentControlSet\Services\DFSR\Parameters\StopReplicationOnAutoRecovery
2009 年 11 月 18 日967326HKLM\System\CurrentControlSet\Services\DFSR\Parameters\Settings\RpcContextHandleTimeoutMs


関連情報

Windows Server 2003 および Windows Server 2003 R2 の分散ファイル システム (DFS) テクノロジの現在利用可能な修正プログラムの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
958802 Windows Server 2003 R2 の分散ファイル システム (DFS) テクノロジの現在利用可能な修正の一覧


ファイル サービス テクノロジ Windows Server 2008 R2 および Windows Server 2008 での現在利用可能な修正プログラムの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。

2473205 Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 で現在利用可能な、ファイル サービス 技術関連修正プログラム一覧


プロパティ

文書番号: 968429 - 最終更新日: 2014年3月18日 - リビジョン: 20.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
キーワード:?
kbexpertiseadvanced kbfix kbqfe kbmt KB968429 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:968429
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com